MENU TEL

ロコモティブシンドローム

つまづくことが多くなったり、階段の上り下で息切れするようになった・手すりが必要になったという『疲れやすくなった』という変化はございませんか?もしかしたらそれはロコモ予備軍かもしれません!!!

足腰の弱った筋肉には世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院の深層筋治療はいかがでしょうか?

皆さんはロコモティブシンドローム(運動器症候群)、通称ロコモという言葉はご存知でしょうか?

2007年、日本整形外科学会が提唱した概念で、「足腰の筋肉などが衰え、介護が必要となるリスクが高い状態」のことです。

筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器に障害が生じ、「立つ」「歩く」といった運動機能が困難となります。

近年、日本ではこのロコモティブシンドロームは増加傾向にあるのです。

超高齢社会を迎えることが予想される日本では、見過ごせないとても大きな問題となっています。

一生、自分の足で歩き続ける

そんなロコモティブシンドロームの対策として、私達の深層筋治療では特に重要視している筋肉があるのです。

「脊柱起立筋」と呼ばれる、脊柱(背骨)に沿って骨盤から後頭部まで伸びていく筋肉です。

その脊柱起立筋を治療していくと、腰痛が減り、歩き方もスムーズとなり、足腰がしっかりとしたまま老後を迎えることができます。

また、高齢になってから転倒などで足を骨折して、ギブス生活や車イス生活などが続くと足の筋肉が弱ってしまい歩くのが億劫になる方がいます。足が弱ってしまうと脳も低下していき身体全体の運動器が衰え始めます。そうなる前にしっかり筋力効果(リハビリ)をして、更に歩けるようになったら弱くなった筋肉を私たちの深層筋治療でしっかり元の状態に戻していきます!筋肉は何歳になっても再生力があります。もし諦めている方がいましたら、是非一度ご来院下さい!

私達と共に、健康な体を手に入れていきましょう!

下肢の筋力低下による、今後のリスクは?

ロコモーティブシンドロームになると、下肢筋力は驚くほど低下しています。加齢とともに、筋力は低下していきますが、下半身の筋力低下は上半身の3倍も進んでしまうといわれています。下半身の筋力強化が必要ですが、いかに下半身の筋力を低下させないようにするかが、大切になります。ウォーキングや、有酸素運動をすること、簡単な体操やストレッチをすることで、予防はできますが、多くの方は、腰痛や膝痛、全身疲労を持っています。そんな中で、ウォーキングや有酸素運動、体操、ストレッチ、筋力トレーニングをしても、効果的な運動ができなかったり、痛みで運動が出来なかったりします。皆さまも、『運動はしたいけど、腰が痛いし、疲れているから』と感じていませんか?当院では、深層筋治療で腰痛や膝痛などの痛みを改善させて、皆さまが運動しやすい環境を整える事に、ご協力させていただきます。私たちと一緒に、充実した日常生活を手に入れましょう。

健康寿命をご存知ですか?

健康寿命とは、健康上問題が無い状態で、日常生活が送れるまでの期間の事を言います。平均寿命と健康寿命の差は、男性で9年、女性で13年あると言われています。主には、寝たきりにならないことが大切なんです。皆さまは、寝たきりになってしまうきっかけは、何だと思いますか?答えは、腰痛なんです。単純に腰が痛くて動けなくなってしまう事以上に、腰痛による二次的な影響が大きいんです。それは、

腰痛⇒外出しなくなったり、運動しなくなる⇒足の筋力低下⇒膝やつま先が上がらなくなる⇒ちょっとした段差で躓く⇒足の骨折⇒入院⇒さらに筋力低下⇒寝たきり

というような流れになります。皆さま、腰痛を放っておいていませんか?

