MENU TEL

冷え性

お体は末端から冷えやすくなっています。特に冬場、寒さに耐えきれずなかなか行動に移せなかったり、眠さ・ダルさが抜けないなど、冷え症には様々な症状があります。漢方薬や薬で症状は軽減しますが、なかなか改善することは少ないかと思います。そんなとき、どうするべきか、ご紹介します。

冷え症なら世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院にお任せください

日本は冷え性に悩まされている方が比較的多く、特に女性の方はご自身で色々な方法を試しながら、何とか改善したいと考えているのではないでしょうか。しかし、思ったように改善しなかったり、「効果があるかな?」と思っても一時的なものだったりすると、体質のせいだから仕方がないと諦めてしまうこともあるかもしれません。
世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院では冷え性の原因を取り除いて改善させていくことが可能です。
冷え性は血液やリンパなど体液の循環が悪くなってしまっていることによって起こります。世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院では体液循環を活発化させるために、骨盤や背骨など骨格のバランスを整える矯正施術を行ないます。乱れてしまっている自律神経のバランスも正常な状態に戻ります。
世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院の治療は、全身のバランスを正しい状態へと整えていき、体内の環境を正常化させます。身体の内側からの冷え性治療となり、お薬の副作用などの心配もありません。身体の冷えからくる生理痛や便秘などの体調不良もスッキリと改善しますし、今後の病気の予防にも繋がります。

暑い夏でも何故冷え症の症状が出てくるのか

特に冷え症の症状が出やすい方は『室内で作業されている方』が多い傾向にあります。それは何故かと言いますと、室内には画期的な家電、「冷房」があります。この時期からは必須かと思われますが、お体は末端から冷えていくのはご存知でしょうか?特に、冷気となると、上には上がらず、下にたまりやすいので足下から冷えやすくなります。また、デスクワークの方ですと足下を動かさない+冷気が溜まりやすいので冷えやすくなっていますので足先から冷えやすく、動かしにくかったりしてきてしまうのです。また、お風呂は浴槽には浸からず、シャワーで済ませてしまう方が多いのではと思います。シャワーですと雄湯で温まれる時間が少なく、全身流しても芯まで温まるには時間が掛かります。ですので、夏場ですがタオルを敷いたり、少しあたたかいものを飲むなど工夫が必要です。

血液循環を良くするには

冷え症が手・指先にある場合、肩や肩甲骨を中心に腕も含めて深層筋の施術をしていきます。

ふくらはぎ・足先にある場合は、腰やでん部を中心にふくらはぎも含めます。

患部に繋がりのある筋肉に対して、時間をかけて施術していくことにより効果がより出やすいです。

冷え症は循環改善を図ることがベストですから、腰などの大きい筋肉がある部分で、筋肉が硬くなり、血管を圧迫することでとても血液循環が悪くなってしまいます。

そのために、冷えを感じる場所だけではなく、大元の部分として肩や腰の施術も行う事がほとんどです。

しっかりと循環を良くすれば血管が拡張され、施術中にもお身体が暖かくなってきます。拡張されれば普段からの血流の量が多くなり、体温も上がりやすくなります。夏ですと、冷房や扇風機でお身体を長時間さましてしまうとまた筋肉や血管が収縮してしまいますので、夏場はあまりお身体を冷やしすぎないようお気をつけください。

そして、血液循環をいち早く解消する方法として、特に足が冷えやすい人は、熱いお湯と冷たい水をバケツに用意して、膝から下を交互に30秒ずつ入れることです。そうすることで血液循環が高まり、冷えやむくみが早く解消されますよ!ただ一番は、私たちの筋治療で深層の筋肉までしっかり治療していくことことが何よりの改善方法です。表面の筋肉だけほぐしても、気持ちいいだけではなかなか良くなりません。深層筋治療で血液循環を良くしていきましょう!

