MENU TEL

肩こり腰痛を根本から改善させるにはEMS!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.10.18 | Category: 未分類

用賀ナチュラル整骨院ではインナーマッスルセラピー(深層筋治療)をおこなっています。

深層筋とは主に脊柱起立筋といわれる腰の深い筋肉のことです。脊柱起立筋は姿勢維持やバランスるとるときに働く重要な筋肉です。

30代になると筋肉量は徐々に低下していきます。筋肉量が低下すると日常的な筋肉にかかる負荷に耐えきれずに筋肉が硬くなり筋繊維が傷つきやすい状態になります。傷ついて修復し終わる前に負荷がかかると再度同じ場所が傷つき、それを繰り返すうちに慢性化してしまうのです。ずっと治そうという炎症の作用が中途半端に働いているためくすぶり炎といわれる炎症が続いてしまいます。くすぶり炎が長く続くと傷口は硬いシコリに変化してしまい筋肉が伸びきれなかったり縮みきれないという状態になり筋肉がますます傷つきやすくなってしまうのです。

このシコリのことを筋硬結といいます。筋硬結が腰痛や肩こりの痛みの原因・柔軟性の無さの根本的な要因になっているのです。

インナーマッスルセラピー(深層筋治療)はこのシコリにアプローチして取り除いていくことを目的としています。

しかし、筋力低下という筋肉量に関しては自己管理ということにしていましたが、自宅で時間をつくって筋力トレーニングを継続して行うことができないという方がたくさんいらっしゃました。そんな方たちのために導入したのがインナーマッスルトレーニングに長けたEMS機器!インデプスです!!

「インデプス」の画像検索結果

インデプスは見かけの表の筋肉ではなく深層の深い体幹の筋肉にまでしっかり刺激を与えられる数少ない機器なのです。

このインデプスは1週間で2回を30分つけるだけで筋肉量が確実にアップするというエビデンスの取れている商品なので自信を持ってオススメいたします!

インデプスで鍛えられるのは体幹の筋肉だけではありません。肩や足、二の腕など体幹以外の場所の引き締め効果も期待できます。

ここで1つ問題です。基礎代謝とは何かわかりますか?

基礎代謝とは、生命活動を続けるうえで必ず必要になってくる必要最低限のエネルギー量のことです。

例えば心臓も心筋という特殊な筋肉で動いています。もちろんこれもエネルギーを消費して動いています。

他にも呼吸に関わってくる筋肉や内臓を動かす筋肉・そして筋肉を維持するのにエネルギーが必要になり、これも含まれます。これらが生きる上で必ず必要になる必要最低限のエネルギーです。

筋肉量が増えるとそれを維持するために消費するエネルギーが増えてきます。ようするに基礎代謝が上がるのです。筋肉は脂肪よりの数倍維持するためのエネルギーが必要になりますので脂肪のつきにくい身体づくりのサポートとしても最適なのです。

冷え浮腫みにお悩みの方は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで!

2017.10.14 | Category: 未分類

こんにちは!ようがナチュラル整骨院です!ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋治療)をおこなっています。
インナーマッスルは名前の通り深い深層にある筋肉のことです。肩こりや腰痛に悩んでいる方はこのインナーマッスルが悪くなっている場合がほとんどです。
筋肉はもともと傷つきやすい組織でできています。なので日常的に生活しているだけでも傷ついてしまいます。傷が毎回治りきっていたら肩こりや腰痛に悩まされることはないのですが、傷が治りきっていないうちにまた同じ場所に負荷がかかり再度傷ついてしまうということが続くと治りきっていない状態が長期にわたり続いてしまい慢性化してしまいます。慢性化すると傷口が結合組織というシコリに変化して筋肉の伸び縮みが上手くできなくなってしまいます。伸び縮みができないとますます筋肉を動かしたときに傷つくリスクも高まってきます。それに加え硬くなることで血管を圧迫してしまうので血行も悪くなり、傷を治すための血液という栄養分をしっかり供給できなくなってしまうのです。
この負の連鎖をどうしたらよいかというと、まずは血行を良くしてあげることから始めます。硬くなってしまっている筋肉はインナーマッスルだけではなく表面の筋肉も硬くなって血管を圧迫しています。表面の筋肉が硬いと奥のインナーマッスルになかなか刺激が伝わらないので表の筋肉を最初に摩擦という手技で表面の筋肉をほぐしていきます。
表の筋肉がほぐれることで伸び縮みできなくなっていた筋肉がほぐれるため可動域も改善されるのと、血液循環を改善させて治りやすい環境を作ってあげる目的があります。

筋肉の緊張の下に層に浮腫みが存在します。
浮腫みは何故発生するかご存知ですか?浮腫みは血行の悪くなっている部分に発生します。血液循環が悪くなると流れが遅くなりますので、心臓に水分が戻り辛くなり、行き場所を失った水分が血管の外にあふれだしてしまうのです。
それが、浮腫みの正体です。
浮腫みは、顔や足に出ると思い浮かべられる方も多いと思いますが、実は腰や背中でも浮腫むのです。
(身体の末端である顔や足は心臓から遠いので、血流が悪く浮腫みが目立つ、ということです)
つまり、普段はあまり目立たない腰などで浮腫みがおきていたら、そこは筋肉が悪くなっているサインということなのです!
冷えむくみは身体の不調を示すものなので、気になる方はぜひインナーマッスルセラピーを受けてみてください!!

冷え性・むくみでお悩みの方はインナーマッスルセラピーがオススメ!ぜひ用賀駅から徒歩5分の当院へ

2017.10.11 | Category: 未分類

こんばんは!

冷え性、むくみといった症状でお悩みの方は、ぜひ当院のインナーマッスルセラピーを受けてみてください!

冷え性、むくみの原因は、実は筋肉にあります。

「筋肉量、筋肉の柔軟性」に問題があると冷え性やむくみが出やすくなるのです。

筋肉量としては、これは純粋に筋肉量が少ないと、ということですが、本来筋肉はポンプの働きがあり、血流を筋肉の伸び縮みにより作るのです。

パワーがないと伸び縮む勢いがないから、それはもちろん全身に血液が行き辛いですよね。

血液に熱が含まれていて、それが体温となって全身をめぐるのです。

血流が悪いせいで、冷えてしまうのです。

 

実はむくみも似たメカニズムです。

固まった筋肉が血管を圧迫し、血流が悪いために、体内の水分が行き場所を失います。

一定の場所に留まれなくなるので、血管外にじわーっと逃げていき、その出てしまった分がむくみとなるのです。

ですからむくみも、筋肉の状態をよくすれば良くなりますよ。

 

足のむくみ・冷えの場合は、腰・でん部を中心に、足先のほうまで施術をしていくと、オススメです。

手先の場合は、首や肩が手先のむくみ・冷えを促進させ原因になってることが多いので、そちらから施術をしていくとオススメです。

私たちの治療に対する考えは、血液循環を改善させ、自然治癒力を向上させることに重きを置いています。

そうでないと、すぐにまた状態が戻ってしまうからです。

日々の身体への負荷が蓄積され、筋肉が不健康な状態になってしまうのは完全になくすことは不可能です。

ですから、自分の体、資本から良くしていけばいいのです!

 

インナーマッスルセラピーは、それを可能にします。

さまざまな状態に応じて、週1回30分の施術の繰り返し、といったようなことだけでなく、通院指導をいたします。

また、先月より”寝ながらにしてインナーマッスルを鍛える最新治療器具”を導入しました。

インナーマッスルセラピーだけでは補いきれなかった”筋力”をつけるために、当院では続々と始められる方が出ていきます。

筋力をつければ、上述したように血流がUPしますから、相乗効果バツグンです!!

男性も、女性も筋肉は必要です。インナーマッスルですから、ウェストが引き締まったり、見た目にはわかりづらいですが

健康的な筋肉を獲得することが出来ます。

シェイプアップ効果も期待できますのでそういった面でもオススメです。

これからの時代を乗り切るには、インナーマッスルです!!

なかなかとれない頭痛・腰痛・肩こりはインナーマッスル治療院の当院へ!用賀駅から徒歩5分

2017.10.11 | Category: 未分類

 

こんにちは!長年なかなかとれない頭痛・腰痛・肩こりなどでお悩みではありませんか。

なかなか良くならない理由・・・それは、原因がインナーマッスル(深層筋)にあるからかもしれません。

深層筋とは、文字通り身体の深い位置に存在します。

慢性的で、何年も消えない腰痛などは、そういった身体の深い部分からの悪さだからなのです。

表面的な部分の悪さであれば、すぐよくなるはずですよね。

そして原因が筋肉にある理由としては、筋肉は人間の体から水分を除いた組織のうち、筋肉が30~50%をしめているのです。

頭痛の大半も、”緊張型頭痛”とよばれる、筋肉が緊張することにより起きるものが8割です。

 

私たちは、インナーマッスルを根本的に良くすることを目的に施術をおこなっております。

さまざまな治療をしてみたが、なかなか良くならない・・・という方はいちどぜひお越しください。

初回につき、10分間の施術体験会もできます!

「インナーマッスルセラピーってどういうものなのかな?」と思われてる方にオススメです。

 

インナーマッスルとは・・・”骨に付着し、身体を支え、バランスを維持し、姿勢の乱れを抑制する”働きがあります。

また、筋肉の中に血管が入り込んでいますので、インナーマッスルの状態が悪いと、血流がとても悪くなってしまいます。

つまり・・・「冷え・むくみ・内臓の不調」などといったこともインナーマッスルが関わっているのです!!

血流が悪くなるとさまざまな不調が発生してしまいます。そのためにも、筋肉、特に深層筋の健康状態がとても重要です。

 

私たちのインナーマッスルセラピーでは、原因の筋肉がどこにあるかを絞り込むために、まずは問診(ご症状などをお伺いします)を丁寧におこないます。その際、お悩み事があれば何でもお気軽にお話しください!

そして、検査を行い筋肉をより絞り込みます。その結果をもとに、施術をしていく場所を決めていきます。

特にインナーマッスルの施術は、試行錯誤になりますので、2回目ご来院されたときのご状態が何よりも一番大事です。

施術終了後のお過ごし方や、今後のお身体のことについて、誠心誠意説明させていただきます。

長年の腰痛・頭痛・肩こりもしっかりと施術していけば必ず良くなります。私たちにお任せください。

深層筋への施術は、都内でもまだあまり多くありません。(都内で7%しかないとされています)

世田谷区用賀駅周辺で根本治療をする施術をお探しでしたら、ぜひ一度当院へお越しください!

ロコモーティブシンドロームご存知ですか? 詳しくは用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.10.10 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(筋肉治療)をしています。

筋肉は細くて繊細な繊維が集まって束になったものです。なので日常的に使っているだけでも筋肉は微小な損傷を起こしています。

その損傷を起こしてしまう原因として過度に使いすぎるのも原因の1つなのですが、それ以前に負荷に耐えうる筋肉量がないという根本的な原因があると考えました。近代社会では階段よりもエレベーター・エスカレーター歩きよりも電車や車という時代になりました。そんな時代だからこそ問題となってくるのが運動不足です。若い世代の筋力不足も最近では多く取り上げられるようになってきています。特に40代女性の70パーセントがロコモーティブシンドローム(運動器症候群)という筋肉の低下によって介護状態になるリスクが高い人という統計が出ています。筋力が低下すると様々な危険が伴います。最近何もない場所でつまずいたりしていませんか?筋力が低下して足が上がっていないことが原因なのです。筋力は普段のに日常生活を送るためにとても必要なものです。

関連画像

 

筋力が低下すると筋繊維にかかる負担が大きくなります。負担は大きくなればなるほど筋繊維が傷ついていきます。傷ついた部分が治癒する前に負荷がかかると再度傷ついてしまって、、、というのを何回も繰り返して治りきらない状態が長期にわたって続くと慢性化して治癒がストップしてしまうのです。治癒が止まると傷口はシコリに変化してしまいます。このシコリを筋硬結といい、痛みの原因となってきます。このシコリ(筋硬結)を取り除いて痛みの根本を取り除いていくのがインナーマッスルセラピー(筋肉治療)なのです。

この筋肉治療をすることで筋肉のケアはできるのですが、筋肉量を増やして筋肉が傷つきにくい身体を造れるわけではありません。なのでロコモーティブシンドロームを予防・改善するためにロコモメニューというスクワットなどの筋トレをして一緒に鍛えるメニューを導入しました。

でも自分で筋トレをするにしてもメンドクサイ・関節痛が気になるなど、様々な壁がありなかなか継続できない・・・そんな方が多いのでないでしょうか?

そんなあなたに朗報です!

当院ではEMSという機械を使って電気を流して寝ているだけで筋トレができてしまう機械を導入しました!

インデプスというEMS機械は表面の筋肉ではなく深層筋であるインナーマッスルを鍛えることが出来るのです。

体幹の筋肉をしっかり鍛えて肩こりや腰痛にならない身体づくりをしていきましょう!

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピーは用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.10.06 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋治療)をおこなっています。インナーマッスルセラピーは筋肉治療です。

実は、筋肉は細くて繊細な繊維の1本1本がたくさん集まって束になったものです。なので筋肉は日常的に使っているだけでも微小な損傷を起こしています。その傷が治りきっていれば痛みを起こすことはないのですが、治りきっていないと腰痛や肩こりの原因になってしまうのです。

筋肉が傷ついてしまうと周囲の筋肉が痛みを抑えようとしてギュッと収縮して緊張状態になります。これは身体の防衛反応によるものです。しかし、それによって周囲に走行している血管が収縮した筋肉によって圧迫されてしまい血液循環が悪くなってしまいます。血液は傷を治すために必ず必要になってくる材料です。なので血液循環が悪くなると充分に傷に血液を送ることが出来なくなるため治癒が遅くなってしまいます。そのうえ運動したり事務作業をしたりで日常生活を送っているうちにまた傷ついてしまい傷の上塗り状態になって傷がなかなか治らない状態になり慢性化していきます。慢性化すると傷口は硬いシコリへと変化し、シコリへ変化した細胞から痛みの物資(ヒスタミン・ブラジキニン・セロトニン)が血管へ放出してきます。血液循環が悪い状態になっていると痛みを発生させる発痛物質が流れずに停滞すると徐々に蓄積されていき、ますます痛みが強くなってしまうのです。

これらのことから、何処から、どうやってこの負の連鎖を終わらせるかというと、まず血液循環を改善させて発痛物質を流していくことから始めます。発痛物質が流れることで痛みが軽減します。

そして痛みによる筋肉の収縮がなくなる⇒筋肉が血管を圧迫しなくなる⇒筋肉が元通り動くようになる!!

このプロセスを踏んでいくことがとても大事です。

 

腰痛と人との関わりはとても歴史が長いです。

実は西洋では、日本でいうぎっくり腰のことを、”魔女の一撃”と言ったりするんです(不思議な名前ですね(笑))。

魔女による一撃を腰にくらったという比喩表現です。外国の人も、それぐらいひどい腰痛に悩まされる方も多いということですね。

 

腰は体幹の一部であり、重要な部分です。長年の腰痛にお悩みの方でも、ご安心ください。

インナーマッスルセラピーは深層筋の治療をおこない、表面上のマッサージなどではなかなか良くならなかった人ほど、一度ぜひ治療を受けにきてみててください!

交通事故治療には、ようがナチュラル整骨院の深層筋治療!

2017.10.04 | Category: 未分類

皆様、おはようございます。今朝も涼しい朝でしたね!

