TEL

姿勢が悪いのはなぜ?~猫背は腰痛の証拠~ | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 姿勢が悪いのはなぜ?~猫背は腰痛の証拠~

姿勢が悪いのはなぜ?~猫背は腰痛の証拠~

2016.11.04 | Category: 未分類

こんにちは!

猫背だね、と言われた経験はありますか。猫背と言えば、上半身が前傾姿勢になってしまい、肩は内側に入ってしまう見た目ものことです。猫背になりたくない理由のほとんどが「見た目が悪いから」という理由です。

そこで一度気にしてみて欲しいのですが、そもそもなぜ猫背になるのでしょうか?

 

①性格が内気だから

②骨が変形しているから

③筋肉の柔軟性がないから

 

正解は・・・③です!

正確には③の例が最多ということですが、猫背は腰の筋肉に悪さを抱えているからなってしまうケースが実は多いのです。

筋肉は、縮むと痛みが出やすいです。短縮痛とよばれます。

腰を後ろに反らそうとしたり、長い時間身体を起こしている姿勢を維持しようとするときには、「腰の筋肉が縮んでいます」。

つまり、「腰の筋肉を縮め続ける事ができなくなり、伸ばした方がラクだから前傾する」という症状の行くつく先が猫背なのです・・・

 

ですから、いくら性格が内気だからシャンとしろ!と喝を入れても猫背は良くなりません。

側弯症といった背骨が変形している人もいますが、自己判断せず、まずは専門家に判断してもらうことが一番です。

 

猫背以外の姿勢でも気になることがあれば、お気軽にご相談ください!