MENU TEL

捻挫等の急性症状はようがナチュラル整骨院へ

捻挫が起きてしまう原因としては、主に身体に対して急激に耐えられない刺激が入ったときおきてしまうものです。捻挫と言っても重度のものから軽度のものまで幅広くあります。
しかしどのようなねんざも筋肉を痛めてしまっているのが原因ですのでその痛めた部分ももちろんなのですが、その他の筋肉にも刺激を入れて改善を計ります。例えば、足首の場合は足首の筋肉だけでなくお尻、腰回りの筋肉に対しても刺激を入れて改善するので劇的な効果を見込めます。是非筋治療専門院のようがナチュラル整骨院にきて体験してみてください。

捻挫は癖になりやすいもの。身体のバランスを整えて繰り返してしまう捻挫とはおさらば

捻挫は主にバランスを崩した時に起こってしまうものです。人によってはよく捻挫する時はいつも右足などと片足に偏ってしまう方は中にはいらっしゃいます。
捻挫する方向にかたよってしまっている方は身体のバランスが全体的に取れていない可能性がかなりあり、その改善方法がどうしたらいいのかお悩みの方も中にはいらっしゃると思います。私たちの行っているインナーマッスルセラピーで身体全体の筋肉のバランスを整え、同じようなところに怪我をしてしまい思うようなせいかつができない、または部活動、クラブ活動が出来ないと悩みの方は是非ご連絡してください。

 

捻挫には再発予防のトレーニング

捻挫は靭帯損傷が多く、一度損傷すれば100%回復はしない為、再発性がとても高いものです。再発を少なくするためにはどのようなことをすればいいのかと言いますと、やはりまずは痛みの原因を取り除きます。その後に人様なのはトレーニングです。一度弱ってしまった筋肉や靭帯は100%元には戻りませんが、より高い状態にすることは可能です。そうすることで、しっかりと関節が固定され衝撃の吸収ができます。そうすることで、再発防止になるのです。そのために必要なリハビリやトレーニングをご紹介いたします!怪我で引退などして欲しくないために全力でサポート致します!

 

何故繰り返してしまうのか

よく、捻挫をした際に『靭帯を伸ばした』と言いがちになるかと思います。実は、靭帯は伸びないんです。靭帯は、骨と骨の固定具のような役割をしています。そのため、伸びてしまっては固定ができません。ですので、靭帯は実際は伸び縮みせず、正しい表現の仕方は靭帯損傷、または断裂という言い方をします。靭帯は筋肉と同じように、ブチブチと切れてしまいます。切れてしまった靭帯はお体の自然治癒力で修復しますが、負荷に耐えられるほどの耐久力がなくなります。ですので、切り返しや、捻挫をした際と同じ動作をした時に衝撃や負荷に耐えきれず、また捻挫をしてしまいます。

そこで、トレーニングで靭帯の安定性と耐久力を回復させ、インナーマッスルセラピーで血液循環を良くすることで自然回復力が高まります。筋肉や靭帯の柔軟性は、昔からのケガを繰り返せば繰り返すほど、失われてきます。特に初期アプローチが大事です。痛み止めのシップや、冷却スプレーは炎症を無理やりおさえているので、自然治癒力をもちいた治し方ではないのです。自分の力で治す力を身に着けていくことで、再発しない健康な身体作りを目指しましょう。

 

筋力がカギ

捻挫の根本的な原因は筋肉にあります。筋肉の柔軟性が足りなければ関節が正常に稼働せず、靭帯に影響が出てしまうのです。また、お身体が硬い人、筋硬結があることで柔軟性を低下させてしまっているその筋肉に深層筋治療で刺激を入れていきます。

そうすると筋肉が緩み、可動域が広がります。広がることで靭帯への影響が軽減していきます。

重心

何度も捻挫を繰り返してしまうひとに多いのが重心が中心ではないことです。

普段、よく片足重心になりがちな人ほど捻挫を引き起こしやすいのです。

片足重心ですと、外側に重心をかけていて、踏ん張った時など重心が外側に載っている為耐えきれずそのまま捻挫をしてしまうのです。

片足重心になってしまっている原因には骨盤のゆがみやお辛い症状のかばい、姿勢の悪さなどがあります。正しい重心の掛け方は親指の付け根と小指の付け根、踵の3点に均等に重心が載っている状態です。トレーニングや立っている事案が長い方は一度お試しください!

どのような治療を行うか

当院の施術はインナーマッスルセラピーという深層筋治療を行っています。まずは、きちんとお体の状態を把握する為にも、問診票をもとにしっかりとお話をお伺いいたします。ご記入いただいた症状以外にも、何か不安がある場合はお気軽にお話し下さい。その後、施術メニュー・料金の説明を終えた後、お体の悪い場所を絞り込む為に検査を行います。特殊な器具などは用いませんのでご安心ください。原因の筋肉の施術を中心として行っていきます。保険が適用可能かどうかは、お話を伺う際に決定いたします。

その後に治療に入っていきますが、私たちの施術は基本が手・指を使った施術となります。状態や、患者様のご要望にあわせてさらに深い刺激の入れる事のできる器具も用いることも可能です。詳しくはお問い合わせください。治療の大まかな流れは、「初めに表面の筋肉を緩める(患部周囲も含め)→圧迫手技など用いてむくみを抜く→途中検査を行う→状態の変化を鑑みて、次に治療していくところを決定する→そこ!という場所を探して刺激を入れていく→最後に状態がどうなったかを見て、次回の来院の目安をご相談する形で提案」

となってきます。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

その後の通い方!

筋治療を行うと、刺激を入れた場所に好転反応(こうてんはんのう)が起きてきます。さまざまな反応の種類や、具合は個人差があります。好転反応が出る事によって、悪い筋肉は本来の状態に戻り良くなる事が出来るのです。

好転反応は、多くの方は当日の夜~翌日に出てくるとされています。気だるさや、筋肉痛のような痛みが出てくると、それから1日・2日ほどで治まります。そのころには、一段階お体が良くなったことを体感していただけると思います。そして、そこからが治療の勝負です!この段階は、表面の悪さが弱まった状態なので、根本的に良くするにはむしろこれからなのです。そういったお体の変化を把握するためにも、2回目治療する時の状態が最も重要なタイミングです。私たちと一緒に再発しない身体づくりを目指しましょう。

身体の悪い所に作用する“好転反応”

施術後、前述したタイミングで好転反応がおこります。

好転反応は、以下のようなものがあるとされています。

・刺激を入れた場所が、触ると痛い(筋肉痛のような)

・消化器系が活発になり、お腹がすいたり、ゴロゴロ鳴りだす、お通じが良くなる

・ぼーっとする感じがして、眠たくなってくる、くらくらしてくる

・血液循環がよくなったことで血管が拡張し、頭痛が出る

人によって、さまざまな反応があるとされていますが、その人の悪い場所が反応することが多いです。

好転反応は、悪い所が改善されるサインなのです!

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-47-4 ロイヤルビル1B
駐車場なし
電話番号03-5797-5526
予約お電話でのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜

得られる身体の変化