風邪が流行っている地域もあるようなので、身体が冷えないように気を付けましょうね。

さて、ようがナチュラル整骨院は、交通事故による怪我の治療を得意としております。

それは、交通事故による怪我の箇所が深層に位置することが多い為です。

私たちは、筋治療を得意としており、深層筋治療をしております。

この深層筋治療は、痛みや不快な症状を出している原因になっている筋肉に対して治療をすることができます。

電気治療や簡単なマッサージ、ストレッチや整体、カイロプラクティックではこの原因になっている筋肉を治療をすることは一切ありません。ようがナチュラル整骨院の深層筋治療は、原因に対して治療をすることが出来る治療方法なので、根本的な症状改善が期待できる治療方法なのです。

交通事故の怪我の場合、事故による衝撃によって、深層筋が損傷してしまうことが多くあります。

例えば、首のむち打ち損傷ですと、

追突や衝突をすると、首と胴体が前後反対に衝撃を受けてしまい、首から背中にかけての軟部組織(筋肉や靭帯)が損傷します。この損傷が、深層筋を痛めるんです。

深層筋治療のもっとも効果的な治療時間や治療頻度は、1週間で60分の治療をすることです。そうすることで、筋肉は確実に改善していきます。辛い痛みや症状を出している原因を取り除くには、30分前後の治療でも可能なのですが、原因が深層筋にあればあるほど、30分程度の治療時間では、根本的な治療をすることが困難なのです。

また、一度痛めてしまった筋肉は、日常の使い方で悪化してしまいます。

お仕事や家事、育児など身体への負担があります。そんなかで、悪くなった筋肉を治療して、改善することは簡単ではないのです。

ただ、筋治療をすれば、必ず症状は改善します。

新規導入したEMS!筋力トレーニングは用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.10.03 | Category: 未分類

当院はインナーマッスルセラピー(筋肉治療)をおこなっています。筋肉はとても傷つきやすい組織でできています。そのため筋肉は日常的な動作でも微小な損傷を起こしては修復してを日々繰り返しています。

この修復がしっかりされていれば腰痛や肩こりなどは起こることはありません。腰痛や肩こりなどのコリが発生するということはこの過程が正常に機能しなくなっていると言えるのです。

正常に機能していないというのは修復の過程のどこかでストップしてしまっているからです。

その原因としてあげられるのが筋肉にあります。傷ついた筋肉の周りの他の筋肉は痛みを感知すると防衛反応が働きギュッと縮こまって痛みを抑えようとします。そうすると筋肉と筋肉の間に通っている血管が圧迫されてしまって血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなるということは筋肉の傷ついた部分に治癒のために必要になる栄養である血液が十分におくれなくなってしまいます。そうすると治りが遅くなってその上からまた傷ついて傷の上塗り状態になり慢性化してしまうのです。慢性化すると治癒の過程がストップしてしまい傷口はシコリに変化してしまいます。シコリからは発痛物質といわれる痛みを発生させる物質(ブラジキニン・セロトニンヒスタミンK・H)を分泌します。痛みを感知した周囲の筋肉がますます防衛機能が働き収縮が強くなってしまいます。この悪循環が続くとどんどん悪化して痛みも強くなってきます。悪循環をまずどこで止めたら良いかというと血液循環の改善です。血液循環を改善させることで痛みを発している原因の発痛物質を流してあげるだけでも変わってきます。

「インデプス」の画像検索結果

私達、ようがナチュラル整骨院のスタッフは、充実した社内研修や外部研修を受講したスタッフのみが治療をする事が出来ます。

 

皆様の辛い症状を改善する為に、必要な知識や技術を有したスタッフしかおりませんので、安心して治療を受ける事が出来ると思っております。

治療の手順としては、

  1. 筋肉の表面の緊張を取り除く(筋スパズムの除去)
  2. 筋硬結によって発生した浮腫みを取り除く
  3. 筋硬結に対して、適切な治療刺激与える事で、神経性炎症を起こす

が流れです。

筋硬結に対して適切な刺激を与える事で、神経性炎症を引き起こす事が出来ると、以下の反応が起きます。

  • 血管反応:血液循環が改善する事で、疲労物質や痛みの物質が流れる。
  • 免疫反応:自然回復力が高まり、筋硬結が元に戻ろうする力が向上する。

私達が提供する深層筋治療は、上記のような反応を筋肉に起こして、辛い痛みや不快な症状を取り除く事が出来る治療方法です。また、その痛みや症状の原因を治療しているので、症状の根本改善ができる治療方法なので、辛い腰痛などにお困りの方は、是非当院にお越しください!!

ただ今、無料体験も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.09.29 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(筋肉治療)という手技を中心におこなっています。

「腰痛 ストレッチ」の画像検索結果

筋肉はとても傷つきやすい組織で出来ているため日常的に動かして伸び縮みさせるだけでも微小な損傷を起こしているのです。

この傷が治りきっていれば肩こりや腰痛にはならないのですが、しっかり治りきっていない状態が慢性的な肩こりや腰痛になってしまっているのです。筋肉が治りきらないうちにまた酷使すると同じ場所が傷ついて傷の上塗り状態になってしまうのです。治りきらない状態がずっと続くと治癒の過程が途中でストップしてしまい慢性化します。

インナーマッスルセラピー(深層筋治療)の目的はシコリ(筋硬結)に刺激を入れて止まっていた治癒を再開させ、最終的に筋硬結を取り除く根本治療をしています。

筋硬結は深層の筋肉に存在しています。なので表面の筋肉の緊張を最初に取り除かなければ刺激が奥にはいらないため緩める必要があります。インナーマッスルセラピーは摩擦という手技で筋肉の緊張を取ります。摩擦のメリットはそれだけでなく、20分ほど摩擦を続けることで脳から脳内モルヒネというホルモンが放出され痛みを感じにくくなったり身体が温かくなってきたりします。モルヒネときくと麻薬を思い浮かべると思いますが、モルヒネと似た効果があるホルモンなのでそう呼ばれています。

筋肉の緊張の下にはむくみが存在します。浮腫みはどうして起こると思いますか?実は血行が悪くなったことによって浮腫みは発生します。何故かというと、筋硬結がある部分の周囲の筋肉は緊張状態で血管を圧迫している状態と上記でも説明した通り、血管が圧迫された部分はその先に通常通り進めず停滞状態になります。そうなると浸透圧により血管外の濃度の濃いほうに血管内の水の成分が引っ張られます。要するに血管からそとに水の成分が漏れ出してしまうということです。この血管外に出てしまった水分が浮腫みになるのです。

この浮腫みを取り除く事でより筋硬結にアプローチしやすい状態にして次に圧迫振動摩擦という手技で筋硬結に刺激を与えていきます。圧迫振動摩擦が本当の治療といえるでしょう

介護になる可能性が一番高い原因は何だと思いますか?それは腰痛です。

腰痛があると腰の筋肉が硬くなっているため足に向かっていく血管や神経が圧迫されてしまい、足の血液循環が悪くなったり痺れがおきたりといった症状が出てきます。そういった症状が出ていると栄養が筋肉に十分行き届いていない状態なので筋肉が委縮して筋力が低下していきます。筋力が低下すると普通に歩けているつもりでも足がしっかり上がっておらず、転倒の原因になってきます。特に高齢女性の場合は女性ホルモンの影響で骨粗鬆症になりやすい傾向にあり、骨折の可能性が高まります。するとただの転倒が思わぬ大きなけがに繋がり寝たきりの状態になって介護が必要になってしまいます。

トレーニングならようがナチュラル整骨院におまかせ!用賀駅近くにあるよ

2017.09.27 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋治療)という筋肉治療を主におこなっています。

深層筋治療をするためには筋肉に関しての知識が必要となります。どの動きをする筋肉が何処にあるのか、筋肉の性質なども知っておく必要があるのです。

そんな我々ようがナチュラル整骨院がインナーマッスルといわれる体幹の筋肉が低下している現代社会に警鐘を鳴らしています。最近は階段の横にはエスカレーターやエレベーターがあったり、移動のときは自動車や電車が一般的となっています。デメリットとして筋力が低下している人が多くなってきていることです。特にインナーマッスルが低下するとどうなるかというと日常生活の負荷に耐えられなくなってきます。というのもインナーマッスルは姿勢の維持やバランスをとるために使われるためとても大切な筋肉になります。

その筋肉が低下するとバランスが悪くなったり、負荷に耐えきれなくなった筋肉が傷つき腰痛の原因になります。

大抵は筋肉が傷ついて治りきらずにまた傷ついてを繰り返して慢性的な腰痛になっている方がほとんどですね。

筋肉が傷ついたことで傷ついた周りの筋肉が硬くなり、伸び縮みが上手くできなくなっている状態です。その状態で無理に動こうとすると筋肉が深く傷つきぎっくり腰という疾患に繋がってしまいます。

そうならないためには一体どうしたらよいか、、、。肩こりや腰痛などの今出てしまっている痛みを改善させ、痛みの原因になっているシコリを取り除いて根本治療を目指すのがインナーマッスルセラピー(深層筋治療)なのですが、日頃の負荷に筋肉が耐えきれないとまた筋肉が傷ついてしまう状態になっているのが現状です。

なので、筋力をつけてあげるといいのです!

当院では、9月からEMSとよばれる装置を使った筋力トレーニングメニューを新たに提案することをはじめました。

これは、寝ながらにして筋力が強化できるというすごい装置です!!

普通に、自宅でトレーニングをしようとしても腰痛になってしまう場合もありますし、狙った効果を得るには自分で調べたりなどしないといけません。

また、自宅で続けようとしてもつい、ダラダラとやってしまい長続きしなかったり・・・

筋トレは、数回やっただけでは効果はほとんどでません。

そんなお悩みをすべて解決するのがこのEMSです!!

私たち筋治療家がイチオシのこの装置、今なら格安で体験会を行うこともできますので、お気軽にお声かけください!!

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピーは用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.09.27 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋治療)という筋肉治療をおこなっています。

筋肉はもともと傷つきやすい組織でできています。なので日常生活で使うだけでも微小な損傷を日々起こしているのです。その損傷がしっかり治りきっていれば腰痛や肩こりは発生しないのですが、何らかの原因で治りきっていない状態が生まれ慢性化した結果が腰痛や肩こりなのです。何故治りきらないかというとそれは治癒の速度より筋肉が再度傷つく頻度のほうが多いからです。

 

特に腰は立っているときや座っているときの姿勢を維持したり、バ「深層筋」の画像検索結果ランスをとったりするために使われるので一日のうち使わない日はないという頻度で使われています。

筋肉が傷つくと周囲の正常な筋肉が痛みを抑えようとしてギュッと収縮して硬く固まってしまいます。そうなると傷を治すために必要となる血液を送る血管が周囲の筋肉に圧迫されるため十分に傷を治すために必要な栄養を供給できなくなってしまうので治りが遅くなってしまいます。

そして治りずらい状態が長く続くと治癒が途中で止まってしまい、傷口がシコリになってしまいます。このシコリのことを筋硬結といい痛みの物質(ヒスタミン・ブラジキニン・セロトニン・K・H)を放出します。痛みを感知した周囲の筋肉が痛みを抑えようとますます筋肉が緊張状態になり、痛みの原因になってきます。

インナーマッスルセラピー(深層筋治療)では最初に摩擦という手技で表層にある筋肉の緊張をまず取り除いていきます。そうすることで奥に刺激が入りやすいようにするのと、20分ほど摩擦をすることで脳から脳内モルヒネといわれるホルモンが分泌されます。モルヒネときくとまず麻薬を想像されるかと思いますが、身体からモリヒネが出るわけではありません。モリヒネに似た痛みを感じにくくなったり身体が温かくなってきたりといった作用のホルモンが出されます。そうすることで痛みを感じにくい状態でより深い深層筋にアプローチできるようになってきます。それに加えてもみかえし防止にもなるというメリットがあるのです。

次に圧迫という手技で浮腫みを取り除きます。浮腫みはどこでも発生しうるものです。血液循環が悪くなり血液の流れが遅くなることで血管内から血管外へと水の成分が漏れ出てしまいその水の成分が浮腫みにつながってしまうのです。

最後に圧迫振動摩擦という手技で筋硬結という痛みの原因になっているシコリにアプローチしていきます。なので圧迫振動摩擦が本当の深層筋治療と言えるでしょう

インナーマッスルを健康にして、腰痛予防するなら用賀駅から徒歩5分の当院へ

2017.09.25 | Category: 未分類

こんにちは!長年の腰痛は、インナーマッスルが原因かもしれません。

インナーマッスルとは深層筋のことですが、文字通り深い所にあり、「骨を支え、姿勢をまっすぐにする働き」があります。

ですので、そのインナーマッスルが

 

①筋力がなくなり、衰えてしまう

②痛めてしまい、動かすたびに痛い

 

ということになると、日常生活の不都合がでてきます。

腰痛に関しては、体幹のインナーマッスルを鍛えてあげることがとても重要です。

筋力も実はとても重要な要素です。筋力が足りていないと、どれだけストレッチなどして筋肉を柔らかくしても、日常生活で負荷に耐えきれず、すぐに痛くなってしまいます。

腰痛を防ぐには、柔軟性だけでなく、パワーも必要なのです。

ただ、ムキムキになる必要はありません・・・(笑)

見た目の筋肉は、身体の外側にあり、通称アウターマッスルとよばれています。

ボディービルダーのような身体を目指すならアウターマッスルを鍛えるのですが、それだけで腰痛予防にはなりません。

インナーマッスルへのアプローチが必要なのです!!

 

当院では、インナーマッスルセラピーという深層筋治療をおこなっております。

基本的には、私たちの手を使い、細かなポイントまで筋治療をし、痛みをやわらげる治療をしています。

ただ、前述したような筋力の強化まではできないのです。

そこで、当院では9月からEMS(Electrical Muscle Stimulation)という装置を導入しました。

これは、寝ながらにして筋力トレーニングができるというスグレモノです。。。

楽して筋力強化が図れる、というだけでなく、筋力をつけたいけど腹筋・背筋をやると腰を痛めてしまうような人でもできますから、どなたでもできるのです。

今、当院での最もオススメする筋肉健康増進法は・・・「40~60分の深層筋治療+EMSによる筋力トレーニング」です。

これをすれば、治療をしてその場は軽くても1週間するとまた痛みが戻ってしまう(新たな傷をつくってしまうからです)・・・という方にぜひオススメです!!

あなたも最先端の筋肉健康増進法をぜひ試してみませんか?

今であれば、通常価格より半分以下になる体験会も行っておりますので、ぜひお気軽にお声かけください。

私自身も、腰に使って筋力トレーニングを続けて1か月目になりますが、だんだん筋肉がついてくれたおかげか、腰痛が減っているのをしっかり感じます!必ず良くなりますよ!!

新規導入!肩こり・腰痛の根本予防は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.09.24 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋治療)という筋肉治療をおこなっています。

筋肉はとても傷付きやすい組織でできているため日常的に使っているだけで微小な損傷を起こしています。

生活しているうえで常に使われる筋肉、よく使う筋肉というのがあります。それは脊柱起立筋といわれる腰の筋肉で、姿勢のバランスをとったり、姿勢の維持をするなど、姿勢に関わる筋肉です。脊柱起立筋は下から重い物を持ちあげる動きもしています。

筋肉は20代を境に年々減少していきます。「若いころは腰痛とか感じなかった」という方がほとんどなのではないでしょうか?なぜ若いころは感じなかったのか?それは学校の体育や部活で一定以上の運動量が取れていたからということがおおきいのです。

勉強のために机にかじりついていたり、社会人になって身体をあまり動かしていないと筋肉量は減少していきます。筋肉がおちるとどうなるかというと、単純な話ですが負荷に耐えきれなくなってきます。腕の筋肉で言うと重い物が持てなくなってきたとか、持っててもすぐ疲れるとか、、、。

それは脊柱起立筋にも言えることです。脊柱起立筋が衰えてくると背中が曲がってきたり猫背になったり、、、一度ご自分の立っている姿勢、座っている姿勢をよくみてください。あなたはどんな姿勢をしていますか?