20~30代の方も要注意!以下に当てはまる人は予備軍かもしれません

1.片足立ちで靴下や、靴がはけない(ふらついてしまう)

2.ちょっとした段差につまずくことがある

3.すぐ疲れてしまい長時間歩くことが出来ない

4.階段の上り下りが、手すりにつかまらないと難しい

5.重いものを持ち運びする作業が困難である

など、このような症状に不安がある方は危険です。

足腰の筋力が低下していることが考えられるので、将来的にもっと弱ってしまった場合、車いすや杖なしでは歩行困難になるかもしれません。

 

改善方法

よって、ロコモを予防するためには少なからずトレーニングを行わなければいけません。

とくに、お体のバランスを維持する体幹や歩くのがスムーズになる股関節周りの筋肉お尻周りなど鍛える必要があるのです。そこで、当院のロコモ予防トレーニングは、ジムのように沢山の量をこなすというより、スロトレといいまして、スロートレーニングというゆっくりと時間をかけたトレーニングを行います。ですので、少ない回数でもその部位の筋肉を鍛えることができます!

そして、当院のインナーマッスルで日頃の疲労が蓄積された筋肉をほぐし、お体をよりよく健康にしましょう!

理解しよう!

「インナーマッスル=体幹」と思われている方、それは少し違います。

実は、体幹というのはお腹周りの表面の筋肉と深層の筋肉、全体の事を言います。ですが、インナーマッスルというのは深層筋、より骨に近く、支えていたり、姿勢の細かい調節を行える筋肉です。ですので、「インナーマッスルと体幹はイコールではない」事をご理解ください。治療やトレーニングに置いても、その意識が変われば改善すべき対象筋を絞ることができるのでより効果が出て来ます。ぜひ、覚えて下さい♪

セルフトレーニング

ご自宅でもお時間がある際には同じトレーニングを継続して頂くと、より効果を得られます。ですが、1人で行う場合、フォームが崩れてしまうと効果が軽減してしまいますので、鏡を使い、見ながら行うか、ご家族の方やご友人にフォームを見ていただいて下さい。無理なく、継続して実施できるトレーニングが大切です。

トレーニング後はお体を冷やしすぎないよう、お風呂でゆっくりと温まって下さい。

 

疲労をしっかりとりのぞく

いきなりトレーニングといっても、お体に疲労が溜まっていたらまず動かしにくいですし、痛みが出てきてしまいます。まずはその痛みや疲労を取り除く為にインナーマッスルセラピーを受けてみるのはいかがでしょうか?

腰だけでなく、肩コリや膝の痛み、ヘルニアなど過去になったことのある症状で今現在もお辛いという方も是非ご相談ください!放置してしまう事が、お体に一番毒です!

メニューにも含まれていますが、少ないお時間の為もっとやってほしい!早く改善したい!という方にはぜひとも受けていただきたく思います!

 

学生も歓迎

ロコモ対象者は年代関係がない為、もちろん学生の方も大歓迎です!

特に以前は運動されていた方、今まで授業でしか運動をしてこなかった方はおすすめです!

少しでも多くの筋力をつけておくだけでもお体の状態は変化します!

また、普段から運動をなさっている方でも、正しい姿勢でトレーニングを行うことで更に負荷をかけることができます。

ご自宅でトレーニングをする習慣がない学生さんにはお勧めです!是非一度ご相談ください!

筋肉は再生力があります。

年齢を重ねると「もう歳だから身体も良くならないだろう?」と足が痛い、腰が痛いと気分も苦痛になってしまい、諦めている方も多いのではないでしょうか?しかしそんなことで諦めてはだめです。筋肉は再生力が強いのです。何歳になってもしっかりリハビリや筋治療を行えば必ず元に近い状態に復活してくるのです。私たちの筋治療でしっかり動ける身体にしていきますよ!

筋肉は、微細な損傷を実は受けやすい組織です。そのぶん、再生力も豊かです。しかし、辛い症状でお悩みの方のお身体というものは、過大なストレスがかかり自然治癒力が低下しています。決して、1人で抱え込まずに、私たちにご相談ください!誠心誠意施術させて頂きます!

健康寿命を長く、そして健康に

将来、どのような姿になっているんだろうかと想像してみてください。健康な方でしたらそのまま健康が維持されていれば楽し身がたくさんあるかもしれません。ですが、腰痛や肩こり、関節痛といった症状をお持ちのまま過ごし続けていったら、楽しさは減ってしまいませんか?

ロコモ予防は健康を維持するためにもあります。この先、再発もせず健康で居られ続けるように予防しませんか?

