TEL

首・肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療) 用賀駅近くのようがナチュラル整骨院 | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 首・肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療) 用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

首・肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療) 用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2017.07.07 | Category: 未分類

用賀ナチュラル整骨院ではインナーマッスルセラピーという施術法をおこなっています。

皆様はインナーマッスルセラピーをご存知ですか?あまり聞き慣れない言葉と思いますが、漢字に直すと深層筋施術といいます。名前の通り深層の筋肉を施術していきます。

 

筋肉はとても傷つきやすい組織です。日常的に使うことで筋肉は微小ながら傷を付けてしまっています。傷ついた筋肉を修復しようと治癒の過程が起こります。その治癒の過程で必要になるのが炎症です。炎症は血液を傷口に集めて治癒を促進させる働きをしているのですが、傷ついた筋肉の周囲の筋肉が傷口をかばって緊張状態になってしまいます。筋肉が緊張すると通っている血管を圧迫してしまうため、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなると途中で炎症反応がとまり、治癒の過程が止まってしまいます。これをくすぶり炎といいます。

インナーマッスルセラピー(深層筋施術)は炎症の過程を再開させ、止まってしまっている治癒を再開させるお手伝いをしています。あくまで患者様の治癒能力で治していくので、身体の負担も軽減します。無理な負荷なく良くすることができます。

インナーマッスルセラピーは最初に摩擦という手技をおこないます。摩擦をすることで表の筋肉の緊張が取れて奥に刺激が入りやすいようにするのと同時に、20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネというホルモンが放出され、身体が温かくなったり痛みを感じにくくなるなどの生理学的作用が起きてきます。そうすることでより深層にある筋肉にアプローチしていくことができます。

次に圧迫という手技をおこないます。圧迫をすることで浮腫みを取り、痛みの原因となっている筋硬結にピンポイントで狙うことができるようになります。上記でも話した通り、筋肉が緊張状態になると血管を圧迫し血流が悪くなります。血液循環が悪くなると、もちろん血流も遅くなりますよね?血流が遅くなると血液の水の成分が血管外に漏れ出してしまいます。漏れ出した水が浮腫みになってしまうのです。浮腫みに関しては足がよく言われていますが、原理は全く同じなのです。

次におこなうのは圧迫振動摩擦という筋硬結にアプローチしていく手技です。これが他のマッサージと違うところで、インナーマッスルセラピーの醍醐味となる部分です。圧迫振動摩擦をおこなうことで再び治癒の過程(炎症)を再開させることを目的としています。

慢性的な肩こり・腰痛諦めていませんか?将来介護になる原因として腰痛があげられています。一生自分の足で歩き続けましょう!