MENU TEL

ヘルニア

椎間板ヘルニアの事なら世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院におまかせ下さい

実際に椎間板ヘルニアになった人でないと分からない椎間板ヘルニアの痛み。

椎間板ヘルニアは「手術をしなければ治らない」というのが定説になっているような流れがありますが、そんなことはありません。

手術しなくても治すことは可能ですし、当院でしっかりと治していくことが可能です。

 

背骨とは24個の骨が縦に一直線に並んだ形態で出来ているのですが、椎間板はそれらの骨を接合すると同時に、クッションの役割を果たしています。

その中には髄核というゼリー状の物質が入っているのですが、これが何らかの理由で飛び出し、周辺の神経を圧迫して激しい痛みや痺れを起こしている状態を椎間板ヘルニアと呼びます。
症状によっては手術をする場合もありますが、必ず手術をしたからといって回復するわけではありませんし、回復したとしてもヘルニアの原因そのものが改善されなければ再発する可能性もあります。
世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院ではヘルニアの原因を追求し、一切薬を使いません。

また必要以上に骨格や筋肉に刺激を与えない、独自の治療方法を確立しています。

まずはご相談下さい。

 

特徴

ヘルニアは子供でもなってしまう事があります。

何故かと言いますと、部活動などで激しい衝撃などを受ければ、成長途中の子供ですので骨もまだ未熟な箇所もあり、しっかりと形成されていないからです。

ですので、お子様が辛いと訴えている時は、最悪な症状をまずは疑い、対応にはお気をつけて下さい。

そして、普段のお仕事や家事、育児でのお身体への負担が抜けきっていない状態のままお過ごしですと、急な負荷を加えた時や、その疲労の蓄積によって椎間板ヘルニアになってしまう恐れがあります。

単なる腰痛だと思い、放置してしまえばしびれなどの症状が出てきてしまいます。

そうなってしまえばお仕事や家事に影響が出てきてしまいますし、ストレスがたまり、自律神経が乱れてしまいます。

まずは、お体の調子が悪い時にはまず、その段階でご相談ください!

筋肉は、微細な損傷を実は受けやすい組織です。

そのぶん、再生力も豊かです。

しかし、ヘルニアで長い期間痛みを抱えてきた方のお身体というものは、過大なストレスがかかり自然治癒力が低下しています。

決して、1人で抱え込まずに、私たちにお任せ下さい。誠心誠意施術させて頂きます!

 

ヘルニアによる辛い症状は筋肉を治療をすると、改善します。

ヘルニアによる、腰の痛みやしびれ、または臀部、下肢の痛みやしびれは、筋肉を治療すると症状が改善します。

また、筋治療により、免疫能力が向上すると、ヘルニアは自然回復しやすくなります。

直接的にヘルニアを治す事は筋治療ではできないですが、自然回復力を高める事で、治す手助けをする事ができます。

自然回復力を高め、免疫能力を高めると、通常よりも飛び出てきてしまった椎間板が、白血球の貪食作用でその椎間板を削り落としてくれるのです。

筋治療を受けると、その作用を高める事ができるので、完治が期待できます。

辛い症状の改善には、ようがナチュラル整骨院で治療を受けてみてください。

 

ヘルニアによる辛い痛みや、痺れはようがナチュラル整骨院の深層筋治療にお任せ下さい。

世田谷・用賀駅近くのようがナチュラル整骨院が提供している、深層筋治療では、ヘルニアによる辛い症状にも効果てきです。

ヘルニアを1回の治療で治す事は難しいですが、治療を継続することで、ヘルニアが治ったという患者様も多数いらっしゃいます。

辛いヘルニアは手術でしか治らないと思っている方は、まずはご相談ください。

また、腰を悪くしてしまうと背中や首肩周りなど、他の箇所に影響が出がちです。

また、その症状は無意識でお身体がかばおうとしてしまうので、お辛い箇所が複数になってしまう前にしっかりと改善していきましょう!

 

セルフケアで再発防止

ヘルニアの辛い症状をインナーマッスルセラピーで改善した後はご自身でのセルフケアが必要となります。

筋肉は骨や臓器を支える役目をしています。

ですので、インナーマッスルセラピーで緩めた筋肉をトレーニングで強化し、引き締めてあげればしっかりと固定され、ある程度の負荷は耐えられるようになります。

 

ヘルニアは完治する?

ヘルニアの主な症状は、痺れや痛みです。

椎間板が神経を圧迫する事で、症状を出しますが、治療をすると治るのか?