背中が曲がっていたり猫背になったりというのは腰の負担を軽減させようと身体の防衛反応が出ているためです。腰の筋肉(脊柱起立筋)が普段の負荷に耐えきれていない証拠です。

どうやったら脊柱起立筋が鍛えられるのか?

筋力トレーニングをすることですが、自宅でのトレーニングはなかなか難しいですよね。

途中でやめてしまったりとか、飽きてしまったりなどで、継続させること。

鍛えたい筋肉を狙って鍛えること。

きちんと指導をうけ、勉強をし、コツコツと続けていかないと特にインナーマッスルを鍛えることはなかなか難しいとされています。

そんな悩みを解決するのが、今月から導入したEMS(electric muscle stimulation)とよばれる、電気刺激による筋力トレーニングマシンです!

これは寝ながらにして筋トレができる優れもので、表面の筋肉だけでなく、深層の筋肉まできちんと鍛えることが出来ます。

脊柱起立筋はインナーマッスルなので、EMSを使うと効果的に鍛えられます。

いまなら体験会も実施していますので、最新の筋力トレーニングマシーンを試してみたい方は、ぜひお気軽にお声かけください!!

寝たまま筋力トレーニング!?新商品!深層筋まで届かせるEMSは用賀駅近くの整骨院!ようがナチュラル整骨院まで

2017.09.22 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋治療)という筋肉治療をおこなっています。筋肉は傷つきやすい組織でできているため日常生活で使っているだけでも微小な損傷を起こしています。

インナーマッスルで代表的な体幹の筋肉として脊柱起立筋があげられます。

脊柱起立筋は姿勢維持や身体の全体のバランスを取るのにも使われるとても重要な筋肉です。

筋肉は20代を境に年々減少していきます。「若いころは腰痛とか感じなかった」という方がほとんどなのではないでしょうか?なぜ若いころは感じなかったのか?それは学校の体育や部活で一定以上の運動量が取れていたからということがおおきいのです。

勉強のために机にかじりついていたり、社会人になって身体をあまり動かしていないと筋肉量は減少していきます。筋肉がおちるとどうなるかというと、単純な話ですが負荷に耐えきれなくなってきます。腕の筋肉で言うと重い物が持てなくなってきたとか、持っててもすぐ疲れるとか、、、。

それは脊柱起立筋にも言えることです。脊柱起立筋が衰えてくると背中が曲がってきたり猫背になったり、、、一度ご自分の立っている姿勢、座っている姿勢をよくみてください。あなたはどんな姿勢をしていますか?

背中が曲がっていたり猫背になったりというのは腰の負担を軽減させようと身体の防衛反応が出ているためです。腰の筋肉(脊柱起立筋)が普段の負荷に耐えきれていない証拠です。

 

どうやったら脊柱起立筋が鍛えられるのか?

筋力トレーニングをすることですが、自宅でのトレーニングはなかなか難しいですよね。

途中でやめてしまったりとか、飽きてしまったりなどで、継続させること。

鍛えたい筋肉を狙って鍛えること。

きちんと指導をうけ、勉強をし、コツコツと続けていかないと特にインナーマッスルを鍛えることはなかなか難しいとされています。

そんな悩みを解決するのが、今月から導入したEMS(electric muscle stimulation)とよばれる、電気刺激による筋力トレーニングマシンです!

これは寝ながらにして筋トレができる優れもので、表面の筋肉だけでなく、深層の筋肉まできちんと鍛えることが出来ます。

脊柱起立筋はインナーマッスルなので、EMSを使うと効果的に鍛えられます。

いまなら体験会も実施していますので、最新の筋力トレーニングマシーンを試してみたい方は、ぜひお気軽にお声かけください!!

トレーニングの重要性?!肩こり腰痛予防にも筋肉を動かそう!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.09.13 | Category: 未分類

トレーニングと言っても何を目的に、どの部位を、どれ嫌いの期間で鍛えたいかで100通りもの方法があります。

まず筋力の重要性を説明させていただきます。

筋肉は加齢とともに低下したり萎縮してきます。自然な衰えだけではなく神経が圧迫をうけるヘルニアになったら筋肉にいく神経が絞扼され筋肉の委縮が見られ、元に戻すのに時間がかかったりします。

元々の筋力が低いとその分個々の筋繊維に負担が大きくなり筋肉が傷つきやすい状態になります。

筋肉はもともと傷つきやすい組織でできており、そのため日常的に使っているだけでも筋肉は少しずつ傷ついています。その傷が毎回治りきっていたら肩こりや腰痛は発生しないのですが、治りきっていない状態がほとんどで、ついでに重い荷物を頻繁に上げ下げしないといけなかったり、すわり仕事でずっと椅子に座ってPC作業をしなくてはいけないなど同じ動作を繰り返したり同じ姿勢を維持するような仕事が多い現代では同じ筋肉に負担をかけやすく、筋肉を休ませて筋肉を治癒させる暇を与えることが難しいため慢性的な肩こりや腰痛が引き起こされるのです。そしてもちろんそもそもの筋肉量が少ない場合筋肉の損傷が大きくなってしまうのです。

とはいっても自宅で筋トレの時間をつくり習慣化することはなかなかできる事ではありません。仕事で疲れて帰ってきて明日も仕事なのに筋トレでますます体を酷使させることが出来るストイックな人はごく稀にしかいません。それに筋トレは一回で筋肉がつくものではなく継続して徐々に成果が出てくる地道な積み重ねですね。だけど筋肉はつけたい、、、

そんなあなたに朗報です!!

当院の新メニューEMSは寝ているだけで気になる部分にピンポイントで筋力を付けることが出来るのです!!

EMSってなんだかご存知ですか?EMSとは最近よく通販で宣伝されている付けているだけでシックスパックごできるという売りの装置のことで、当院で導入したのは腹筋だけではなく腰の筋肉、足、二の腕まで様々な部位にアプローチでき、かつ通販の器具よりも本格的に深い筋肉にまでアプローチできる最新機器なのです!

筋肉量を上げることでダイエットにつながるというのは想像できますか?それも健康的なダイエットです。よくダイエットと聞くと食事制限と言われやすいですが、食事制限によって減少するのは脂肪よりも筋肉のほうが多いのです!食事制限をして体重が最初の方減っているのは脂肪ではなく優先的になくなっていくのは筋肉なので体重が急激に落ちるのは脂肪より重い筋肉がなくなったからなのです。

EMSで筋肉がつくと基礎代謝が上がります。基礎代謝とは生きる上で必要最低限必要なエネルギーのことです。筋肉を維持するためにエネルギーを回さなければいけなくなるため基礎代謝が上がり、余計な脂肪が付きにくくなり、同時に脂肪が燃焼されやすい身体になります。

真の健康はインナーマッスルへのアプローチを!用賀駅近くの当院にすべてお任せください!

2017.09.11 | Category: 未分類

こんにちは!!突然ですが、インナーマッスルとはそもそもどういった筋肉かはご存知でしょうか?

インナーマッスルというのは、体幹などにある深層筋のことで、身体の内側にある筋肉のことです。

外側のみえる筋肉(アウターマッスル)ではありません。インナーマッスルというのは骨を支えたり、姿勢を保つために働いている筋肉のことで、今このインナーマッスルが衰えている方が非常に多くなっているんです。

もしかしたら、あなたも今出ている症状には、このインナーマッスルが弱くなってしまっていることも原因となっているかもしれません・・・。

たとえば腰痛があり、その施術をして筋肉のハリをほぐして痛みを取ったとしても、また同じ生活をしていると痛みが出てしまいます。

そこで!!

インナーマッスルを鍛えて、きれいな姿勢を保つことで、治りが早くなったり、施術をするだけよりも確実に痛みが出にくい身体になることができます。

ただ、インナーマッスルは、身体の内側にある筋肉で、鍛えるのがなかなか難しい筋肉なんです。

そこで今回当院では、「indepth」とよばれるEMS(Electrical Muscle Stimulation)装置を導入しました!!

EMSとよばれるものはたくさんありますが、この「indepth」はインナーマッスルを効率よく鍛えることが出来るものなのです。

これは、寝ながらにして、電気刺激でしっかりとインナーマッスルを筋力強化をすることができます。

今であれば体験会を行っておりますので、通常価格よりも少し安く体験をすることができます。

EMS装置を使ったトレーニングがどのようなものかは、話で聞くだけより、実際にやってみないとわかりづらいところもありますので、ご興味のおありの方はぜひ一度やってみませんか?

当院では、EMS装置indepthによる筋力トレーニングと、インナーマッスルセラピーのセットを一番オススメしております。

ご自分での筋力トレーニングは、なかなか継続させることが難しかったりとか、狙った筋肉をピンポイントでトレーニングさせることが難しいです。

そんな悩みを解決するのがこのindepthです!!

「良くなったと思ったらまたすぐ悪くなってしまう」を繰り返しているあなたの体に、終止符をうつのはこのindepthです!

筋肉の治療家である私たちが自信をもってオススメいたします。初めての人でも、しばらくいらっしゃっていない方でも、すでに通院されているかたでも、受けることが出来ます。お気軽にお声かけください。

インナーマッスルトレーニングEMS始動!!肩こり腰痛にも効果的!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.09.10 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はついに筋肉治療(インナーマッスルセラピー)だけではなくインナーマッスルを鍛えて肩こりや腰痛のそもそもの原因である筋肉への負荷を減らすため筋肉量を増やすトレーニングEMSを導入しました!

関連画像

EMSは最近テレビなどの通販でも取りざたされている”動いてなくても筋肉を動かしてくれる筋力トレーニング”の機械です!テレビで言われているのは腹筋しかありませんが、当院のEMSは他とは違い、より深い筋肉までしっかり刺激をおくることができ、かつ複数部位を選択できます。複数部位というのは腹筋だけではなく、腰や腕、足など様々な部位を選べるということです。それによるメリットをご紹介しましょう!!

~腹筋編~

腹筋は腹直筋、腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋などの筋肉があります。夏は海に行ったりするのでお腹を見せる機関が多いため特に気になる季節なのではないでしょうか?ウエストのサイズや下っ腹が気になるがなかなか自分じゃ鍛えられないという方にオススメなのがEMSです。それと同時に便秘でお困りの方にもお勧めできます。深層筋が動くことで腸管運動も活発になり便秘の改善も見込めます。

~腰痛編~

腰の筋肉が過剰な負荷に耐えきれていないため慢性的な腰痛やぎっくり腰など痛みが出てしまっている状態なので腰の筋肉をEMSでアップさせ、負荷に耐えうる筋肉量にすることで腰痛を改善させたりぎっくり腰の予防をしていきましょう。

~腕編~

二の腕のたるみが気になっている女性の方必見の項目です!たるみはご存知のとおり筋肉ではなく脂肪です。筋肉が脂肪に置き換わりしまっていた二の腕がたるんとなってしまう。二の腕にEMSを付けて筋力アップすることで引き締まった二の腕にしていきます。たるみがなくなったらノースリーブも着こなせる魅力的な女性に大変身間違いありません!

~足編~

段差も何もない場所でつまずいたりしていませんか?階段が「こんなに辛かったっけ?」というご経験は?それは足の筋肉が低下している証拠です!足は人体の中で一番筋肉が低下しやすい部位なので維持させるためにもEMSだけではなく日常的にもエレベーターやエスカレーターを使わず階段を使うなど使うことを意識しましょう!

 

EMSは筋肉量をアップさせることが目的ですが、それにより健康的なダイエットとしてもご利用いただけます。筋肉量がアップするということはつまり基礎代謝が上がるということです。

基礎代謝とは生命維持のために最低限必要になるエネルギーのことです。心臓を動かすのにエネルギーが必要なように筋肉も維持するためにエネルギーが必要になります。消費するエネルギーが増えることで余計な脂肪が付きにくく、同時に脂肪を燃焼させることができるのでダイエットにつながるということです。

交通事故治療をするなら用賀駅近くの当院へ!

2017.09.08 | Category: 未分類

こんにちは!交通事故にあった場合、どう手続きすればいいかわからない・・どういう治療をすればよくなるのかわからない・・・そういったことでお困りで、症状を放置してはいませんか?

交通事故治療なら、当院へお任せください!

用賀駅より徒歩5分のようがナチュラル整骨院では、通常の保険治療はもちろん、自費メニューなども充実しております。

交通事故や労災などの治療も各種取り扱っております。

 

交通事故での症状は、たとえその場では何ともなくても、時間が経ってから出てきてしまう場合があります。

数日後か、季節の変わり目か、それはわかりません。

交通事故においては、ほとんどが体の深部を強い衝撃などでダメージを負っていますので、油断は決して禁物です。

事故直後というのは、アドレナリンが放出され、痛みに鈍感になっていることもあります。

すぐさま当日中に病院に向かい、レントンゲンもしくはMRIをとってもらいましょう!

 

レントゲンもしくはMRIをとり、骨・神経・脳に異常がないと診断されたにも関わらず、首、肩、腰などの痛み、しびれ、めまい、吐き気・・・そんな症状が事故後にあらわれてきていたら、原因は筋肉かもしれません。

筋肉・腱・靭帯といった軟部組織とよばれるものは、レントゲン・MRIでは異常を映し出せません。

そうなってしまうと、しっかりと後療を行っていく必要があります。

 

当院のインナーマッスルセラピーでは、深層筋治療という、体の深い部分までの施術を行うことを得意としています。

たとえば、”脊柱起立筋”とよばれる骨盤~後頭部までつながっている、姿勢維持筋があります。

腰痛の原因のほとんどは、この筋肉が関わっています。本来、姿勢を維持してくれる筋肉ですから、悪くなってきますと

姿勢が曲がってきます(姿勢の乱れ=猫背等)。

この脊柱起立筋を治療すると、姿勢の乱れがなくなり、腰・骨盤への負担が少なくなります。

そうすることで、真の意味で腰痛がなくなってくるのです。

痛み止めのブロック注射や、骨盤矯正、ストレッチといったことだけでは対症療法であり、根本的解決にはなりません。

それも大事ですが、根本的なところは筋肉の深い部分にあるのです!

 

交通事故の方の治療としても、同じインナーマッスルセラピーを行っていきます。

色々なことでご不明な点や、ご不安な点もあるかと思いますが、まずは一度当院にもご相談ください。

患者様がご不安にならないよう、誠心誠意お応えいたします。

腰痛の原因はトレーニング不足!用賀駅近くの当院で最先端の腰痛予防トレーニングができます

2017.09.06 | Category: 未分類

こんにちは!

突然ですが、皆さんは日々、トレーニングをしていますか?

トレーニングをし、筋力強化をはかると色々な効果がありますよ!!

・腰痛軽減

・腰のくびれ軽減

・きれいな姿勢ゲット!

 

皆さんは「体幹」という言葉はご存知ですか?

体幹というのは、「体幹深層筋」(インナーマッスルと呼ばれるもので、外側の見える筋肉(アウターマッスル)ではなく、身体の内側にある筋肉です。インナーマッスルというのは、主に骨を支えたり、姿勢を保つために働いている筋肉のことで、今このインナーマッスルが衰えている方が多くなっているのです。

もしかしたらあなたも今出ている症状には、このインナーマッスルが弱くなってしまっていることも原因となっているかもしれません。そこで、トレーニングしてあげることで、骨をしっかりと支えてくれるようになり、姿勢を保ってくれるようになります!!

しかし、ご自身でトレーニングをしてもなかなか継続することができなかったり、インナーマッスルは身体の内側にある筋肉なので、自力でトレーニングすることがなかなか難しい筋肉なんです。なかなか短時間で効率の良いトレーニングを行うことができない、といわれる方が多いです。

 

そこで、当院では今回、「indepth」というEMS装置を使った筋肉運動を紹介しています。

なんとこれは、寝ながらでも実施でき、必要な筋肉を効率よく刺激し、トレーニングすることができます。

 

私自身もまずは1カ月ほど続けてみていますが、筋力がついてきはじめたのか、少しずつ腰痛が減ってきた体感があります!!