ロコモ予防には何をすればよいの?

ロコモーティブシンドロームは、最近よく耳にしますが、当院ではロコモーティブシンドローム予防の為に、深層筋治療を下肢筋力トレーニングやストレッチなどのアドバイスをしております。寝たきりや下肢の筋力低下のきっかけは、腰痛です。腰が痛くなると歩くこともしなくなり筋力が低下します。筋力が低下すると、ちょっとした段差で躓いてしまい、怪我をしてしまいます。そうなる事で、ロコモーティブシンドロームになるのです。ようがナチュラル整骨院では、まずは腰痛を改善させることで、一生自分の足で歩き続けられる身体を手に入れるべく、サポートいたします。

虚弱から回避するために

虚弱というのは、筋力低下の事を指します。現在の日本社会で「虚弱による寝たきり」は第2位となっております。(ちなみに、1位は脳梗塞・心筋梗塞などの脳血管障害からはじまるものです)この状態は数年前からいまだに続いている順位です。

筋力が低下する事によっての寝たきり状態になってしまう方が急増していますが、それを防ぎ、健康寿命を延ばしていきましょう!

実際、筋力は使わなければ落ち続けます。そのまま放置してはいけません。

虚弱には、腰痛が原因でおこりやすいと言われています。「脊柱起立筋」と呼ばれる体幹を支える複数の筋肉を痛めてしまいますと、運動不足になりがちです。動くたび痛いと、横になって休んでいたいですよね。そうして運動不足になっていってしまいますと、足腰の筋力が衰え・・・虚弱となってしまうのです。そうなってしまう前に、私たちと一緒に健康であり続けましょう!

どのような治療を行うか

当院の施術はインナーマッスルセラピーという深層筋治療を行っています。まずは、きちんとお体の状態を把握する為にも、問診票をもとにしっかりとお話をお伺いいたします。ご記入いただいた症状以外にも、何か不安がある場合はお気軽にお話し下さい。その後、施術メニュー・料金の説明を終えた後、お体の悪い場所を絞り込む為に検査を行います。特殊な器具などは用いませんのでご安心ください。原因の筋肉の施術を中心として行っていきます。保険が適用可能かどうかは、お話を伺う際に決定いたします。

その後に治療に入っていきますが、私たちの施術は基本が手・指を使った施術となります。状態や、患者様のご要望にあわせてさらに深い刺激の入れる事のできる器具も用いることも可能です。詳しくはお問い合わせください。治療の大まかな流れは、「初めに表面の筋肉を緩める(患部周囲も含め)→圧迫手技など用いてむくみを抜く→途中検査を行う→状態の変化を鑑みて、次に治療していくところを決定する→そこ!という場所を探して刺激を入れていく→最後に状態がどうなったかを見て、次回の来院の目安をご相談する形で提案」

となってきます。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

 

その後の通い方!

筋治療を行うと、刺激を入れた場所に好転反応(こうてんはんのう)が起きてきます。さまざまな反応の種類や、具合は個人差があります。好転反応が出る事によって、悪い筋肉は本来の状態に戻り良くなる事が出来るのです。

好転反応は、多くの方は当日の夜~翌日に出てくるとされています。気だるさや、筋肉痛のような痛みが出てくると、それから1日・2日ほどで治まります。そのころには、一段階お体が良くなったことを体感していただけると思います。そして、そこからが治療の勝負です!この段階は、表面の悪さが弱まった状態なので、根本的に良くするにはむしろこれからなのです。そういったお体の変化を把握するためにも、2回目治療する時の状態が最も重要なタイミングです。私たちと一緒に再発しない身体づくりを目指しましょう。

身体の悪い所に作用する“好転反応”

施術後、前述したタイミングで好転反応がおこります。

好転反応は、以下のようなものがあるとされています。

・刺激を入れた場所が、触ると痛い(筋肉痛のような)

・消化器系が活発になり、お腹がすいたり、ゴロゴロ鳴りだす、お通じが良くなる

・ぼーっとする感じがして、眠たくなってくる、くらくらしてくる

・血液循環がよくなったことで血管が拡張し、頭痛が出る

人によって、さまざまな反応があるとされていますが、その人の悪い場所が反応することが多いです。

好転反応は、悪い所が改善されるサインなのです!