という事が皆さま気になると思います。

結論から申し上げると、理論上は治ります。

個人差や重度、軽度、などによる差はありますが、ヘルニアは治ります。

しかも手術をすることなく、治ります。

私たちの深層筋治療では、筋肉を中心に治療をする事で、椎間板自体を正常な状態に戻す反応を起こします。

その反応というのは、神経性炎症という反応です。

その反応は2つの反応が同時に起こります。

一つは、血液反応です。

全身の血液循環が良くなり、痛みの出ている神経や筋肉に十分な血液が運ばれてきます。

2つ目は免疫反応です。

一つめの反応で運ばれてきた血液の中にはる白血球の貪食作用が働き、通常よりも飛び出してしまっている椎間板を、パクパク食べてくれるのです。

そうすると、飛び出していた椎間板が通常な位置になり、辛い症状や痛み、痺れが改善するのです。

ですので、ヘルニアは治療をすると完治するんです。

 

元の腰痛

ヘルニアの原因には元の腰痛だったりします。

「以前辛かったけど、ここ最近はあまり」とおもっていても、その腰痛の原因が改善出来ていなければヘルニアになってしまう重要な原因なんです!
痛みが無くても、普段から何らかの原因でお身体に負担をかけてしまったりしています。

そのケアのためにも一度深層筋治療をお試しください!

人間は、20歳を過ぎると老化が始まります。

しっかり運動をしていないと、筋力は低下し、血液循環が悪くなりやすくなります。

そうなると、疲労物質や痛みの物質が若い時には悪さをしなかったとしても、年齢を重ねるごとに悪さを始めます。

軽い腰痛だからと、放っておいてしまうと、後々、酷い腰痛に悩まされる事があります。

それがヘルニアとして悩む人も少なくありません。

しっかりとメンテナンスをしてあげましょうね。

 

ヘルニアは治る?

ヘルニアを完治させるには、手術するしかないと考えられてきましたが、実は手術だけではありません。

手術の場合、飛び出してしまった椎間板を切除する事で、神経の圧迫を取り除く手法を取ります。

しかし、飛び出してしまった椎間板を取り除く方法は手術だけではないんです。

それは、人間本来持っている力を使うんです。

それは白血球の細胞の貪食作用です。

人間本来もっている免疫能力を筋治療によって高める事で、白血球の貪食作用を強化し、飛び出している椎間板を治す事ができるんです。

もちろん、個人差はありますが、ヘルニアは手術をしなくても完治するんです。

 

どのような治療を行うか

当院の施術はインナーマッスルセラピーという深層筋治療を行っています。

まずは、きちんとお体の状態を把握する為にも、問診票をもとにしっかりとお話をお伺いいたします。

ご記入いただいた症状以外にも、何か不安がある場合はお気軽にお話し下さい。

その後、施術メニュー・料金の説明を終えた後、お体の悪い場所を絞り込む為に検査を行います。

特殊な器具などは用いませんのでご安心ください。

原因の筋肉の施術を中心として行っていきます。

保険が適用可能かどうかは、お話を伺う際に決定いたします。

その後に治療に入っていきますが、私たちの施術は基本が手・指を使った施術となります。

状態や、患者様のご要望にあわせてさらに深い刺激の入れる事のできる器具も用いることも可能です。

詳しくはお問い合わせください。

治療の大まかな流れは、「初めに表面の筋肉を緩める(患部周囲も含め)→圧迫手技など用いてむくみを抜く→途中検査を行う→状態の変化を鑑みて、次に治療していくところを決定する→そこ!という場所を探して刺激を入れていく→最後に状態がどうなったかを見て、次回の来院の目安をご相談する形で提案」

となってきます。

ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

 

その後の通い方!

筋治療を行うと、刺激を入れた場所に好転反応(こうてんはんのう)が起きてきます。

さまざまな反応の種類や、具合は個人差があります。

好転反応が出る事によって、悪い筋肉は本来の状態に戻り良くなる事が出来るのです。

好転反応は、多くの方は当日の夜~翌日に出てくるとされています。

気だるさや、筋肉痛のような痛みが出てくると、それから1日・2日ほどで治まります。

そのころには、一段階お体が良くなったことを体感していただけると思います。

そして、そこからが治療の勝負です!

この段階は、表面の悪さが弱まった状態なので、根本的に良くするにはむしろこれからなのです。

そういったお体の変化を把握するためにも、2回目治療する時の状態が最も重要なタイミングです。

私たちと一緒に再発しない身体づくりを目指しましょう。

 

身体の悪い所に作用する“好転反応”

施術後、前述したタイミングで好転反応がおこります。

好転反応は、以下のようなものがあるとされています。

・刺激を入れた場所が、触ると痛い(筋肉痛のような)

・消化器系が活発になり、お腹がすいたり、ゴロゴロ鳴りだす、お通じが良くなる

・ぼーっとする感じがして、眠たくなってくる、くらくらしてくる

・血液循環がよくなったことで血管が拡張し、頭痛が出る

人によって、さまざまな反応があるとされていますが、その人の悪い場所が反応することが多いです。

好転反応は、悪い所が改善されるサインなのです!