ただ、EMS装置を使ったトレーニングとはどのような体感なのか、受けてみないとわからないと思います。

今では体験会を行っており、通常価格より格安で体験してみることができます。

ご興味のおありの方は、お気軽にご相談ください。

もちろん、初めての方も、現在通院されている方も、久しく来られていない方もOKです!!

 

※通常のインナーマッスルセラピー(手による施術)とは別枠となりますので、両方受けることも可能ですし、EMSのみで受けていただくことも可能です。オススメは、インナーマッスルセラピー+「indepth」での筋トレです!!

治療効果と筋トレ効果の相乗効果で、必ずあなたの腰痛よくなっていきますよ。

また、「indepth」でのトレーニングをしていく場合は、ご自宅でも簡単にできるトレーニング方法をお教えいたします。

最先端の腰痛ケア、ぜひ受けてみませんか?

腰痛治療には深層筋治療(インナーマッセルセラピー)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.09.05 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は筋肉治療をおこなっています。筋肉は細い繊維が一本一本集まり束を為したものですのでとても傷つきやすい組織であるといえます。立ったり座ったり日常的に使うだけでも筋肉は少しずつ傷ついてしまっています。しかし筋肉は人体の中で治癒が遅い分類にあります。というのは人体の中でも治りやすい組織、治りにくい組織、治らない組織があります。治りやすい組織は皮膚や粘膜が代表的です。逆に治らない組織というのが神経の細胞体です。脳から筋肉に動けという指令を筋肉まで送るための経路である運動神経や外から皮膚に受けた感覚を脳に伝える感覚神経は一本で伝えているわけではありません。2.3本の神経が伝達して末梢から脳であったり、脳から末梢へ伝えているのです。「感覚神経」の画像検索結果

これらの神経の図でいう丸い部分が神経細胞体です。神経細胞が死んでしまうと麻痺の症状が発生したり感覚がなくなってしまいます。

そして治りずらい組織が筋肉です。そもそもの治癒速度もそうなのですが他にも治りずらくしている原因が存在します。それは筋肉が傷ついている場所の周囲の筋肉が痛みを抑えようとギュッと収縮して痛みを抑えようとして硬く固まってしまうからです。硬くなってしまった筋肉が傷を治すために必要な栄養である血液をおくる血管が締め付けられてしまうため十分に傷口に栄養を送れなくなり、傷が治りにくい状態になっています。治りにくい状態が長期にわたって続くと治癒が途中で止まってしまい、硬いシコリ(筋硬結)になってしまいます。このシコリ(筋硬結)からも痛みの物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニン)が出ているため周りの筋肉がますます緊張状態になり硬くなってしまいます。これが慢性的な腰痛の根本的な原因です。

インナーマッセルセラピーは今の痛みだけではなく痛みの根本的な原因になっているシコリ(筋硬結)を取り除く事を目的としています。

シコリ(筋硬結)のある部分は3層構造になっています。1層目の1番表面にあるのは筋肉の緊張(スパズム)です。この筋肉の緊張は筋肉が傷ついたりシコリ(筋硬結)が痛みを発生させ、その痛みを抑えようという身体の防衛機構によるものです。奥に刺激を与えるためにはこの緊張をまず初めに取らなくてはいけません。

2層目にあるのは浮腫みです。表面の筋肉の緊張により周囲の血管が圧迫され血液循環が悪くなったことで血管内から外へ水の成分が漏れ出し浮腫みが生じた状態です。

3層目に筋硬結があり、この筋硬結を取り除く事で根本治療が出来ます。

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピーは用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.08.30 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は筋肉治療をしています。筋肉はもともと傷つきやすい組織でできています。なので日常的に使っているだけでも微小ながら傷ついてしまっています。この筋肉の傷が治りきっていれば痛みを起こすことはなく慢性的な腰痛になることもないのですが、治りきっていない状況なのが腰痛や肩こりなのです。筋肉が傷つくと、周囲の正常な筋肉が痛みを抑えようとしてギュッと収縮して硬く固まってしまいます。そうなると傷を治すために必要になる血液をおくる血管が周囲の筋肉に圧迫されるため十分に傷口に治すための栄養を供給できなくなってしまうので治りが遅くなってしまいます。

「筋硬結」の画像検索結果

そしてその治りずらい状態が長く続くと治癒が途中で止まってしまい、傷口がシコリになってしまいます。このシコリのことを筋硬結といい、痛みの物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニン等)を放出します。痛みを感知した周囲の筋肉だけではなく血管が収縮してしまい、ますます血液循環が悪くなってしまいます。血液循環が悪く、その血液中に痛みの物質が放出されてしまうので、痛みの物質が流れることなくその場に蓄積されていきます。痛みの物質が蓄積されることで痛みが強くなってしまうので最初に摩擦という手技で表面の硬くなってしまっている筋肉をしっかりとほぐしてあげて締め付けられている血管を開放し、血液循環を良くして痛みの物質をながしてあげると痛みの軽減になるのと同時に傷口に血液が通いやすい状態をつくることが大切です。摩擦をおこなうメリットはそれだけではありません。表面の筋肉が硬くなっていると関節の可動域が狭くなり腰だと前屈や後屈がいきずらいといった症状が出てしまうので、ほぐれることで可動域が広くなりますし、深層筋に刺激が入りやすくなります。摩擦を20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネといわれるホルモンが放出されます。脳内モルヒネがでることで身体が温かくなってきたり痛みを感じにくくなるといった症状がでて治療時に痛みを感じにくい状態でより深い筋肉に刺激をおくることができるようになります。

摩擦の次に圧迫という手技をおこないます。圧迫をすることで浮腫みを解消させることができます。浮腫みは血液循環が悪くなったことで発生します。

最後に圧迫振動摩擦をおこないます。これは治癒が止まってしまっているシコリ(筋硬結)の部分に刺激を加えることで治癒を再開させていきます。

これらのことを継続することで筋硬結を小さくし、根本的な治療が出来るのです。

身体の根本から良くするなら、用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.08.28 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピーをおこなっています。

インナーマッスルセラピーは筋肉治療です。筋肉は傷付きやすい組織でできているため日常的に使っているだけでも微小ながら傷ついています。この傷が毎回治りきっていれば肩こりや腰痛になることはないのですが、治りきっていないために慢性的なものになり痛みを引き起こしてくるのです。

筋肉の治りきらない要因は2つあります。

まず1つ目は筋肉の組織の修復速度です。人体の組織の回復速度はそれぞれ違ってきます。一番回復速度が速いのは皮膚・粘膜組織です。角質がぽろぽろとれたりするのは回復のサイクルが早いためです。筋肉はというと回復が遅い分類にあります。

2つ目の原因は傷口に治すための栄養となる血液がしっかり行き届いていないからです。なぜかというと傷ついた周囲の筋肉の正常な筋肉は痛みを抑えるためにギュッと縮こまってしまいます。そうなると周囲の筋肉に血管が圧迫されてしまい、血液が傷口にいきずらくなり、治癒のスピードがさらにダウンしてしまう

ということです。

これら2つのことが要因となり筋肉の治癒が傷つくスピードに追い付かず傷が蓄積されていってしまいます。

傷が治らず慢性化してしまうと治癒が途中でストップしてしまい、シコリになってしまいます。シコリのことを筋硬結といいます。筋硬結からは痛みの物質が放出され、肩こりや腰痛の痛みの原因になります。(プロスタグランジン、ブラジキニンといったいうものです)

痛みが出てきますと、痛みをおさえようとして筋肉はギュッと縮みますので、血管・神経を圧迫してしまいます。そのため、血管が圧迫されてしまうとむくみや冷え、神経が圧迫されてしまいますとしびれや握力の低下が起こります。筋肉はそういった不快な症状にもいろいろなところで関与しているのです!

 

インナーマッスルセラピーは全身の中の30%程度をしめる筋肉を治療法です。

その中でも深層筋治療は、都内でいまだ、3%しかないとされています。

また、用賀駅で唯一の治療法”インナーバイブ治療”というのを確立しました!!

手による治療でなかなか改善しない方も、まだあきらめないでください。

深層筋を治療していけば良くなりますよ!血液循環が改善し、自然治癒力が高まり、治る力がよみがえり、身体が根本から良くなっていくのです。

ご興味のおありの方は、はじめてに限り10分間無料体験も行えますので、お気軽にご連絡ください!!

整体をするなら、用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.08.27 | Category: 未分類

こんばんは!

身体が疲れやすい、常に慢性的にだるい、胃腸の調子が悪い・・・といった身体の悩みは色々ありますね。

身体の調子を整えるなら、ぜひインナーマッスルセラピーを!

私たちのインナーマッスルセラピーという深層筋治療では、筋硬結という様々な不快な症状を出している筋肉を治療することにより、血液循環を改善いたします。

血液循環が改善することにより、”免疫力の向上”、”冷え性・むくみの軽減”、”痛みの軽減”、”運動機能の向上”・・・といった、様々な良いことがあります!

それだけ、血液というものは色々な部分に関わっているのですね。

ただ、血液の状態だけ良くてもダメなのです。循環、つまり全身をグルグルとしっかり巡ってあげられるようになることが必要です。

筋肉は、髪の毛程度のほそ~い繊維が束になっている組織です。なので、ちょっとしたことでも筋繊維が、プチッと切れることはあります。ただ、微小な損傷程度であれば、ほとんど気になることはありません。自覚症状としてあらわれたとしても”ピキッ”となる程度で済みます。

ただ、そんな微小な損傷でもため込んでしまうと・・・やがてその筋硬結という筋肉のしこりになってしまうのです。

筋硬結は、そうやって痛めてしまった部分が、痛みを抑えようとしてギュッと縮こまっているのです。

ギュッと縮こまったままですと、筋肉の中にある血管・神経を締め付けてしまいます。

血管が圧迫されると、当然血液循環が悪くなってしまいますので、、、むくみだとか、冷えだとかになってしまうのです。

痛みも血流が悪いとなかなか消えません。

そういった身体の不快な症状は筋硬結を改善し、血液循環を良くすると驚くほど良くなりますよ!!

 

骨盤をバキバキッと矯正したり、痛みどめのブロック注射などは対症療法になってしまいます。

その場では効果もあるかもしれませんが、、、不快な症状の根本的な部分は繰り返しになりますが筋硬結です。

筋肉はもともと傷つきやすい組織でできていることと血液循環が悪くなってしまうのも重なって傷が治りずらい状態になり蓄積されていったのが慢性的な肩こりや腰痛なのです。

筋硬結からは痛みの物質が放出せれるため周囲の筋肉が痛みを抑えようとして硬くなってしまいます。分かりやすく言うと痛みを抑えるために周囲の筋肉が二の腕で握り拳をつくるように硬くなっっているイメージですなので筋肉のついている骨と骨とが引っ張り合って歪みをつくっているのです

交通事故によるむち打ち損傷には、ようがナチュラル整骨院!むち打ちによる頭痛に注意!

2017.08.23 | Category: 未分類

皆さん、こんにちは。今日は暑い日になりそうですね。8月のお盆は皆さんお出かけはされましたか?お車で外出した人も多かったのではないでしょうか?

テレビを見ていると、必ず交通事故のニュースみます。

交通事故は本当に気を付けないといけませんね。

さて、交通事故で最も多いのが、追突や衝突によるむち打ち損傷です。むち打ち損傷には、いくつか種類があるのですが、その中も最も多いのが

⑴頚椎捻挫型

というタイプのむち打ち損傷です。一言で言ってしまえば、首の捻挫です。

追突やむち打ちによって、首と胴体が前後逆の方向に力が加わる事で首の筋肉などの軟部組織が損傷してしまいます。特に、頸部の深層に位置する筋肉が損傷してしまう事が多いです。

症状としては、首周辺の痛みだけでなく、痺れなど様々な不快な症状を出します。不快な症状としは、頭痛や倦怠感、吐き気、目眩(めまい)が挙げられます。

治療としては、損傷してしまった筋肉などの軟部組織に対して治療をし、そこに治る反応を起こす事が大切です。

低周波治療などの電気治療や、牽引治療などは、この損傷した筋肉に対して十分な治療を施す事が出来ないので、しっかり手技で治療をする事が大切であると考えています。

ようがナチュラル整骨院の深層筋治療(インナーマッスルセラピー)は、むち打ちの症状に対しても非常に効果が出る治療方法です。深層の傷ついた筋肉に対して、直接的に刺激を与える事が出来ます。以下治療の手順になります。

  1. 検査(視診・問診・運動検査・触診)

視診:姿勢や筋肉の膨隆、皮膚の色、湿疹の有無

問診:痛みや不快な症状のある場所の確認

運動検査:痛みの出る動きの確認

触診:筋肉の硬さを確認

上記の流れで、深層の損傷している筋肉を特定します。

  1. 治療開始(摩擦手技)
  2. 治療(圧迫手技)
  3. 検査(視診・問診・運動検査・触診)
  4. 治療(圧迫振動摩擦)
  5. 検査(視診・問診・運動検査・触診)
  6. 治療(圧迫振動摩擦)
  7. 検査(視診・問診・運動検査・触診)
  8. クロージング:治療の説明や、次回以降の来院の説明

これが、基本的な流れです。

文章で書かれていても、良く分からない人も多くいらっしゃると思いますが、上記の手順を踏むことで、確実に治療の効果を出す事が出来ますので、交通事故の症状でお困りの方は、一度ようがナチュラル整骨院にご来院ください。

用賀駅近くのようがナチュラル整骨院のここが他とは違う!

