TEL

インナーマッスルとは?腰痛を予防する筋肉 | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > インナーマッスルとは?腰痛を予防する筋肉

インナーマッスルとは?腰痛を予防する筋肉

2016.07.17 | Category: 未分類

こんにちは!ようがナチュラル整骨院です。

当院で行っている施術法が、インナーマッスルセラピー(深層筋施術)というものですが、

ではそもそもインナーマッスルとはどんなものなのでしょうか?

 

■特徴

・深部に位置する

・普段はあまり動かない

・体幹を支えるなど、バランスの維持を行う

・姿勢の調節をする

 

・・・など、といった特徴があります。身体の大きな動きを担当するものではないので、地味ですがなくてはならない存在です。

インナーマッスルが固まるとバランス感覚の低下、姿勢の乱れに繋がります。

たとえば猫背も・・・これは骨盤~後頭部まで伸びる”脊柱起立筋”と呼ばれる複数の筋肉が固まり起きる現象です。

猫背などの姿勢の乱れも、インナーマッスルの固さをとることでよくなるケースもあります。

実は猫背は・・・腰痛予備軍なのです。

 

脊柱起立筋を圧迫させて痛みを出さないようにと、痛みを避ける姿勢をとるので、腰を前に前にと腰・背中を伸ばすような姿勢になっていきます。

筋肉は縮めると痛みが出やすい性質があるため、身体を後ろに反りたくないのです。

 

姿勢が悪いと見た目だけではなく、腰痛になるおそれがあります!

猫背でお悩みの方は、一度インナーマッスルセラピーを受けてみませんか?