TEL

ヘルニアによる痛みをとるには | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > ヘルニアによる痛みをとるには

ヘルニアによる痛みをとるには

2017.02.06 | Category: 未分類

ヘルニアでのしびれ・痛み、悩んではいませんか。

ヘルニアは骨が原因の神経症状がでますが、私たちの筋施術でも痛み・しびれを緩和させることが出来ます。

 

・ヘルニアとは?

ヘルニアは腰椎とよばれる腰部分の背骨が、通常より出てきてしまい、骨が神経に触れてしまい、痛み(しびれ)が出てしまうものです。

腰椎は5本ありますが、そのうちの4・5本目が飛び出しやすいといわれています。

なぜヘルニアになってしまうかは、原因不明のものもよくあるとされていますが、激しい運動を若いころにしていると発症してしまいやすいとも言われています。

 

ヘルニアになると、神経症状の一環で「膀胱直腸障害」が出ることもあります。(尿が出なかったりすることです)

こうなってしまった場合は、必ず手術とされています・・・

 

ほとんどの場合は、そこまでの障害はありません。

私たちのインナーマッスルセラピーでも、骨に対してアプローチするのではなく、周囲の「脊柱起立筋」とよばれるインナーマッスルを施術します。

そうすると血行が良くなることにより、痛みを脳に情報として送る「発痛物質」が分散し、痛みが弱まります。

つまり、常に循環が良い状態にしていけば、痛みは出づらい身体になることができるのです!!

ヘルニア痛でお悩みの方は、ぜひご相談ください。