2017.08.22 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピー(深層筋治療)をおこなっています。インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は筋肉治療です。筋肉はとても傷つきやすい組織でできています。なので日常生活の中で使うだけでも少しずつ傷ついています。傷ついたら身体の免疫が働き、傷を治そうとします。しかし、傷ついた筋肉の周囲の正常な筋肉は傷の痛みを抑えようと緊張状態(”ギュッ”と縮こまって硬くなった状態)になってしまっているので筋肉の周囲に走行している血管を圧迫してしまい、治癒に必要な栄養である血液が十分に行き届かなくなっているので治癒が遅くなってしまいます。この状態が長期間続くと治癒が途中でストッップしてしまい傷口は硬いシコリになってしまいます。

このシコリのことを筋硬結といい、痛みの物質を放出し腰痛や肩こりの痛みの原因になったり、五十肩・四十肩の腕が上がりずらいなどの動きの悪さの原因になっています。筋肉は骨と骨に付着しており、筋肉が伸び縮みすることで関節の動きをなしています。筋硬結が痛みを発せることで筋肉が硬くなり、伸び縮みができす動きが悪くなるのです。

インナーマッセルセラピー(深層筋治療)は筋硬結に刺激をおくり身体の自然治癒能力を活発化させ、ストップしていた傷の治癒を再開させ筋硬結を取り除いていくことを目的としています。

インナーマッセルセラピーは3段階の手技で治療していきます。

1段階目 摩擦

摩擦をおこなうことで筋肉の表面の緊張を緩めて奥に刺激を与えやすくしたり、20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネというホルモンが分泌されます。脳内モルヒネが出ることで身体が温かくなったり痛みを感じにくくなるなどの生理学的反応が出てきます。なので施術時に痛みを感じにくい状態でより深い筋肉をしげきすることができるようになります。

2段階目 圧迫

圧迫をすることで浮腫みを取り除き、その奥にある痛みの原因になっている筋硬結を取り除く事を目的としています。浮腫みは浸透圧が原因で発生します。浸透圧とは2つの違う濃度の水が水の成分だけ移動し濃度を均等にしようという働きです。血管内と血管外も同じことが起きています。血管内のほうが濃度が薄く外が濃い状態です。なので血管内の水分が外に移動します。この移動した水の成分が浮腫みになるのです。

3段階目 圧迫振動摩擦

一番奥に存在する筋硬結といわれる痛みの原因になっているシコリです。

頭痛によく効くインナーマッセルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.08.19 | Category: 未分類

頭痛と一まとまりに言っていますが、頭痛にも種類があります。緊張型頭痛や片頭痛、群発頭痛などがあります。この3つの頭痛のうち、インナーマッセルセラピーの適応となるのが緊張型頭痛と片頭痛です。

最も多いのが緊張型頭痛です。

これは、肩こりや首こり、背中のこりが原因で起きてしまう頭痛です。

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピーをおこなっています。インナーマッセルセラピーは筋肉治療です。筋肉は傷つきやすい組織でできているため日常的に使っているだけでも少しずつ傷ついています。傷が毎回治りきっていたら肩こりや腰痛になることはないのですが、日頃の疲労や、運動不足、ストレスなどの影響により、筋肉の傷が毎回治りきる事が無くなってしまいます。治りきらなかった傷は、周囲の筋肉を緊張させて固める事で、痛みが出ないようにかばってしまいます。そうなると、筋肉が緊張状態になり、血液循環が悪くなり、循環障害が起きて、筋肉のしこり=筋硬結が出来てしまうんです。

その筋硬結が出来ると、痛みや不快な症状が出てしまうんです。緊張型頭痛の場合、この筋硬結が存在するのは、首と肩、背中です。具体的な筋肉の名前で言うと、

  • 板状筋
  • 半棘筋
  • 最長筋(頸部)
  • 肩甲挙筋
  • 多裂筋

などが挙げられます。上記のどれかに筋硬結が出来てしまうと、頭痛に悩んでしまう可能性が高くなります。また、酷い人は、上記全てに筋硬結が存在する事もあります。

ようがナチュラル整骨院の深層筋治療は、この筋硬結に対して機械的な刺激を与える事で、筋硬結自体に治る反応を起こす事が出来るんです。頭痛の原因になっている筋硬結を治療をするという事は、根本治療になるんです。

簡単なマッサージや整体では、一度出来上がってしまった筋硬結を取り除く事は出来ません。

根本的な治療をする事が出来るのは、ようがナチュラル整骨院の深層筋治療のみですので、辛い頭痛で悩んでいる人は、是非当院にお任せください。

頭痛は放っておいてしまうと、慢性化が進み、治りにくくなります。

治療をすれば、頭痛は必ず改善します。頭痛をお持ちの方で、何処へ行っても良くならない人は、是非当院の深層筋治療を受けてみませんか?

ただ今、ご希望の患者様は、初診の方限定で、10分間の無料体験も実施しております。まずは一旦治療を受けたい人は、一度当院にご連絡をお願いいたします。(時間帯によっては、お受けできない事もありますのでご了承ください。)

首のこり・肩こりに効果的なインナーマッセルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.08.16 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピーをおこなっています。インナーマッセルセラピーとは深層筋治療とも言われている筋肉治療です。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできて日常的に使っているだけでも少しずつですが傷をつくっているのです。傷ついた筋肉の近くの正常な筋肉は傷の痛みを抑えようと庇いが出て”ギュッ”と収縮し緊張状態になります。傷ついたら治癒の過程が始まります。その治癒に必要になる栄養が血液です。しかし傷の周囲の筋肉の緊張が強いとそこに走行する血管を圧迫してしまい、血液循環が悪くなってしまいます。そうなると傷に十分な血液が行き届かないため傷の治りが遅くなり、これが長期にわたると治癒が途中でストップしてしまいます。治癒が止まってしまうと傷口は硬いシコリになり痛みの物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニン等)が放出され、痛みの原因になります。インナーマッセルセラピーは深層にある痛みの原因のシコリ(筋硬結)にアプローチして治癒の過程を再開させ、血液循環を良くすることで身体に備わっている自然治癒能力を高めることができ、最終的にはある程度自分の治癒能力の力で傷を治せるようになってきます。

インナーマッセルセラピーはこれらの為に手技を3段階にわけて行っています。

1つ目は摩擦といわれる手技で、痛みによっておこった表面の筋肉の緊張を取り除くのと同時に20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネといわれるホルモンが放出されます。脳内モルヒネが出ると身体が温かくなってきたり痛みを感じにくくなったりといった作用が現れ、痛みを感じにくい状態でより深い部分に刺激を与えることができるようになります。

2つ目に圧迫という手技をおこないます。圧迫では表面の筋肉の緊張の下にある浮腫みを取っていきます。浮腫みは血液循環が悪い状態で発生します。なので摩擦で筋肉を緩ませ圧迫で浮腫みを流してあげるということです。なぜ血液循環が悪いと浮腫みが発生するのかという事を説明しましょう!身体の水分濃度の調節をしているのは浸透圧といわれる圧です。浸透圧は濃度の薄い方から後方へと移動し、濃度を均等にしようとする働きです。血液循環が悪くなると血流の流れは遅くなりますね。血管内の血液と血管外の水分の濃度を比較すると血管内のほうが薄い状態です。なので、浸透圧により血管内から血管外へと水分が移動します。その移動した水の部分が浮腫みになって表れているのです。

3つ目に筋硬結に刺激を加える圧迫振動摩擦といわれる手技をおこなっていきます。筋硬結の止まってしまった治癒を再開させるとても重要な刺激です。

「肩こり」の画像検索結果

骨盤矯正は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.08.14 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は骨盤矯正ストレッチを実施しています。骨盤は背骨のバランスの元になっているのに加え、体重のかかり方が左右均等ではなくなるので、左右差が出てきたりして背骨も曲がり腰痛や肩こり、首のこりの原因になってきます。

左右均等でなくなると筋肉にかかる負担が違ってくるので片方の筋肉がより傷つきやすい状態になります。

筋肉はもともと傷つきやすい組織でできているため、日常的に使っているだけでも微小ながら傷をつくっています。傷ついた部分から発痛物質が出るため痛みを感じ、周囲の筋肉がちじこまって血管を圧迫してしまいます。発痛物質は血管内を流れていくため血管が圧迫されると血流が悪くなるため発痛物質が流れずその場に蓄積されやすい状態です。蓄積されると限局した部分に痛みを感じるので「ココが痛い」といった局所的な痛さになるのです。筋肉が縮こまるとその筋肉の付着している骨同士が引っ張り合ってしまいます。長期的に引っ張られる状態が続くと骨ご徐々にずれて歪みが生じてきます。

「骨盤 ストレッチ」の画像検索結果

インナーマッセルセラピーは手技を3段階に分けて治療していきます。

1.摩擦 表面の硬くなってしまっている筋肉の緊張を取り除き緩めてあげることで骨と骨が引っ張り合った状態の改善であったり、奥の痛みや歪みの原因になっているシコリに対するアプローチがしやすくなったり、20分ほど摩擦を続けることで脳から脳内モルヒネといわれるホルモンが分泌され、身体が温かくなったり痛みを感じにくくなったりといった生理学的反応が出てきます。そうすることで痛みを感じにくい状態でより深い部分に刺激を加えることができるようになります。

2.圧迫 表面の筋肉の緊張の下の層に存在する浮腫みを取り除いていきます。浮腫みは血液循環が悪くなることで発生します。筋肉の緊張が強くなると周囲に走行している血管を圧迫してしまい血液循環が悪くなり血液の流れが悪くなることで血管外にあるアルブミンという物質が水分を引き寄せる力が強くなるため血液の水の成分が外に漏れ出てしまいます。漏れ出た水分が浮腫みになっているので血液循環を良くし、圧迫して流してあげることで改善させることができます。

3. 圧迫振動摩擦 痛みや歪みの原因になっているシコリ(筋硬結)にアプローチしていきます。シコリからは痛みの物質が放出されており、痛みを抑えようとして筋肉が緊張し、姿勢の歪みが発生し、長期にわたると背骨や骨盤の歪みにつながります。このシコリをしっかりと取り除き、姿勢の根本的完全を目指しましょう!

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2017.08.14 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピーをおこなっています。腰痛の原因のほとんどは筋肉が原因です。腰には脊柱起立筋という姿勢維持に関わっていたりバランスをとったりという重要な役割を担っています。筋肉は傷つきやすい組織でできています。日常的に使うだけでも筋肉は少しずつ傷ついています。毎回その傷が治りきっていれば痛みやコリが発生することはないですが、治りきらずに傷が積み重なっていくと腰痛になってしまうのです。

「腰痛 ストレッチ」の画像検索結果

傷ついた筋肉の周辺の筋肉は傷をかばおうとギュッと硬く収縮してしまいます。筋肉が収縮するとそこに走行していた血管が圧迫して血流が悪くなります。傷を治すためには栄養となる血液が必要になります。筋肉により血管が圧迫されて傷口に栄養が十分におくることができず、治りが遅くなってしまったり、慢性的にその状況が続くと治癒が途中で止まってしまいます。治癒が止まってしまった傷口は硬いシコリになって痛みの物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニン等)を放出します。そうなると筋肉が痛みに反応し硬く収縮しますます血液の流れが悪くなるという悪循環が起きます。血液循環が悪いと発痛物質が流れることなく蓄積されていくので痛みが強くなったりします。なのでまずは筋肉をしっかりとほぐしてあげることで血液循環を改善し発痛物質を流すとともに治癒が止まってしまっている傷口に血液が回りやすいように下準備をしてあげることが重要です。

血液循環が良くなったことで治癒が再開するのかというと、それだけでは足りません。

シコリ(筋硬結)にしっかりとアプローチしてあげることで止まっていた治癒の過程が再開するのです。

治癒の過程で必ず必要になるのが炎症です。炎症と聞くとあまり良い印象を持たれないかもしれませんが、身体の中で起こる炎症は傷ついた筋肉に治癒に必要な栄養である血液を集めさせたり身体の免疫力を上げたりといった作用があります。

インナーマッセルセラピーの手技は3つの段階に分かれています。

1.摩擦 摩擦をおこなうことで表面の筋肉の緊張を取り、奥に刺激を与えやすくするのに加え20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネといわれるホルモンが分泌され、身体が温かくなってきたり痛みを感じにくなるという生理学的作用が出てきます。

2.圧迫 表面の筋肉の緊張の下の層にある浮腫みを取り除きます。浮腫みは血液循環が悪くなることで発生します。なので血液循環が悪くなっている腰や肩にも発生します。

3.圧迫振動摩擦 シコリ(筋硬結)にアプローチし、炎症を再開させ根本治療を目指します。

ヘルニアでお困りの方は用賀駅近くの当院へ!

2017.08.12 | Category: 未分類

こんにちは!ヘルニア、、、頸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア。どちらも主に、しびれや痛みなどが出てきたとてもお辛い症状ですね。ヘルニアとは、椎間板(背骨の一部)の髄核と呼ばれる部分が飛び出てしまい、それが触れて神経症状を呈してしまうものをいいます。えっ、神経の悪さ・・・じゃあもうよくならないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞご安心ください。ヘルニアは骨の問題ではありますが、筋治療で良くなりますよ。

私たちの筋治療、インナーマッスルセラピーは深層筋部分の根本治療を目指しています。

ヘルニアのご症状の方の場合でも、効果があります。

主には首・肩・背中・腰・でん部を中心に施術していくことが多くなると思います。

表面的なマッサージのみではなく、深層部までの施術をおこないますから、根本的なところまでを良くしていく目標で行っていきます。

 

筋硬結(きんこうけつ)とよばれる通称”コリ(しこり)”を除去していくのです。

筋硬結をとっていかない限りは何回も何回も状態が戻ってしまいやすいです。

できるだけ良い状態が長持ちするためには、その筋硬結自体が小さくなる、やがては0になることが大事です。

詳しい説明は、実際の治療をぜひお受けになってみてください!!

 

インナーマッスルセラピーを施すことによって、循環障害が改善されます。

自然治癒力が向上し、貪食作用(どんしょくさよう)がおきてきます。

貪食作用とは、悪いところを修復しようと白血球などが働く作用のことをいいます。

なんと、、、自然治癒力が向上すると、そのヘルニアとなっている部分に貪食作用が働き、ヘルニア自体が良くなっていくとされています!!

インナーマッスルセラピーは、筋肉にだけ効果があるものではないのです。

ですので、ヘルニアは手術しないとよくならないから・・・といって諦めないでください!

私たちが最後の砦になります。

深層筋治療は都内で3%、全国で7%しかない治療法です。

最近では私たちの指以外での治療器具、用賀駅で唯一の治療器具、”インナーバイブ”も使うことができるようになりました!!

インナーバイブ治療ははまだ都内でもなかなか取り扱っている院はないと思います・・・用賀では唯一です!

ご興味のおありの方は、ぜひいつでもお気軽にお電話ください!スタッフが丁寧にお答えいたします。

初回にかぎり10分間までの無料体験も行うことができますので、お気軽にご質問ください。

 

腰痛に効果的なインナーマッセルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.08.09 | Category: 未分類

皆さん、おはようございます!今日は、今年一番の暑さになるようですね。台風も過ぎ去り、夏本番ですね。

さて、用賀ナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋治療)を取り扱っています。
インナーマッセルセラピーは筋肉治療です。筋肉は傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも微小な損傷を起こしています。「一日歩き回って足の筋肉使いすぎて疲れた感じがする」「ずっと座り仕事をしていて首・肩・腰が痛い」『立ち仕事で、背中や腰が痛い。違和感がある』というのは筋肉が傷ついていたり、長時間同じ態勢でいて固まって伸び縮みできなくなってい筋肉が無理やり動かされ、傷つきやすい状態なのです。

大抵は、慢性腰痛や肩の痛み、背中の痛みが出てしまいますが、急に症状が出てしまう時には、ぎっくり腰や寝違えなどの急激な痛みが出てしまいます。

当院では、慢性的な腰痛だけでなく、急性腰痛(ぎっくり腰)の治療を得意としております。

腰痛の原因になっている筋肉(深層の筋肉で、筋硬結というしこり)を触り分けて治療をする事が出来る治療方法を提供しております。

その筋肉を触り分けるには、高い技術と経験が必要です。

私達、ようがナチュラル整骨院のスタッフは、充実した社内研修や外部研修を受講したスタッフのみが治療をする事が出来ます。

皆様の辛い症状を改善する為に、必要な知識や技術を有したスタッフしかおりませんので、安心して治療を受ける事が出来ると思っております。

治療の手順としては、

  1. 筋肉の表面の緊張を取り除く(筋スパズムの除去)
  2. 筋硬結によって発生した浮腫みを取り除く
  3. 筋硬結に対して、適切な治療刺激与える事で、神経性炎症を起こす

が流れです。

筋硬結に対して適切な刺激を与える事で、神経性炎症を引き起こす事が出来ると、以下の反応が起きます。

  • 血管反応:血液循環が改善する事で、疲労物質や痛みの物質が流れる。
  • 免疫反応:自然回復力が高まり、筋硬結が元に戻ろうする力が向上する。

私達が提供する深層筋治療は、上記のような反応を筋肉に起こして、辛い痛みや不快な症状を取り除く事が出来る治療方法です。また、その痛みや症状の原因を治療しているので、症状の根本改善ができる治療方法なので、辛い腰痛などにお困りの方は、是非当院にお越しください!!

ただ今、無料体験も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフも活躍したおりますので、女性施術者希望の方も是非!

インナーマッセルセラピー(深層筋治療)は首こり肩こり腰痛に効果的!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.08.05 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピー(深層筋治療)を取り扱っています!