 

御自宅での対処方法

冷え症の方は、冬だけでなく、夏場もクーラーが効いている部屋だと症状が出てきてしまう恐れがあります。ですので、その時に行う対処法をお伝えいたします。

夏場で全身温めるとなると少し難しいかと思いますので、夏場では首や足先を温めて下さい。

とくに首には沢山の神経が通っており、冷房などとても当たりやすい箇所なので治るをかけるなど少し気を使ってみてください。

また、ご飯で少し辛味のあるものを摂取することをお勧め致します。何故かと言いますと、辛いものは身体を温める作用と、汗が出て来ます。その際に、体にたまった悪いものを汗で流すのも一石二鳥だからです。

また、夏ですがスープを飲むのもお勧めです♪

湯船では、しっかりと全身を温め、湯上りは急激にお身体が冷えてしまわぬようお気をつけて下さい。

急激に冷えてしまうと、血管や筋肉がキュッ!っと収縮してしまうので、また血流が悪くなってしまったり、ダルさが出てきてしまったりするからです。ですので、お風呂上がりにはしっかりと身体を拭いて、少し熱がひいてから冷房が効いた部屋に入るのが一番かと思います☆

冷え症を早く改善する方法としましては、熱いお湯と冷たい水を用意して膝から足先にかけて交互に30秒ずつ3~4往復入れていくと冷え症やむくみなどは早く解消されていきますよ!

冷え症の原因は、脚?腰?お尻?

冷え症の方の多くは、血液循環が全身的に悪い人が多いと言われています。栄養や酸素が豊富に含まれている血液が、足先や手先まで循環すれば、冷え症にはなりにくいのですが、冷え症の人は、足先、手先までの循環が悪くなっています。何故、循環が悪くなっているか?というと、腰やお尻の大きな筋肉が凝り固まってしまい、循環を悪くしてしまう事が原因になります。冷え症の方は、脚や手だけでなく、腰やお尻などの大きな筋肉を治療をすることで、驚くほど症状が改善されます。

また、腰やお尻の筋肉が悪くなると、腰やお尻を回復させるために身体の機能が使われてしまう為に、そこの部分に血液を送るようになります。つまり、腰やお尻をしっかり温めようとする機能が使われるため、足先や手先を温める事の優先順位が下がってしまうのです。

ストレッチ

お風呂上がりですとお身体が全身で暖かくなっており、筋肉も伸びやすい状態です。

そこで、ストレッチを行うことで程良く伸び、血液循環がさらによくなっていきます。施術後も行うことで効果を長続きさせるので是非お試しください!

また、正しいストレッチの行い方としては、1種目30秒かけて背筋をのばし、正しい姿勢で行うことです。正しい姿勢で行えば効果も大きく、間違った姿勢で行うと伸ば層としている筋肉ではない筋肉が伸ばされてしまい効果がありません。

また、夏場に行うのがより効果的です!冬場ですと体を温めるにも苦労してしまい、すぐ体温も下がってしまいます。ですが、夏場でしたら暖かい状態が維持しやすい環境ですのでより治療効果が得られることを実感して頂けます!

冷え症を未然に防ぐための注意点!

①冷房が効き過ぎて体を冷やしてしまってはいませんか。

②冷たいものを食べたり飲みすぎたりしてはいませんか。

③暑い(寒い)からといってあまり出歩かず、運動不足状態に陥ってはいませんか。

以上に該当する方は要注意です!

特に③の筋肉を悪くされているパターンの方は、気をつけないと腰痛などの他の症状に発展するおそれがあります。

冷房病による冷え症

冷房による冷えは、真冬の時の冷え症とは違い、辛い症状が出やすくなります。それは、外気温との差が高い為です。人間は本来、体温調節機能が付いているのですが、温度差がある状態をつくってしまうと、疲労が溜まりやすくなり、辛い症状や痛みが出やすくなります。世田谷区、用賀駅のようがナチュラル整骨院では、このような症状を改善できます!

冷え症の方は空調など敏感なのではないでしょうか。

オフィスでのお仕事がメインのかたは皆さんが使う場なので空調管理は難しいかと思われます。ですが、深層筋治療で血液循環を良くすれば症状は軽減されます!是非ご体験して頂けたらと思います。

冷え症の人はぎっくり腰に要注意!