そのヘルニア諦めないで!!

ヘルニアで苦しんでいる人は人口の約1%いると考えられています。

重症、軽症とありますが、日本人が1億2000万人だとすると、1200万人以上の人ヘルニアだという事が言えます。

ヘルニアは手術でないと治らないと、諦めている人が多いと言われています。

しかし、脊柱起立筋(多裂筋、最長筋、腸肋筋)を治療をして、血流改善や筋肉のしこり(筋硬結)を取り除く事で、ヘルニアは治る可能性があるのです。

その為には、ようがナチュラル整骨院の深層筋治療を受けると、必ず効果が出ます!!

ぜひ一度、ご相談下さい。

ヘルニアならおまかせ!

ヘルニア治療はお医者様の見極めも様々です。

その中でも保存療法と判断された方は、保存期間中どうすればよいのでしょうか?

症状が悪化しないか毎日おびえて暮らしますか?

それとも、早めに手術しますか?

ずっと一生その腰痛と仲良く過ごしますか?

いつまでも不安を抱えていないで、まずは当院のインナーマッスルセラピーを受けてみましょう!

施術経験豊富なスタッフが揃っています。

お待ちしております!!

ヘルニアは治らないと思っている人も少なくないですが、インナーマッスルセラピーで必ず改善します。

この治療方法は、身体に炎症反応を起こさせる治療方法です。

炎症反応と聞くと、あまり良いイメージがありませんが、実はこの炎症反応は身体にとって、必要な反応なのです。

炎症反応は①血管反応 と ②免疫反応 を起こします。

⓵は血液循環の改善をさせ、②は悪くなった筋肉の自然治癒力を高める事ができるのです。

ヘルニアの症状も、インナーマッスルセラピーで必ず改善しますので、私達にお任せください。

 

ヘルニアと診断されたあなたに贈る「人生が変わる方法」

ヘルニアと診断を受けても、ご安心ください。

ヘルニアの症状によっては「一生このまま」というわけではありません。

ヘルニアを抱えていても、症状を出させない!

だから、日常が快適に過ごせる。

そんな施術を受けてみませんか?

当院のインナーマッスルセラピーは神経根症状に特化した治療法です。

神経根症状ができるのは本場の深層筋治療院だけ!

ヘルニアの症状でお悩みの方は是非ともご安心ください。

的確な検査と、納得いく説明をしてくれるのはここだけ!

悩んでいたら、すぐ行ってみよう!

 

ヘルニア・・・あきらめないで

最近健康ブームとなってきた中、日々の使い方次第では、ヘルニア症状が発症し、毎日の辛さに悩んでいる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

また、「手術がこわい」からと言って痛みを放置したりしていないでしょうか?

そんな毎日の辛さ、当院のインナーマッスルセラピーにお身体ゆだねてみませんか?

深層筋治療は、ヘルニアの種類にもよりますが、症状を自覚させたり、発症を防ぐ予防施術も提供することが可能です。

もうなってしまったから・・・一生治らないといわれたから・・・とあきらめずに一度ご相談ください!

 

ヘルニアによる足の痺れ①

ヘルニアとは背骨と背骨の間にあるクッションの役割をしている関節の核の部分、イチゴ大福で言うならイチゴが外に飛び出てしまうことです。

背骨から足に伸びていく神経が沢山でているので飛び出た核が神経を圧迫してしまい痺れがおきてくるのです。

 

ヘルニアによる足の痺れ②

飛び出てしまった核は貪食細胞(マクロファージ)という細胞が異物として食べてくれるので自然と改善する場合もありますが、すぐになくなるというわけではありません。

貪食細胞は何か月もかけて貪食します。

インナーマッスルセラピーは身体に備わった自然治癒力を高めることができるのでマクロファージの働きを活性化させることができるのです。

 

ヘルニアになる人は、、、

もともと長年の腰痛に悩まされていたかたがヘルニア、もしくはぎっくり腰になる方が多くいらっしゃいます。

慢性的な腰痛のある方は腰の筋肉が硬くなっている場合が多いです。

重いものを持ったり、何かの些細なきっかけで起こりうるケースがほとんどですので、筋肉をしっかりケアして治療することで予防していきましょう!

 

腰部椎間板ヘルニアのメカニズム

お分かりいただけただろうか?

