TEL

背中の痛みの原因は筋肉かもしれません! | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 背中の痛みの原因は筋肉かもしれません!

背中の痛みの原因は筋肉かもしれません!

2017.06.07 | Category: 未分類

みなさん、おはようございます(*^_^*)

用賀ではすっかり有名な「ようがナチュラル整骨院」です!

この時期に不調な人!!いませんか~?

原因がわからない人!!いませんか~?

「わたしかも!!」そう思った方ここに集合!!

不調を感じるとき、その原因がわからない場合は背中を触ってみてください。背中に手が届かない方は誰かに触ってもらいましょう。

「硬い!」と感じる場合がほとんどです。

背中の硬さは、目にみえない不調を知らせてくれるバロメーターのようなものです。

背中の硬さは「筋肉」が硬くなってハリ感を感じ、また慢性化すると背中に自覚症状が出てきます。

筋肉が影響する内容として・・・

1.自律神経による各内臓への影響

2.筋肉の微細な筋繊維の傷による運動痛

になります。

※考え方によってはもっと症状がありますが、ここではベーシックなものを記載させていただきます。

今日に関しましては≪1.自律神経による各内臓への影響≫についてご説明させていただきたいと思います。さっそくですが、この内容はご存知の方も多いと思います。

各臓器や筋肉に行く神経経路の根本は「脊柱」から出る「神経」が影響しています。

一例でたとえると、脊柱間が狭くなる事により神経が圧迫され痺れが出たり、感覚に異常をきたす「狭窄症」なんはわかりやすい一例です。

しかし、神経経路の圧迫は「骨」が原因であることが一概ではありません。

実は「筋肉」が固まっていることによる神経の圧迫もとても多いのです。

その場合、レントゲンやMRI等に異常が見られず、本人としては異常をきたしているのに診断も「異常なし」とされてしまう場合が多く、一生薬漬けになる現状をのみ込まなければなりません。

筋肉の異常は「目に見えない」とはこのことです。

筋肉による神経経路のシャットダウンは、各臓器に影響を及ぼします。なぜかというと、血管壁や心臓にも影響を及ぼすからです。

自覚症状として、「胃がもたれる」「寝つきが悪い」「冷える」「だるい」「気持ち悪い」「なぜか関節がふしぶし痛い」「やる気が出ない」「お腹を壊しやすい」「呼吸が浅い」・・・これだけでも一例です。

中には本当に「内臓そのものの病気」かもしれませんが、「とにかくよくわからない」「原因が知りたい」「どうすればよくなるのかを聞きたい」そんな方は、是非ようがナチュラル整骨院へいらしてください!

一度きりの人生、ここで無理をする必要はありません!!