慢性的に冷え症の人はぎっくり腰などの急性症状に要注意です。

冷え症ということは、血液の流れが悪いために体温が全身に回らない状態なのです。

血流が悪いので、筋肉の健康状態もとても維持しづらくなります。(自然治癒力が低下します)

単なる冷え症だからといって、油断しすぎないように気をつけましょう。ようがナチュラル整骨院の深層筋治療では、冷え症の根本的な原因になっている腰やお尻、背中の筋肉も重点的に治療をしながら、足や手の治療ができます。足や手だけでの治療は、効果が短期間で無くなってしまいますが、腰やお尻を治療する事で、より長い期間効果を感じる事ができます。

 

将来健康であり続ける為に

冷え症の原因は血流の悪さと言われています。とくに腰やお尻、首肩まわりでの筋肉のしこりが血管を圧迫してしまっているからです。普段から感じているその違和感を放置し続けず、しっかりと向き合ってまずは改善していきましょう。そしてこれからも健康であり続ける為にもお身体のメンテナンスは必要です。「我慢出来る」「大丈夫」と言い聞かせてはいけないのです。その時には無理をせず、しっかりと改善していきましょう。

冷え症の原因になる筋肉は?

冷え症の原因は筋肉が原因とお伝えしましたが、ではどの筋肉が根本的な原因なのでしょうか?症状のある足や手?それともお尻?腰?

多くの人は、しょうじょうのある足や手に原因があると考えているのですが、実はそうではなく、中枢にある筋肉が原因で冷え症になります。具体的には、腰部の脊柱起立筋群やお尻の殿筋群です。では何故中枢なのでしょうか?

答えは二つあります。

①腰や臀部の筋肉が悪くて、凝り固まっていると酸素や栄養の十分な血液を腰や臀部で使ってしまい、足先まで酸素や栄養が行き届かない

②人間本来が持っている身体の体温を維持する機能が、腰と臀部に使ってしまい、足先を温める事が出きていない

上記がその答えです。

要するに、腰や臀部の筋肉をしっかり治療をしたり、温める事が、冷え症の根本改善につながります。

どのような治療を行うか

当院の施術はインナーマッスルセラピーという深層筋治療を行っています。まずは、きちんとお体の状態を把握する為にも、問診票をもとにしっかりとお話をお伺いいたします。ご記入いただいた症状以外にも、何か不安がある場合はお気軽にお話し下さい。その後、施術メニュー・料金の説明を終えた後、お体の悪い場所を絞り込む為に検査を行います。特殊な器具などは用いませんのでご安心ください。原因の筋肉の施術を中心として行っていきます。保険が適用可能かどうかは、お話を伺う際に決定いたします。

その後に治療に入っていきますが、私たちの施術は基本が手・指を使った施術となります。状態や、患者様のご要望にあわせてさらに深い刺激の入れる事のできる器具も用いることも可能です。詳しくはお問い合わせください。治療の大まかな流れは、「初めに表面の筋肉を緩める(患部周囲も含め)→圧迫手技など用いてむくみを抜く→途中検査を行う→状態の変化を鑑みて、次に治療していくところを決定する→そこ!という場所を探して刺激を入れていく→最後に状態がどうなったかを見て、次回の来院の目安をご相談する形で提案」

となってきます。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

その後の通い方!

筋治療を行うと、刺激を入れた場所に好転反応(こうてんはんのう)が起きてきます。さまざまな反応の種類や、具合は個人差があります。好転反応が出る事によって、悪い筋肉は本来の状態に戻り良くなる事が出来るのです。

好転反応は、多くの方は当日の夜~翌日に出てくるとされています。気だるさや、筋肉痛のような痛みが出てくると、それから1日・2日ほどで治まります。そのころには、一段階お体が良くなったことを体感していただけると思います。そして、そこからが治療の勝負です!この段階は、表面の悪さが弱まった状態なので、根本的に良くするにはむしろこれからなのです。そういったお体の変化を把握するためにも、2回目治療する時の状態が最も重要なタイミングです。私たちと一緒に再発しない身体づくりを目指しましょう。

身体の悪い所に作用する“好転反応”

施術後、前述したタイミングで好転反応がおこります。

好転反応は、以下のようなものがあるとされています。

・刺激を入れた場所が、触ると痛い(筋肉痛のような)

・消化器系が活発になり、お腹がすいたり、ゴロゴロ鳴りだす、お通じが良くなる

・ぼーっとする感じがして、眠たくなってくる、くらくらしてくる

・血液循環がよくなったことで血管が拡張し、頭痛が出る

人によって、さまざまな反応があるとされていますが、その人の悪い場所が反応することが多いです。

好転反応は、悪い所が改善されるサインなのです!