さて、上の図を見ていただくと、腰椎椎間板ヘルニアの図と見比べると髄核というのが外にとび出して神経根の部分を圧迫していることが見受けられます。

神経根とは名前の通り、神経が足に向けて走行していく根元の部分にあたります。

これにより神経障害が発生し、足にしびれや痛みがおきるのです。

 

ヘルニアの痛み

ヘルニアは背骨の骨と骨の間にあるクッションの核の部分が外に飛び出てしまい、神経や血管を圧迫してしまい痺れや冷えを起こします。

痛みにより周囲の筋肉が収縮し、硬くなったことで痛みを起こしている場合がほとんどですので、しっかりほぐしてあげることで痛みを軽減していきます。

 

ヘルニアは慢性腰痛になる

ヘルニアは治っても周りの筋肉が硬くなっていて動きずらさが残ったりする場合がほとんどです。

なので筋肉は筋肉でケアをしてあげないと慢性的な腰痛になりいずれぎっくり腰になったり神経痛の原因になってくるので事前にケアをしましょう

ヘルニアによる、腰の痛みやしびれ、または臀部、下肢の痛みやしびれは、筋肉を治療すると症状が改善します。

また、筋治療により、免疫能力が向上すると、ヘルニアは自然回復しやすくなります。

直接的にヘルニアを治す事は筋治療ではできないですが、自然回復力を高める事で、治す手助けをする事ができます。

自然回復力を高め、免疫能力を高めると、通常よりも飛び出てきてしまった椎間板が、白血球の貪食作用でその椎間板を削り落としてくれるのです。

筋治療を受けると、その作用を高める事ができるので、完治が期待できます。

辛い症状の改善には、ようがナチュラル整骨院で治療を受けてみてください。

 

ヘルニアには筋トレ!?

腰痛には腹筋と背筋を鍛えるといいとよく言われますが、ヘルニアのときに筋トレはしていいのか?

そもそも腹筋背筋をするにしても腰痛いし・・・。

という方のためにご説明いたします。

Q.まずヘルニアのときに筋トレはしてよいのか?

A.痛みがある程度治まってきたらしてよいです。

動かして腰の筋肉の血流を良くすることで改善が速い場合があります。

※学生のときにやっていたような筋トレ方法では悪化させる可能性もあるため、専門家に相談してみましょう!

Q.日常生活で使っているのに筋トレって必要?

A.はい、必要です。

特に姿勢の悪い方は特にです。

日常生活で姿勢が悪いとよい姿勢で使われる筋肉が使われないので良い姿勢で使う筋肉が低下してきてしまいます。

そのため、長年姿勢が悪かったのを治そうとしても筋力が低下しているため、逆に腰を痛めてしまったりと改善することが難しいのです。

そのため、筋トレをして良い姿勢のときに使う筋肉を鍛えて腰にかかる重心を真っ直ぐにすることで姿勢を改善し、腰痛の予防や改善ができるということです。

 

★腹筋の筋トレ方法

~初級編~

腹式呼吸・・・腹式呼吸はへルニア発症初期から行う事の出来る方法です。

仰向けになり膝を折って腰を楽にしてください。その姿勢でしっかり下腹に力を入れることを意識して腹式呼吸をしましょう。

★背筋の筋トレ方法

~初級編~

背筋・・・うつ伏せになり腕はバンザイにしましょうヽ(^o^)丿

足を股関節の部分から上に上げます。

腰に負担がかかるので注意してください。

保存療法と手術療法

椎間板ヘルニアは保存療法と手術療法があります。

この病気は自然治癒することもあるため、まずは保存療法から治療が進められます。

保存療法には神経ブロック、薬物療法、理学療法、徒手療法があります。

神経ブロックは激し痛みを抑えるために、局所麻酔やステロイド薬を注射し痛みを和らげます。

注射の部位によっては、患者さんの安心を考えて入院も必要な場合もあります。

薬物療法は非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を使って痛みを抑えます。

理学療法は痛みが落ち着いた後、筋肉を強化するための体操や、専門の器具で身体を牽引することなどが行われます。

上記の3つが整形外科や大きな病院へ行ったときに行われる療法です。

徒手療法を行うのは整骨院です。

整骨院は悪い場所に注射したりレントゲンを撮ったりはできませんが、痛みのせいで硬くなった周囲の筋肉を緩めることで動きを良くしたり血行循環を良くすることで自然治癒力を高め治りを早め、痛みを緩和させたりすることができます。

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-47-4 ロイヤルビル1B
駐車場なし
電話番号03-5797-5526
予約お電話でのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜

得られる身体の変化