インナーマッセルセラピーとは筋肉治療です。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常的に運動して使っているだけでも微小ですが傷をつくってます。この傷が毎回治りきっていれば首や肩こり、腰痛などの痛みを起こすことはないのですが、何らかの原因で治りきらない状態になっていると考えられます。傷ついた筋肉の周囲の筋肉は傷をかばおうとして収縮し硬くなります。硬くなるとそこに走行していた血管を圧迫してしまい、血行障害がおきます。血行が悪くなると傷口に治癒に必要な十分な血液を送ることができないため治癒が遅くなったり、それが慢性化すると治癒が途中でストップしてしまい、傷口は硬いシコリになってしまいます。このシコリのことを筋硬結といい、根本的な痛みの原因となっているものです。シコリ(筋硬結)から痛みの物質が放出せれ、その痛みから逃れようと周囲の筋肉が収縮し身を守ろうとしてしまい、表面の筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなるというのは柔軟性の低下を意味します。筋肉の柔軟性が低下すると「身体がかたい」といった自覚症状がでたり、筋肉が傷つきやすい状態のためぎっくり腰のきっかけになったり、スポーツ障害(オスグット・アキレス腱断裂・肉離れ)が起きる可能性がぐんと上がります。インナーマッスルセラピーでは最初に摩擦という手技をおこなうことで収縮した筋肉をしっかりと緩めていきます。筋肉を緩めてあげることで奥に刺激が入りやすくなるのに加え、締め付けられている血管が解放され血液循環が改善され傷ついた部分の治癒が促進される事もできます。この摩擦を20分ほど続けると脳から脳内モルヒネというホルモンが分泌され身体が温かくなってきたり痛みを感じにくくなるといった生理学的反応が出てきます。そうすると痛みを感じにくい状態でより深い筋肉までアプローチすることができるようになります。

筋肉が硬くなっている下に血行が悪くなっていたことで発生した浮腫みというのがあります。この浮腫みは一般的に言われやすい足の浮腫みと同じ理由で起きます。その理由というのが浸透圧の問題です。

※浸透圧・・・濃度が濃い水(血管外)と薄い水(血管内)があり、浸透圧はこの2つの濃度を均等に保とうと濃度の薄い血管内から血管外の濃度の濃い方へと水が移動する働きのこと。

当院では、無料体験も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

骨盤矯正なら用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.08.02 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は骨盤矯正とインナーマッセルセラピー(深層筋治療)をおこなっています。

骨盤はとても重要な役割を担っています。特に身体のバランスを取るために必要になってきます。骨盤が上下でずれると足の長さが変わり、膝や腰にかかる負担も左右で変わってきます。

「骨盤 腰痛」の画像検索結果

筋肉は傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも微小な損傷を起こしています。この損傷が毎回治りきっていれば腰痛などの痛みが出ることはないのですが、何らかの原因で治りきっていないため痛みが発生しているのです。その原因を説明させていただきます。傷ついた筋肉の周囲の筋肉が痛みを抑えようとして”ギュッ”と収縮します。筋肉が収縮するとその周囲にに走行している血管を圧迫してしまい、循環障害が起きてきます。傷を治すための栄養となるのが血液なので傷口の周囲が循環障害を起こしていると十分に栄養を送ることができないため治りきらない状態が続くのです。これが長い期間続き、慢性化すると治癒が途中でストップしてしまい傷が硬いシコリになってしまいます。

このシコリは筋硬結と呼ばれていて、痛みの物質を放出します。痛みの物質が出ることによって痛みを抑えようと筋肉が収縮してしまうため表面の筋肉が硬くなってしまいます。つまり、傷が実際付いてしまったことによる事と痛みの物質が放出せれたことで筋肉が収縮し硬くなってしまい、血管を圧迫して血行が悪くなっている状態です。筋肉が硬くなると筋肉が収縮しているとシコリに刺激がとどかないため、まず初めに表面の筋肉のかたくなっていう筋肉をほぐしていかなくてはいけません。インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は摩擦という手技を最初に行うことでそれを取り除きます。その下に浮腫みがあるので、しっかり圧迫という手技で取り除く事で筋硬結にアプローチしやすい状況をつくります。浮腫みは何故発生するかというと、血液循環が悪くなっているからです。筋肉が硬くなって血管を締め付けて血流が悪くなり流れるスピードが遅いと浸透圧により血管内の水分が外に漏れ出してしまいます。

※浸透圧・・・濃度が濃い水、薄い水があったとして、この2つの濃度を均等に保とうとしたとき薄い水から濃い水へ水が移動すること。

これらの下準備をしたのち圧迫振動摩擦という手技で筋硬結に刺激を加え止まっている治癒の過程を再開させていきます。

これが骨盤矯正の重要性と腰痛の原因、インナーマッスルセラピーでどう改善させるかということです。

 

交通事故による怪我は、筋治療のようがナチュラル整骨院へ

2017.07.30 | Category: 未分類

皆様、こんにちは!!!
交通事故による怪我人は、非常に多くいらっしゃいます。

中でも最も多いのが、むち打ち損傷です。むち打ちの中でも、頚椎捻挫型というタイプが80%を占めております。
これは、いわゆる首の捻挫であり、首に付着している筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷している状態です。
症状としは、首の痛みのみならず、背中や肩の痛み、首の関節可動域制限がほとんどですが、重症の人は、自律神経症状が出てしまいます。
例えば、頭痛や全身倦怠感、痺れ、目眩、吐き気、ふらつき・・・。様々な症状が出てしまいます。

これらの症状があると、脳などの傷害、神経の損傷を疑う人も少なくありませんが、多くの場合の原因は、
『筋肉』なのです。
私達は、深層筋治療を提供しており、これらの症状を取り除く事が出来るんです。

電気治療(低周波治療)や温熱治療(赤外線治療など)だけでは、交通事故治療においては、不十分と考えております。それは、交通事故による怪我の場合(むち打ち損傷を含む)負傷した筋肉の位置が深層に位置する事が非常に多く、電気治療や温熱治療だけでは、深層まで治療をする事が難しいからなのです。

一方、私達が提供している深層筋治療は、表面の筋肉から、深層の筋肉まで細かく触り分け、治療をする事が出来る治療方法で、非常に高い効果が期待できます。

辛い交通事故による怪我を早く治して、交通事故前の健康な状態に戻る為にも、適切な治療をしっかり受けてください!

では、交通事故の合ったときに、しなけらば行けない事をご紹介いたします。
これをしないと、交通事故治療を保険を使って受けれない事もありますので、お気をつけてください。

  1. 警察に通報する。
  2. 救急車を呼ぶ
  3. 保険会社に連絡する。
  4. 会社に報告をする。
  5. 自宅(ご家族)に連絡する。
  6. 病院に行く。

大きく分けると、以上になります。

幸いにも、大きな事故にならずに、何処にも症状が出ない場合の人に多いのは、1の警察に通報をしないという事です。

警察を呼ばないと、交通事故として処理をされずに、自賠責保険などの自動車保険を使用できない可能性が出てきます。その場合、事故による興奮状態で感じにくくなっていた身体の痛みが翌日に出てきてしまったら、大変です。保険を使えない可能性があります。

私達ようがナチュラル整骨院は、交通事故認定治療院です。

経験や知識が豊富のスタッフが多数在籍し、事故治療に自信がありますので、もし万が一事故に合ってしまったら、当院にご来院下さい。

腰痛に効果的な治療法インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.07.30 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピー(深層筋治療)をおこなっています。

インナーマッスルセラピーとは深層に存在する腰痛の原因である筋硬結を取り除く事を目的としています。

筋硬結とは筋肉が傷ついて治りきらない状態になってシコリになっている状態です。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできています。日常的に使うだけでも傷つき、治癒と損傷を繰り返しています。

傷ついた筋肉の周囲の筋肉が痛みを抑えようとして緊張(緊張状態)になり硬くなります。筋肉が収縮して硬くなると周囲に通っている血管を圧迫してしまいます。治癒をするためには血液という栄養が必要になるので血管が圧迫されてしまうと傷口に十分な栄養を送ることができなくなり、治癒が遅くなってしまったり、それが慢性化すると治癒が途中でストップしてしまいます。治癒がストップすると傷の部分はシコリ(筋硬結)になって痛みの物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニン)を放出しだします。これが腰痛の痛みの原因なのです。

治癒の過程で必ず必要になるのが炎症です。炎症と聞くとあまり良いイメージは持たれないと思いますが、身体の中で起こる炎症は傷口に血液を集めて栄養をたくさん回すことで治癒を早める作用があります。しかし、筋肉が硬くなり筋肉が血管を圧迫してしまうと炎症が途中で止まってしまうのです。インナーマッスルセラピーはシコリ(筋硬結)にアプローチして再び炎症を再開させることで治癒を促進し、シコリ(筋硬結)を徐々に取り除いていくことを目的としています。
その為にインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は深層に筋肉まで刺激を伝えるために手技を3段階に分けておこなっています。
1つ目に摩擦という手技をおこなっています。摩擦をすることで表の筋肉を緩め、深層の筋肉に刺激を加えやすくするのに加え20分ほど摩擦をすることで脳から脳内モルヒネというホルモンが分泌されます。脳内モルヒネが出ることで痛みを感じにくくなったり身体が温かくなってきたいといった生理学的反応がでてきます。そうすることで、深い筋肉に刺激を加えているときも痛みを感じにくい状態で施術を受けていただくことができます。
2つ目は圧迫という手技で浮腫みを取り除きます。浮腫みは血液循環が悪くなった状態のときに発生します。浸透圧によるものです。浸透圧は濃度を均等にしようという働きで、薄いほうから濃いほうへ水が移動していくことです。血管外のほうが濃度が濃いため水が血管内から外へ出て行ってしまうのです。外に漏れ出た水が浮腫みになってしまいます。
3つ目は圧迫振動摩擦で、シコリ(筋硬結)に刺激を加えて止まっている炎症を再開させていきます。

10分間無料体験も実施中です!是非お越しください!

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.07.26 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピーという筋肉治療をしています。腰痛や肩こりの原因のほとんどは筋肉です。ヘルニアは背骨の骨と骨との間にあるクッションが潰されてクッションの核が飛び出てしまうことで神 経を圧迫し痺れなどの症状が出る疾患ですが、痛みによって生じた筋肉の緊張をとり痛みを改善させることができるのが筋肉治療です。痛みを感じると筋肉は痛みを和らげようと”ギュッ”と収縮し、緊張状態になります。筋肉は傷つきやすい組織でできており、使うたびに筋肉は微小な傷をつくってしまっています。なので収縮状態になった筋肉は傷をつくっている状態です。

傷の周囲の筋肉もかばいが出て緊張状態になっているので最初にほぐして緊張を取らないと刺激が奥にはいらず急な刺激に筋肉がビックリして緊張が強くなってしまう場合もあります。なので最初にほぐすことが重要なのです。

筋肉の傷が毎回治りきっていたら腰痛や肩こりは起こらないのですが、筋肉は人体の中でも回復速度が遅いので時間がかかるのに加え、傷の周囲の筋肉が緊張しているため栄養を送る血管が筋肉に圧迫されて血行障害が起き、十分な栄養がおくれなくなっています。この2つの原因により傷の治りが遅くなったり、慢性化すると治癒が途中でストップしてしまうので腰痛の下地になってしまうのです。

インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は、このような症状に対して、絶大な治療効果を出す事ができます。

表面の筋肉の緊張を取り除く手技を提供し、深層へのアプローチ(筋硬結)をしやすい状況を作り、適切な刺激の強さで、この筋硬結を治療をする事で、根本的な治療をする事ができます。

簡単なマッサージや、整体、カイロプラクティック、物理療法(低周波治療や赤外線など)では、表面の緊張をある程度取り除く事は出来ても、深層筋にある筋硬結に対しては、治療をする事ができません。

症状を改善したり、症状を再発しないようにするには、筋硬結に対して的確に治療をする必要があるんです。

ただ今、ようがナチュラル整骨院では、初めての患者様に対して(ご希望の方に限る)無料体験も実施しております。

まずはどんな治療なのかを、身体で試してみたい人は、お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、誠心誠意治療させて頂きます。

交通事故治療が得意なのは、深層筋治療院のようがナチュラル整骨院です!

2017.07.22 | Category: 未分類

おはようございます。

皆さん、交通事故は1日何件起きていると思いますか?

数年前のデーターだと、1日に2000件近くの交通事故が発生しています。当然、交通事故による怪我も1日2000人を超えています。怖いですね。事故に合わないように、常に注意して車の運転や、自転車の運転に気を付けないといけませんね。また、歩行中でも安心しないで、注意を払いながらでないといけませんね。

さて、交通事故でもっとも多いのが、追突や衝突です。その為に、怪我で最も多いのも、むち打ち損傷です。むち打ちの中でも最も多いのが、

①頚椎捻挫型 というタイプのむち打ち損傷です。このタイプ以外でも

②神経根損傷型

③脊髄症状型

④バレ・リーユー型

⑤脳脊髄液減少症

があります。

頚椎捻挫型は、むち打ち損傷の中でも約70%を占めると言われています。その名のとおり、首の捻挫で、頚椎を支えている筋肉や靭帯が損傷している型になります。

私達、ようがナチュラル整骨院で実施している治療方法は、『深層筋治療(インナーマッスルセラピー)』で、むち打ちなどの辛い痛みや不快な症状を出している原因になっている筋肉を治療する事ができる数少ない治療方法です。特に、むち打ち損傷だと、損傷部位が深層に位置するのと、筋肉の細かい場所での損傷が起きている事が非常に多いです。治療自体も非常に難しい損傷なので、より高い技術と、効果的な治療をする事が必要とされます。

ようがナチュラル整骨院では、事故治療に対しては、技術と経験、知識が豊富なスタッフ(院長や社内技術講師、エリアマネージャー)が治療をさせて頂きますので、安心して治療を受ける事ができます。

むち打ち損傷などの辛い痛みや不快な症状に対して、適切な治療を適切な期間で、治療を受けないと、慢性化してしまい、長期間同じ辛さで悩むことになりますので、むち打ち損傷などに合ってしまったら、早めにようがナチュラル整骨院の深層治療を受けましょう。

会社で整骨院運営をしているので、様々ななバックアップ体制もあります!

例えば、加害者(保険会社)ともめそうになったら、顧問弁護士の相談を受ける事もできます。

まずは何かお困りの事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピーは用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで!

2017.07.22 | Category: 未分類

「腰痛」の画像検索結果

インナーマッセルセラピーは深層筋治療ともいわれる筋肉治療です。筋肉はとても傷つきやすい組織でできているため、日常的に使うだけでも微小ながら傷を作っています。この傷がしっかり治りきっていれば腰痛や肩こりにはならないのですが、筋肉は人体の中でいうと治癒の速度が遅い分類に入ります。それに加え、傷ついた筋肉の近くは痛みを抑えようと、かばいが生じ傷ついた筋肉の周囲の筋肉が”ギュッ”と収縮して緊張状態になります。

筋肉が緊張状態になると周囲に走行する血管が筋肉によって締め付けられて血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなるということは傷口に治癒に必要な栄養となる血液が十分供給されなくなるため治癒が遅れたり途中でストップしてしまいます。治癒が止まると傷はシコリ(筋硬結)になり痛みの物質(ブラジキニン・セロトニン・ヒスタミン)を放出します。これらの痛みの物質により筋肉がますます緊張状態になり腰痛の痛みが出てくるのです!

