MENU TEL

自律神経の乱れ

近頃、急増している自律神経の乱れによるさまざまな不快な症状。原因は、筋肉です

朝、なかなか目覚められない。昼、睡眠をたっぷり取っても眠くなってしまう。夜、眠ろうと思うほど眠れない。そんな睡眠の悩みを抱えていませんか。自律神経というものは、全身の内臓に分布されていて、名前の通り「自ら体の機能をコントロールする」働きをもっています。たとえば、「暑い」と感じたら、汗を出し水分と共に熱を逃がそうとします。夏場なのに汗をかきづらくはありませんか?これは、自律神経が乱れている恐れがあります。

原因

自律神経の乱れとはどのようなもんかと言いますと、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっていることを言います。

交感神経は肉体的・精神的ストレスを感じている時に優位になり、副交感神経はリラックスしている時、休憩している時が優位になります。

簡単にいえば、交感神経は日中動いている時、副交感神経は寝ている間です。そのバランスが崩れてしまうことで、様々な症状が出てきてしまうのです。

症状

自律神経が乱れてしまうと特にどのような症状が現れるのかと言いますと、

・突然のめまい・頭痛

・吐き気

・不眠(寝た気がしない・寝付けない)

・食欲不振

などがあります。このような症状はお体からのサインですので我慢は絶対にしてはいけません。すぐに改善するべきです。また、薬品に頼っても、繰り返してしまいます。もう繰り返してしまわぬよう、しっかりとインナーマッスルセラピーで改善していきましょう!

自律神経の機能を取り戻すには、背骨ぎわの筋肉の治療から

多裂筋という筋肉があります。これは、「脊柱起立筋」と呼ばれる姿勢を維持する筋肉の一つなのですが、その中でも特に深層部にあります。繰り返す腰痛には、この多裂筋が根本となっている可能性が非常に高いです。また、脊柱の中には空洞があり、その中を自律神経が通過しています。そのため、多裂筋が固まり悪さをすると、自律神経の乱れが生じて来ます。多裂筋を治療をしていくことで腰痛はもちろん、自律神経の乱れからはじまる様々な体の不調が取れて来ます。

 

改善

どのように改善をしていくのかと言いますと、先程お伝えした通り、当院では深層筋治療を行っております。まず、その深層筋に刺激を与え、原因とされる筋硬結に刺激を与え、周囲の神経や血管を圧迫してしてしまっている筋肉を緩めていきます。そうすることで神経伝達や血流が良くなり、修復するのに必要な栄養素が流れて来ます。よって、改善されていくのですがしっかりと改善しなければ、この症状は繰り返してできてしまいますのでしっかりと改善していきましょう!

また、日常生活におけるセルフケアにおいては、「規則正しい生活」がとても大事になります。

10時間睡眠を取っても、それが不定期であってはあまり意味がありません。

「きまった時間に寝てきまった時間に起きる」を習慣化することがよりよい睡眠をとるためのコツです。

私かな?と思ったら・・・

もしかしたら、自律神経の乱れかも!それとも更年期?もしかしてただの疲労?どう調べればいいの?なんなの?そう感じた方!悩んでるのがもったいない!ぜひ当院のご相談下さい!インナーマッスルセラピーを行えば全てが解決します!全て納得!全て解消!是非ともお任せ下さい!自律神経症状改善が得意なベテランスタッフが揃っています。もしそうではなかったとしても、お話しだけでもどうぞ!きっとあなたの役に立てます。

どのような治療を行うか

当院の施術はインナーマッスルセラピーという深層筋治療を行っています。まずは、きちんとお体の状態を把握する為にも、問診票をもとにしっかりとお話をお伺いいたします。ご記入いただいた症状以外にも、何か不安がある場合はお気軽にお話し下さい。その後、施術メニュー・料金の説明を終えた後、お体の悪い場所を絞り込む為に検査を行います。特殊な器具などは用いませんのでご安心ください。原因の筋肉の施術を中心として行っていきます。保険が適用可能かどうかは、お話を伺う際に決定いたします。

その後に治療に入っていきますが、私たちの施術は基本が手・指を使った施術となります。状態や、患者様のご要望にあわせてさらに深い刺激の入れる事のできる器具も用いることも可能です。詳しくはお問い合わせください。治療の大まかな流れは、「初めに表面の筋肉を緩める(患部周囲も含め)→圧迫手技など用いてむくみを抜く→途中検査を行う→状態の変化を鑑みて、次に治療していくところを決定する→そこ!という場所を探して刺激を入れていく→最後に状態がどうなったかを見て、次回の来院の目安をご相談する形で提案」

となってきます。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

その後の通い方!

筋治療を行うと、刺激を入れた場所に好転反応(こうてんはんのう)が起きてきます。さまざまな反応の種類や、具合は個人差があります。好転反応が出る事によって、悪い筋肉は本来の状態に戻り良くなる事が出来るのです。

好転反応は、多くの方は当日の夜~翌日に出てくるとされています。気だるさや、筋肉痛のような痛みが出てくると、それから1日・2日ほどで治まります。そのころには、一段階お体が良くなったことを体感していただけると思います。そして、そこからが治療の勝負です!この段階は、表面の悪さが弱まった状態なので、根本的に良くするにはむしろこれからなのです。そういったお体の変化を把握するためにも、2回目治療する時の状態が最も重要なタイミングです。私たちと一緒に再発しない身体づくりを目指しましょう。

身体の悪い所に作用する“好転反応”

施術後、前述したタイミングで好転反応がおこります。

好転反応は、以下のようなものがあるとされています。

・刺激を入れた場所が、触ると痛い(筋肉痛のような)

・消化器系が活発になり、お腹がすいたり、ゴロゴロ鳴りだす、お通じが良くなる

・ぼーっとする感じがして、眠たくなってくる、くらくらしてくる

・血液循環がよくなったことで血管が拡張し、頭痛が出る

人によって、さまざまな反応があるとされていますが、その人の悪い場所が反応することが多いです。

好転反応は、悪い所が改善されるサインなのです!

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-47-4 ロイヤルビル1B
駐車場なし
電話番号03-5797-5526
予約お電話でのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜

得られる身体の変化