氷のような冷たい手足・・・根本から改善しませんか?

子供の頃は薄着でも全然寒くなかった。まさか私が冷え症になるなんて・・・。そんなあなたは、是非当院へ!いつもホッカイロを手放せない貴方!年々厚着の貴方!風が吹けば何でも寒いと感じてしまう貴方!冷えが不安で首を露出できない貴方!足首が浮腫み冷えきっているあなた!!背中がゾクゾクする貴方!!風邪にかかりやすい貴方!!是非ともご相談下さい。きっと私達は、あなたの力になれます!根本からの改善でNO!!冷え知らず!

まだ悩んでるの?冷え性

冷え性は体質により一生良くならないなんてあきらめていませんか?冷え性のお悩みならようがナチュラル整骨院へお越しください。きっとあきらめていたあなたのお身体を変化させる事が可能です。当院のインナーマッスルセラピーをぜひともご体感ください。また、冷え性による内臓の症状、筋肉の症状、お肌の状態も丁寧にご説明させていただきますのでどうぞご安心ください。

 

冷え症は特に手足の末梢部分に多く発生し、自覚症状のある方もいらっしゃいます。

ですが普段冷えを実感していないのがコリの部分です。首、肩、腰などのこっている部分は筋肉が硬くなり、血管を圧迫してしまうので循環が悪くなり冷えを起こすのです。

治療方法はやはり温めることが重要です。お灸で患部を温めて血液を流し、固まった筋肉をほぐしていけば元からの改善ができるでしょう。

日常生活の中ではお風呂に使って全身を温めることが重要なので、日常からのアプローチをしていただくとより効果的です。

 

血液循環

冷え性は手先、足先の体幹から一番遠い部分によく起きてきます。

何故なら末梢に行くほど血管が細くなり血液の通りが悪くなりやすいのに加え、心臓から一番遠くなるため心臓の送り出す力が弱く血液が停滞しやすいため循環が悪くなりやすいのです。

体質改善

インナーマッスルセラピー冷え性、むくみなどを改善させることはもちろん、症状を出しにくい体にするという、体質を改善させることを目的としています。最近実装予定の鍼灸治療の大元の考えは体質改善ですので、最終目的を同じくしているのです。

「ぶくぶく」のままでいいの?

いいえ。いけませんね。代謝が落ちてしまうと、そこに脂肪物質が蓄積しさらに代謝の悪いお身体を作り上げてしまします。また、「浮腫」の感覚・自覚症状がない方もいらっしゃい、自然とそうなってしまったからも多いのです。そうなる前に。インナーマッスルセラピーを受けましょう。きっとあなたの将来に役に立ちます!明日のために!

 

冷えは女性の天敵!

冷えは身体の代謝が悪くなった状態です。代謝が悪くなるということは胃腸の働きも悪くなります。消化機能が落ちるというのは要するに、エネルギーに変換する機能が落ちているのです。エネルギーにかわれなかったものは脂肪となり体に蓄積されます。特に女性は男性と比べると代謝能力が低いため太りやすかったり、浮腫みやすいなどの症状の方が多いのです。

インナーマッスルセラピーは血液循環を改善させて冷え性を改善させることができ、それと同時にお腹の調子も整えられ、代謝機能も上げることができます!

 

冷え性改善には、、、

インナーマッスルセラピーがオススメ!!

インナーマッスルセラピーは悪くなった血液循環を改善させ代謝を促進させる力があります!

代謝が悪くなると冷えだけではなく浮腫みや便秘などの消化器症状が出てきます。インナーマッスルセラピーをすることで代謝が上がり、滞っていた身体の巡りをよくすることができます!

 

冷え性?