 

ロコモーティブシンドローム(運動器症候群)が社会問題に

2007年に日本整形外科学会が提唱した概念ですが、あまり世間で騒がれることなく現在に至り、最近この言葉を知った方も多くいらっしゃることと思います。メタボリックシンドロームは一目瞭然な部分があり、一気に世間に広まりましたが、ロコモは一目瞭然とはいきません。検査をやってみてはじめて自覚する方が多いことでしょう。

近年では40代の女性の7割の方がロコモに該当することがわかっています。一度自宅でもご自分で検査をしてみましょう!

 

新生ロコモメニュー

ロコモーティブシンドロームを予防し、一生涯歩き続ける事の出来る身体をつくることを目的としたメニューです。

(インナーマッスルセラピー)+スロトレ+ストレッチをおこないます。

Iインナーマッスルセラピーは我々のおこなっている手技です。(除いたメニューもございます)

スロトレは簡単にいうと筋力トレーニングです。患者様のお身体に合った運動強度で実施いたします。3か月続ける事で3%筋力アップがのぞめます。最初の一か月は正しいフォームをお教えする期間となります。正しいフォームで行わないと負担を掛けたい場所にしっかりとアプローチできないためです。スロトレを実施した頂く頻度は院で1回自宅で1回の1週間2回です。

ストレッチをすることで筋力アップの助けになるのと同時に、筋肉痛の軽減になります。

定期的に(1カ月に一度)筋力測定、骨密度を計り、数値を見て実感していただきます。

 

ロコモメニューをすることで

一生涯自分の足で歩き続けるということを目的としています。要するに自分に未来への投資をすることと同じです。ここで未来の自分に投資することで筋力を保ち続け、転びにくく、元気な身体作りましょう!元気な今からだからこそ将来同じように動き続けるために必要なことを考えるときではないでしょうか?

是非お越しください!

ロコモティブシンドロームになると・・・

現在、日本人40歳以上の約4700万人が、骨密度の低下や、腰や膝などに何らかの異常があると言われています。筋力や筋バランス、バランス能力の低下が合わさってくると、『歩く』『立つ』『段差を上がる』などといった日常生活動作の自立が損なわれてしまい、いずれは要介護と繋がってしまいます。当院では、ロコモメニューによって、筋力強化、バランス能力の向上、関節可動域の回復、痛みの改善をする事ができるので、要介護や寝たきりの予防をする事ができます。

 

ロコモーティブシンドローム(運動器症候群)の予兆をチェック!

7つの項目をご紹介します

1、片足で靴下がはけない

2、2キロ程度の買い物をして持ち帰るのが困難である。(1リットルの牛乳パック約2個分)

3、家のやや重い物を持つ仕事が困難である(掃除機の使用、布団の上げ下げ)

4、家の中でつまずいたり滑ったりする

5、15分続けて歩くことができない

6、階段を上るのに手すりが必要である

7、横断歩道を青信号で渡りきれない

これらに1つでも心当たりがあればロコモ予備軍です。

 

ロコモ予防にスロトレを!

当院でのロコモ予防コースで取り扱っている筋力トレーニングはスロトレといってゆっくりとした低負荷のトレーニングです。高負荷のトレーニングよりも筋肉の増大がみられ、それに加えて最高血圧が高負荷より低くいので脳血管障害や心疾患のリスクが格段に抑えられるという結果が出ました!是非お試しください!

 

つまずきやすくなってない?

最近何もない場所でつまずいて転びそうになる・・・。そんなあなたはもしかしてロコモーティブシンドロームかも!?ロコモとは筋力低下により将来介護状態になる確率が高い人のことを指します。特に女性は加齢が進むとホルモンの影響で骨粗鬆症になってしまいます。筋力が衰え転倒してしまうと骨折してしまい、介護状態になる確立がぐんと上がるのです。

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-47-4 ロイヤルビル1B
駐車場なし
電話番号03-5797-5526
予約お電話でのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜

得られる身体の変化