インナーマッスルセラピー(深層筋治療)の目的はシコリ(筋硬結)に刺激を入れて止まっていた治癒を再開させ、最終的に筋硬結を取り除く根本治療をしています。

筋硬結は深層の筋肉に存在しています。なので表面の筋肉の緊張を最初に取り除かなければ刺激が奥にはいらないため緩める必要があります。インナーマッスルセラピーは摩擦という手技で筋肉の緊張を取ります。摩擦のメリットはそれだけでなく、20分ほど摩擦を続けることで脳から脳内モルヒネというホルモンが放出され痛みを感じにくくなったり身体が温かくなってきたりします。モルヒネときくと麻薬を思い浮かべると思いますが、モルヒネと似た効果があるホルモンなのでそう呼ばれています。

筋肉の緊張の下にはむくみが存在します。浮腫みはどうして起こると思いますか?実は血行が悪くなったことによって浮腫みは発生します。何故かというと、筋硬結がある部分の周囲の筋肉は緊張状態で血管を圧迫している状態と上記でも説明した通り、血管が圧迫された部分はその先に通常通り進めず停滞状態になります。そうなると浸透圧により血管外の濃度の濃いほうに血管内の水の成分が引っ張られます。要するに血管からそとに水の成分が漏れ出してしまうということです。この血管外に出てしまった水分が浮腫みになるのです。

この浮腫みを取り除く事でより筋硬結にアプローチしやすい状態にして次に圧迫振動摩擦という手技で筋硬結に刺激を与えていきます。圧迫振動摩擦が本当の治療といえるでしょう。

頭痛を治すには、深層筋治療で有名なようがナチュラル整骨院!

2017.07.22 | Category: 未分類

おはようございます。整骨院で頭痛治療をしているのを、ご存知ですか?頭痛になると、病院に行く人が多いと思いますが、その多くの人が『緊張型頭痛』と診断されます。

この緊張型頭痛とは、頭の回りを何かで締め付けられてるような鈍い痛みが、30分以上続くと言われています。酷い人は、何日も痛みが続いてしまいます。

『アイアンクローをされている』『何かで締め付けられている感じ』『ヘルメットをかぶったような』と表現される方が多いです。同時に、首や肩の強い凝り感、目眩、ふらつき、全身のダルさなどを伴うことも多くあります。毎日頭痛が続く『慢性緊張型頭痛』と、時折頭痛が出る『反復性緊張型頭痛』とがあります。

では、何故頭痛がでてしまうのでしょうか?

それは、首筋から肩にかけての筋肉が収縮してしまい、いわゆる凝った状態になり、頭痛が起きます。ようする、首筋から肩にかけての血液循環の悪さが頭痛を起こしてしまうんです。

筋肉の緊張が強くなると、筋肉内の血流が悪くなり、筋肉に乳酸やピルビン酸などの老廃物が溜まります。それが、周囲の神経を圧迫し、締め付けられるような痛みを起こしてしまいます。

首筋から肩にかけての筋肉が収縮してしまい、血流が悪くなってしまった要因は、個人個人違いますが、

一言で言うなら、『身体的なストレスと精神的なストレス』が大きな要因何です。

身体的なストレス:長時間のデスクワーク(首を少し下に倒したままでの、長時間のパソコン仕事、うつ向き姿勢、車の運転などの不良姿勢を長時間続ける事)

精神的なストレス:仕事や家庭でのストレス

このようなストレスがかかると、筋肉や神経の緊張を高めてしまい、頭痛の要因になってしまいます。

では、どうやって治療をするか?というと、悪くなった筋肉を治療をして、正常な状態に戻してあげる事が大切なんです。

凝り固まった筋肉を、しっかり治療をする事で、血液循環を改善する事が必要です。

私達、用賀駅のようがナチュラル整骨院では、深層筋治療をしております。首や肩の固まった筋肉に対して、適切な刺激を与えて治る反応を起こし、頭痛を改善する事ができます。頭痛を出している原因の筋肉を、問診や視診、触診、運動検査をする事で特定して、その方の頭痛の原因になっている筋肉を治療をする事が出来るので、驚くほど効果が出る治療方法です。

曜日や時間によっては、無料体験も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピー!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2017.07.21 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピーをおこなっています。インナーマッスルセラピーとは筋硬結といわれる痛み、コリの原因となっているものです。この筋硬結は筋肉が傷ついて、治癒ができていないことで生じます。筋肉は傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも少しずつ傷をつくっています。傷ついた筋肉の周囲の筋肉は痛みを抑えようとしてかばいがおきて筋肉が緊張状態になり硬くなってしまいます。筋肉の緊張のことをスパズムといい、傷ついた深い筋肉だけではなく浅い表面の筋肉にも発生します。スパズムは慢性化すると緊張が強くなり広範囲に及んできます。

腰痛の痛みの原因になっている筋硬結は筋肉が治癒できていない状態というお話をしました。ようするにしっかり毎回傷が治りきっていれば筋硬結もできることなく痛みが出ることはないということです。

筋肉は筋連結といい、筋膜レベルで隣の筋肉と繋がって補助の役割を果たしたりしているため一つ化け筋肉が悪くなるのではなく隣の筋連結で繋がっている筋肉まで悪くなってしまうのです。

腰痛の原因は筋肉であることがほとんどです。筋肉といってもたくさんの種類がありますが、腰の筋肉で特に悪くなりやすいのが脊柱起立筋といわれる筋肉で姿勢の維持に必要不可欠な筋肉です。立っているだけではなく座っているときも脊柱起立筋は姿勢維持のため働いているのです。脊柱起立筋は後頭部から骨盤にかけて伸びる大きな筋肉です。大きな筋肉である分たくさんの筋肉とも筋連結があります。例えばお尻の大臀筋・中臀筋・小殿筋、肩甲骨周りだと菱形筋、肩甲挙筋などになりますが、どれも日常的に多く使われる筋肉ばかりです。

我々のおこなっているインナーマッスルセラピーは痛みによっておこった表の筋肉の緊張(スパズム)をとることでより深い筋肉に刺激を与えられるようにし、下にある浮腫みを取り除く事でその下にある筋硬結にアプローチしやすくする3段階の手技で筋肉治療をしています。

ここで、腰に浮腫みなんてあるの?と考えたかと思いますが、浮腫みは存在しています。

浮腫みはなぜ発生するのかといいますと、血行が悪くなっていることが大きな原因です。

筋肉が緊張が強い状態になると筋肉の周囲の血管が筋肉によって”ギュッ”と締め付けられ血液循環が悪くなってしまいます。血液循環が悪くなると血流の流れが遅くなるのは想像できますか?流れが遅くなるということは水分が同じ場所に停滞する時間が長くなります。毛細血管は細胞と常に栄養などの物質を交換しているため通り抜けしやすい構造になっています。血流が停滞すると浸透圧の問題で濃度の濃いほうに水が引っ張られるため水分が血管外に出てしまいます。その血管外に引っ張られた水分が浮腫みの正体なのです。

 

肩こりを解消させるインナーマッスルセラピー(深層筋治療) 用賀駅近くの用賀ナチュラル整骨院

2017.07.19 | Category: 未分類

関連画像

肩こりの原因は筋肉です。筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも傷ついています。傷ついた部位の筋肉は傷をかばおうとし、”ギュッ”と硬くなり緊張状態になってしまいます。緊張状態になると血管が筋肉に圧迫されてしまうため、血液循環が悪くなります。血液循環が悪いと傷口に十分栄養がおくれないため、治癒が遅くなり最終的には治癒が途中で止まり慢性化につながるのです。慢性化すると傷口は硬いシコリになります。このシコリのことを筋硬結といい、痛みの物質(ブラジキニン、セロトニン、ヒスタミン)を出して悪さをします。

上記で言っている治癒とは炎症のことです。炎症と聞くとあまりいいイメージがないかもしれませんが、炎症は傷ついた部分に血液を集め治癒を早める力があり、治癒の過程で必ず起きていることなのです。

インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は炎症が止まっている部分に刺激を加え、炎症を再開させることを目的としています。炎症を再開させて血液循環を促進し、治癒の過程を再開させることで筋硬結といわれるシコリを小さくして除去していく根本治療を目的としています。

特に暑い時期は仕事中ずっとクーラーにあたっていたり、寝るときにクーラーを付けっぱなしで身体が冷えてしまうことが増えています。身体は冷えから身を守りために筋肉が縮こまって硬くなってしまうため、筋肉が緊張状態になります。緊張状態ということは筋肉が使われている状態なので傷をつくってしまいます。

筋硬結のある部分は3層構造になっています。一番表に存在しているのが筋肉の緊張(スパズム)です。上記で説明した痛みを抑えるためのかばいによる筋肉の緊張です。2層目は浮腫みです。浮腫みは血液循環が悪くなっている部分に発生します。3層目の深い部分に痛みの原因である筋硬結が存在しています。筋硬結をしっかり取り除き根本治療をしていきましょう!

2層目の浮腫みですが、どうして起きると思いますか?

それは血液循環が悪くなっていることが原因です。循環が悪いと血液の流れが遅くなるのは想像できますか?流れが遅くなると浸透圧の問題で血管の外に水分が出て行ってしまうのです。その出ていった水分が浮腫みの原因です。

1層目の筋肉の緊張(スパズム)2層目の浮腫みをしっかり取り除く事で筋硬結にアプローチしやすくしています。それがインナーマッスルセラピーなのです。

ご来院を心からお待ちしております!

ロコモーティブシンドロームを予防しよう! 用賀駅の近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.07.17 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は我々が専門としている筋肉治療(インナーマッスルセラピー)と組み合わせたロコモ予防メニューを実施しております。

 

 

ロコモメニュー導入はロコモ予備群の40代女性が急増しているのがきっかけとなりました。40代女性にロコチェックという簡単な試験をおこなったところ約70%の方が予備軍だという結果になりました。

ロコモーティブシンドロームになるとどうなってしまうのか?そもそもロコモーティブシンドロームとは何なのか?といいますと、簡単にいうと筋力の低下です。最近エレベーターやエスカレーター、電車や車が発展し、歩く機会がどんどん少なくなっています。楽になるための発展は止めることができませんが、同時に筋力低下も止められません。人体の中で一番筋力が低下しやすいのは太ももです。太ももは歩くとき足を上げてつまずかないようにする筋肉です。この筋肉が低下するとつまずきやすくなり、怪我のもととなります。特に女性はホルモンの影響などで骨粗鬆症になっている方が多くいらっしゃるので、骨折の可能性も十分に考えられます。

歩けなくなり、寝たきりになってしまうと老化もどんどん早くなります。

ロコモーティブシンドローム(運動器症候群)は2007年に日本整形外科学会が提唱した概念で、筋力低下により介護が必要となるリスクが高い状態のことです。

メタボリックシンドロームは見た目である程度判断できることもあって、たちまち世間に浸透しましたが、ロコモーティブシンドロームは見た目では判断しにくく、自分の筋力が低下しているということを自覚しているかたも少なかったため今まで世間にあまり知られてきませんでした。

 

8つのロコモの兆候をチェック!!

1、片足立ちで靴下がはけない

2、家の中でつまずいたり滑ったりする

3、2キロ程度の買い物をして持ち帰るのが困難である(1リットルの牛乳パック約2個分)

4、家のやや重い物が運べない(掃除機の使用、布団の上げ下ろし)

5、15分くらい続けて歩くことができない

6、階段を上るのに手すりが必要である

7、横断歩道を青信号でわたりきれない

8、↓

「ロコモ」の画像検索結果

これらに1つでも該当したらロコモ予備軍となります。

 

不安な方に必見!!ロコモ予防に効果的なトレーニングメニューを導入しました!

IMT(インナーマッスルセラピー)+スロトレ(筋力アップトレーニング)+ストレッチ

IMTは深層筋治療ともいい、痛みや筋力低下の原因を除去

スロトレは近畿大学准教授 谷本道哉先生監修のもとあみだされた方法で、週に2~3回行うことで効果が出るという統計が取れました!2~3回のうち1回は当院でおこない指導をしていきます。そして1カ月に1回筋肉量と骨量を計り明確な筋力アップを目指します!

 

 

交通事故後の治療なら用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.07.16 | Category: 未分類

こんにちは!交通事故後の治療は、当院におまかせください!!

当院のインナーマッスルセラピーでは、深層筋治療とよばれる身体の深い部分への治療をおこなっております。

交通事故の症状は、身体の深い部分までへのダメージが行ってしまうケースが大半なので、単なるストレッチやマッサージだけでは良くなりません。

本腰を据えて、治療をしていく必要があります。

交通事故はその場では一見何もないように見えて、季節の変わり目などで出てくるケースがよくあります。

我慢は禁物です!!

むち打ちで首を痛めているかもしれませんし、追突のショックで腰を痛めているかもしれません。

放置して慢性化してしまうととても怖いものです。

 

当院では過去に交通事故の患者様も多くご来院されていて、実績もあります。

保険会社への交渉なども私たちにお任せください。

お話をお伺いしながら、検査をおこない実際にお辛い場所をしっかりと確認していきます。

実際に事故を経て出てきた症状があれば、交通事故治療としてその部位の治療は行うことも可能なのです。

何でもお気軽にご相談ください。

 

インナーマッスルセラピーでは、まずは摩擦という表面の筋肉を緩める手技療法をおこないます。

摩擦に時間をかけることによって、ネガティブフィードバックという反応がおきます。

ネガティブフィードバックがおきると、脳内モルヒネという物質が出てきて、痛みが緩和するホルモンが出てきます。

まずはそれだけでも身体が温まり、副交感神経が働き、ストレスが軽減させられます。

血液循環が良くなり、身体がポカポカしてきて、軽くなってきます。

傷ついた筋肉を修復するには、血液の栄養が必要なので、血流がとても大事です。

悪くなった筋肉は痛みや不快な感覚でぎゅっと縮こまってしまっています。

筋肉は痛みをおさえようとぎゅっとなるのです。その間、固まった筋肉は血管を締め付けてしまいます。

そうするとその筋肉の部分に栄養が流れ込まなくなるので、筋肉が縮んだまま戻らなくなるのです。

 

そういった部分の治療をおこない、当院の筋肉治療は根本的なところまでをも良くしていきます!!

しっかりと身体の深いところまで治療していき、長年困らないお体を作れるよう、誠心誠意治療いたします。

 

「こんな事故のケースは交通事故治療の適用になるの?」

といった疑問などありましたら、なんでもお気軽にご質問ください。

ぜひスタッフ一同、ご来院を心よりお待ちしております。

骨盤矯正なら用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.07.15 | Category: 未分類

こんにちは!今日も暑い日になりました!!骨盤の乱れは、様々な悪影響を及ぼします。

骨盤は身体の横軸のバランスと縦軸のバランスの両方に関係するとても大事な部分です。

骨盤が歪んでいると重心のずれが生じます。重心がずれるとバランスが取れなくなってしまったり、筋肉のつき方に左右差が生まれてきます。筋肉量が違ってくるとさらにバランスが崩れてくるのに加え、左右のバランスを元に戻そうとしたときに戻すのに時間がかかってしまいます。

「骨盤 傾き」の画像検索結果

逆に筋肉が原因で骨盤が歪んでいる場合があります。というのはどうしてかというと、筋肉は骨と骨に付着して伸び縮みすることで関節の運動を可能にしています。骨盤に付着する筋肉はたくさんあります。腰の部分は頭蓋骨から骨盤に付着する大きな筋肉で脊柱起立筋といわれています。脊柱起立筋は立っているときでなく座っているときも姿勢維持にかかせない必要不可欠な筋肉です。

骨盤から下肢に向けて走行する筋肉が前後に存在します。前は大腿四頭筋、後ろはハムストリングスといわれる筋肉です。

 

背骨は通常緩やかなS字を描いてバネのようにして背骨への負担を減らしていますが、平背はS字が消失した状態です。まっすぐなのが良い姿勢というわけではありません。平背だと背骨の骨と骨の間にある椎間板といわれるクッションの役割をしているものに負担がかかりすぎて椎間板が潰されてヘルニアになってしまったり、椎間板がすでに薄くなってしまっているご年配の方は骨に直接負担がかかり、圧迫骨折になる可能性があります。

平背の原因は骨盤にあります。骨盤に付着しているもも裏のハムストリングスが萎縮して骨盤が後ろ側に引き寄せられている状態のことで骨盤が後傾している状態です。

 

図の左から2つ目の骨盤後傾はポッコリお腹の原因にもなります。女性にとっては、太っているように見えてしまうので、絶対に解決したいですよね!!