冷え性といっても色々な部位がありますよね、足など、関節で血行が悪くなる場合があります。なので関節から先が冷たくなっていることがほとんどです。

それ以外にも、腰痛でお困りの方は腰から足に流れていく血管が固まった筋肉に圧迫されてしまい、足が冷たくなっていることがあります。一度ご自分で触ってみてください。冷たくなっていたらお電話です。

 

手や足が冷えていると胃腸の調子が悪くなるのはなぜだと思いますか?

それは、自律神経の問題なのです!手や足が冷たいのは交感神経の血管を縮める作用が働き、血液循環が悪くなります。胃腸の運動を支配しているのは逆の副交感神経なのです。交感神経が高い状態だと胃腸がちゃんと働かず、消化不良をおこし、下痢や便秘になってしまうのです。

日常生活でのセルフケア

では、治療を受けること以外で、日常生活でも何かしたい!という方は、軽い運動がオススメです。

筋肉にとって、酸素は重要な栄養素になりますので、有酸素運動を週2回から3回、なるべく時間としては30分以上やっていただくといいと思います。それが現実的に難しい場合は、10分でも15分でもいいです。例えば駅から駅まで歩いてみるとか、エレベーター、エスカレーターを使わず階段を使ってみるとか、そういうような日常の中でできる運動をしてみてください。

 

最近冷え性の方が多くいらっしゃるのはクーラーが効いていて足元が冷えてしまったり、運動することが減っているからです。運動するためには筋肉を使います。筋肉は人体の中で熱を沢山作り出すことができます。わかりやすい例えをだすと、冬の季節に水浴びをしたら凍えてしまいますよね?きっとヨーロッパ地域の人でも凍えてしまうと思いますが、凍えると身体がガタガタ震えますよね?これは筋肉を細かく動かして熱を作り出そうとしているからです。筋肉をしっかり動かして冷え性を改善しましょう!

 

冷え性は自律神経が原因!

冷え性は自律神経の問題があるかもしれません。緊張状態のとき手が冷たいと思ったことはありませんか?

それもそのはず、緊張状態のときは交感神経が高くなっている状態です。交感神経の作用により血管が収縮され、血流の流れが最低限になるため手や足の末端が冷たくなるのです。

 

冷え性は浮腫みにつながる

冷え性はなぜ起きるかというと自律神経(交感神経が優位)の問題で血管が収縮したり、硬くなった筋肉が血管を締め付けてしまい血行障害が起きることで冷えにつながります。自律神経についても筋肉をしっかり緩めてあげると副交感優位になり血管が緩まるので血行が改善されます。

冷えは免疫力低下につながる!

冷えは血液循環が悪くなっているときに生じます。免疫は血液中の白血球がになっています。白血球が常に体中を巡っているので大抵の弱い菌に負けることはありません。しかし、血液循環が悪くなると検疫力の低下につながるのです。

 

冷え性を改善するには

冷え性の原因として自律神経の乱れが考えられます。交感神経が優位の状態だと血管が縮こまっているので末梢に血液が行き届きずらい為冷えというのが発生します。自律神経を整えるためにはどうしたらいいのか、インナーマッセルセラピーは緊張をとり副交感神経に切り替え自律神経を整える効果があります。

 

気候の変化が激しいとき

気候の変動が激しいと自律神経が乱れやすくなります。交感神経が過剰になっていると血管が収縮しっぱなしになってしまうため血液循環が悪くなり冷えが生じます。なのでリラックスさせると副交感神経が優位になるため血管が緩み血液循環が改善され、冷え性もなくなります

 

身体をリラックス

身体をしっかり休めてリラックス状態にすることで副交感神経を優位にすることが出来ます。何故副交感神経かというと、冷え性は自律神経が問題になっているからです。交感神経が優位になると血管が収縮して全身の血液循環が最小限にとどめられます。最小限になってくると身体を温める作用が弱まるので、身体を動かしていない状態で交感神経が優位になると冷えが生じるのです。副交感神経に切り替えることで血管を拡張させ冷えを解消しましょう

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-47-4 ロイヤルビル1B
駐車場なし
電話番号03-5797-5526
予約お電話でのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜

得られる身体の変化