私達、ようがナチュラル整骨院では、深層筋治療をしております。整体、カイロプラクティックのようにボキボキする事はしませんが、骨盤の歪み、乱れの根本的な原因になっている筋肉をしっかりと治療をする事ができる治療方法なのです。その為に、深層筋治療を受ける事で、骨盤の乱れや歪みは根本的に改善する事が出来るんです!!!

ただ今、当院では無料体験も実施しております。

曜日や時間によっては、難しい時もありますが、まずは一度お問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

腰痛に効果的!インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2017.07.14 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は深層筋治療という筋肉治療をおこなっております。

「腰痛 メカニズム」の画像検索結果

筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常的に使っているだけでも微小ながら傷をつくっています。傷付いた部分の周囲の筋肉は痛みを抑えようと‘‘ギュッ‘‘と硬くなってしまい、緊張状態になります。緊張状態になると筋肉に血管が圧迫されるので循環障害を起こしてしまいます。筋肉の修復に必要になってくる栄養分が血液なので、循環が悪くなると十分に血液が送ることができなくなってしまいます。この状態が長期間続くと治癒が途中で止まってしまいます。治癒が止まってしまった傷口はシコリになり痛みの物質(ブラジキニン・セロトニン・ヒスタミン)を分泌します。痛みの物質が分泌されることで腰痛の痛みになるのです。

このシコリのことを筋硬結といい、筋硬結を取り除く事が根本治療となります。痛みがなくなったからと言っても筋硬結が残っているとまた元に戻ってしまうので、しっかりと取り除かなくてはいけません。インナーマッスルセラピー(深層筋治療)はこの筋硬結を取り除く事を目的としています。

ただ腰痛は慢性化している場合がほとんどなので、施術をしてすぐに良くなるかと言ったら、そうではありません。発症してからの3/1の期間を見込んで通っていただく必要があります。インナーマッスルセラピーだからではなく、この期間はどんな施術をしても同じ見積もりです。

ただ、我々のおこなうインナーマッスルセラピーは痛みを取るだけなら長くても2カ月でなくなりますが、根本的に良くしていくためには、定期的に通っていただくことがとても大事です。

インナーマッスルセラピーは1週間で60分の治療時間の目安があります。1回60分の治療が最良と言っておりますが、時間がどうしても作れないという方は回数を分けて30分を2回、20分を3回というように分けて来ていただいております。最初はほぐしてもすぐに戻りやすくなっているので、集中的に来ていただく必要がありますが、最後のほうは週に1回、2週に回というように、メンテナンスとしてご利用いただき、再発防止としても有効です。

筋硬結を取り除くにあたって、やはりピンポイントにアプローチしていく必要があります。その為には、痛みによって生じた周囲の筋肉の緊張や血流が悪くなったことで起きた浮腫みを最初に取り除かなければいけません。

なので3つの段階を経て筋硬結を除去していきます。

施術中はもっと詳しく、わかりやすくご説明いたします。ぜひお越しください!

骨盤矯正はどうやってやるの?骨盤矯正するとどうなるの?深層筋治療のようがナチュラル整骨院へ!

2017.07.12 | Category: 未分類

おはようございます。

今日は、骨盤矯正の話をします。

『骨盤矯正をして欲しい』と訴える人は、ようがナチュラル整骨院にも多くいらっしゃいます。

何故、そう訴える人が多いのでしょうか?

恐らく、

・姿勢の改善

・猫背改善

・腰痛改善

・足の冷えや浮腫みの改善

がほとんどではないでしょうか?骨盤の歪みが生じている時は、上記のような症状が起きる可能性が高いのは確かです。

ただし、骨盤が歪んでいる事が直接腰痛や足の冷え、浮腫みを引き起こしているのでしょうか?

答えは、

『NO』

です。直接的にこれらの症状を出しているのは、『筋肉』なんです。腰やお尻の筋肉が悪くなる事で、腰痛や足の冷え、浮腫みが起きるんです。そして、実は、腰やお尻の筋肉が悪くなる事で、骨盤が乱れるんです。

つまり、

腰の筋肉が悪くなる➾骨盤が歪む・・・・◎

腰の筋肉が悪くなる➾腰痛になる・・・・◎

骨盤が歪む➾腰の筋肉が悪くなる・・・・✖

なのです。骨盤が歪んだから腰痛になるというのは、少し間違っているんです。

一般的な『骨盤矯正』のイメージは、ボキボキする事をイメージする事ができますが、当院では、骨盤が歪んでしまった原因になっている筋肉を治療をする事で、骨盤を矯正しています。ボキボキする整体では、筋肉に対してしっかりと治療をする事が無いので、一時骨盤は矯正されても、数分後あるいは数時間後、数日後には完全に元通りになってしまいます。腰痛に対してボキボキする骨盤矯正をすると、症状が落ち着く事はありますが、根本的な原因である筋肉を治療をしていないので、腰痛の改善はしていないんです。

ようがナチュラル整骨院の深層筋治療を受けて、腰の筋肉(お尻の筋肉)をしっかり治療をすると、腰痛改善をさせつつも骨盤を矯正する事ができる治療方法なんです。

骨盤の乱れは、放っておくと、様々な筋肉に負担をかけてしまい、腰痛だけでなく、股関節痛や膝痛などの痛みや、足の痺れやダルさなどの不快な症状を引き起こす事もありますので、お早目に治療を受ける事をお勧め致します。

当院は、予約優先制で治療をしておりますので、お待たせする事なく治療を受ける事が出来ます。皆さまの貴重なお時間を無駄にしないように、予約優先になっておりますので、腰痛や骨盤の乱れが気になる人は、一度当院へお越しください。

曜日や時間によっては、無料体験もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで!

2017.07.11 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は肩こり、腰痛、頭痛などなど様々な症状を取り扱っております。

我々のおこなっているのは筋肉治療です。今回詳しくお話ししていく腰痛は特に筋肉が原因で起こっているのがほとんどです。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常生活で使っているだけで微笑ながら傷をつくってしまっています。

しかし筋肉は人体の中では再生能力が低い分類に想定します。なので傷が治りきる前にまた負荷がかかって傷を増やしてしまうことになります。

傷ついた部分の周囲の筋肉は傷口をかばおうとして緊張状態になります。緊張状態とはつまりギュッと筋肉が収縮して硬くなっていることです。そうなると血管が筋肉に締め付けられて血流が滞った状態になります。血液循環が悪くなることで、傷を治すために必要になる血液が十分に送られなくなり、治癒がなかなかできなくなります。それが長期にわたると治癒が途中で止まってしまい、傷口は硬いシコリになってしまいます。

このシコリのことを筋硬結といいます。この筋硬結から痛みを発生させる物質のブラジキニン、セロトニンが放出され、腰痛の痛みになるのです。

痛みのメカニズムについてはこれで以上です。

次は筋肉について説明します。

筋肉というのはとても細い筋繊維が集まり、束になっているものです。その束を筋膜という膜が覆うことで1つの筋肉となります。筋肉の両端が骨と骨に付着し、筋肉が縮む(収縮)することで関節の動きをなしています。

関連画像

人体には大きな筋肉から小さい筋肉まであり、計600コ以上もの筋肉が存在しています。それぞれが違う動きをしていたり、他の筋肉の動きを助ける補助の役割を担っている筋肉もあります。

筋肉は脳からくる指令を受けて動いています。‘‘脳⇒筋肉⇒動き‘‘ということになります。脳からの指令は運動神経という神経がそれぞれの筋肉に伝達しています。なので脳、運動神経のどちらかが事故などで障害されると麻痺という障害が起こってくるのです。

関節の動き1つ1つには必ず2つの筋肉がおこなっています。何故だかわかりますか?

それではまず例えとして、同じ動きをおこなう筋肉が2つあります。1つの筋肉に付き50%の力が発揮できるとすると、2つの筋肉があることで100%の力が発揮できます。もし1つの筋肉が障害されたとしても50%の力で動かすことができます。1つの動きが出来なくなってしまうことを避けるために2つ存在しているということです。

関節痛を改善するためには深層筋治療ができる用賀駅近くの当院へ!

2017.07.10 | Category: 未分類

こんにちは!!突然ですが肩、肘、膝・・・関節痛というと様々なお悩みがあると思います。とても、お辛いですよね。

今は夏場ですが、冷房で急に関節が冷やされると身体が冷えることにより、筋肉などが固まってしまいます。

筋肉は、じっとしているだけでは痛めませんが、固まった筋肉を動かす時に、硬いですから筋繊維が切れて損傷を起こすのです。

ですので、関節周りの筋肉は特に、日ごろから固まらないように注意してあげる必要があります。

対策としては・・・

①日ごろから筋肉を強化しておく

②関節周りはサポーターなどで温めておく

③運動習慣をつけ、常に血液循環が良い状態に整えておく

といったことがあります。

ですが、それらをするまえに・・・「筋肉の痛み」はまず最優先に取り除いておかなければいけません。

 

「疼痛抑制姿勢」という言葉があります。疼痛=痛みがあると、人は痛みから逃れる姿勢をとります。

いわゆる”かばい(庇い)”ですね。かばいが出ると、今度はかばってしまうことによって別の部分に負担がかかるので、長い間放っておくのは得策とは言えません。

 

当院では、インナーマッスルセラピーとよばれる深層筋治療をおこなっています。

痛みをとることはもちろんですが、”痛みの出ない身体づくり”まで目指していくことができる治療法なのです!!

関節痛にお悩みの場合も、ぜひご必見!近々、関節痛に悩む方へのトレーニングメニューを提供できるように鋭意準備中です。

筋肉を健康にするには、痛みをとるのもそうですが、筋力強化も必要です。

今現在、日本社会において40歳以上の方の5人に4人が”寝たきり予備軍”と言われています。

ロコモ、ロコモティブシンドロームともいいます。ご存知でしょうか?

ロコモは約15年ほど前から定義されて注意喚起されている症状ですが、いまだにあまり認知されていないというのが事実です・・・。

その原因は、足腰の筋力低下が大半となっています。運動不足などから足腰の筋力が弱り、やがては杖や車いすなどが必要になり、人の介護が必要な状態となってしまう人が8割もいるのです。決して他人ごとではありませんね。

将来困らないように、今のうちに関節痛を良くして、老後も快適に暮らせるように筋肉をぜひ健康にしましょう!!

ご興味のおありの方は、初回限定で10分間の無料体験をおこない、インナーマッスルセラピーを体感していただくこともできますので、お気軽にお声かけください!!

 

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)にも有効なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.07.10 | Category: 未分類

五十肩・四十肩は中年以降に多くみられます。肩関節周囲炎ともいわれ、肩関節の周囲に原因不明で炎症が起こることが原因と考えられています。肩関節の動きをスムーズにする肩峰下滑液包や関節を包んでいる関節包が癒着してしまうことで動きが悪くなる疾患です。

動かなくなっる病変の総称です。五十肩・四十肩もその中に含まれます。

五十肩・四十肩は何もせず放っておくと一生涯肩関節が一定以上動かなくなってしまいます。

 

五十肩・四十肩は3期に分かれています。

1期は疼痛期と言って痛みが一番強い時期です。この時は無理せずなるべく安静にしましょう。夜中にズキズキ痛み、眠れないこともあります。このときシップなどは貼らずに温めましょう。

2期の拘縮期に移るにつれて痛みは徐々になくなってきますが、かわりに肩関節が動かなくなります。

2期のときが一生涯後遺症と共にするか、完治するか変わってきます。ここでやらないといけないのは、痛みのない範囲でアイロン体操という四十肩・五十肩の方に有効とされる体操をすることです。

「アイロン体操」の画像検索結果

上記の図がアイロン体操といわれるものです。ここで重要なことなのでもう一度言います!痛みのない範囲でおこないましょう!焦って欲張っても逆効果になってしまいますのでお気をくけて!

3期は回復期です。徐々に痛みや関節可動域が上がり、動きやすくなってきます。

こういった経過をたどり治っていくのです。

 

四十肩・五十肩かどうかは圧痛の部位や動きの状態などをみて判断しますが、肩関節による痛みは、いわゆる五十肩の他に、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰沈着性腱板炎、腱板断裂などがあります。

一度整形外科などの病院へ行ってMRIで診断してもらいましょう。

石灰沈着は夜間に突然生じる肩関節の痛みが初発症状で多いとされています。年齢も40~50歳代と年齢も五十肩と酷似しています。五十肩は原因不明の炎症ですが、石灰沈着は違います。石灰沈着は腱板内にリン酸カルシウム結晶が沈着し、炎症が起きてきます。腱板内に異物がある状態なので動かしたときに痛みが出て90度以上腕を上に上げにくくなります。

この石灰は当初は濃厚なミルクのような状態ですが、時がたつにつれて練り歯磨き状、石膏へと徐々に硬く変化していきます。どんどん沈着していくと痛みが増してきます。

急性例だとまだミルク状で硬くなっていないので、激痛を早く取るために腱板に針を刺して沈着している石灰を破り吸引する方法があります。早期にしっかりと整形外科などの病院にかかることをオススメします。

40歳以上の5人中4人が寝たきり予備軍!?”ロコモ”の対策をするなら、用賀駅近くの当院へ

2017.07.07 | Category: 未分類

こんにちは。突然ですが、ロコモという言葉をご存知ですか?

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とよばれるこの症候群は、超高齢社会に進んで行っている日本社会でと、とてもつながりがあります。

「ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。 進行すると日常生活にも支障が生じてきます。 2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。」

「ロコモ」とは?|ロコモ チャレンジ!

https://locomo-joa.jp/locomo/01.html より引用
このように、ロコモの対象となる人は、”将来、寝たきりになってしまい、介護が必要な状態になってしまう可能性が高い”ということなのです。絶対なる、というわけではありませんが・・・

 

では、どのような人がその可能性があるのか?

 

□カーペットや敷居でつまずいてしまう
□昔より早く歩けなくなった
□バスに乗るのに時間がかかる
□下り坂で踏ん張りがきかない
□バランスを崩してよろける
□重い荷物を運ぶのが大変

 

1つでも当てはまったら要注意!!ロコモ予備軍かも・・・
 40歳以上の5人中4人がロコモ、といわれていて、80%がその対象なのです。
あなたも決して他人ごとではありません。今のうちに対策して、快適な老後ライフを送れるようにしてみたくはありませんか?

 

当院ではインナーマッスルセラピーとよばれる深層筋治療をおこなっており、身体の深い部分までの治療をおこないます。それによって、よくあるマッサージとは違い、効果が驚くほど長く持ちます。また、治療という観点でおこなっていきますので、本当に身体を良くするための、”通院指導”をおこない、患者様がベストな状態を目指していくための手段を指導させていただきます。
患者様の”本当に良くなりたい”という気持ち、私たちが応えます。
長年の腰痛などは放置しておくと、結局のところ、痛みなどから運動不足になり、やがては足腰の筋力不足となってしまいロコモと繋がっていくのです・・・

 

長期的な将来も見据えて、今の腰の痛みをとっていくことも大事ということなのです。
一生、自分の足で歩き続けるというコンセプトで私たちも治療をおこなっておりますので、ロコモ対策メニューについてご興味のあり方はお気軽にお電話ください!

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-47-4 ロイヤルビル1B
駐車場なし
電話番号03-5797-5526
予約お電話でのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜

得られる身体の変化