TEL

肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)用賀ナチュラル整骨院 | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)用賀ナチュラル整骨院

肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)用賀ナチュラル整骨院

2017.06.21 | Category: 未分類

おはようございます!! ようがナチュラル整骨院です!

梅雨と言えば湿度が高いので、頭が痛かったり関節が痛かったり、肩、腰が重いなど、感じる方がほとんどかと思います。

そこで今回は肩こりについてお話しいたします!

肩こりの原因となる筋肉は“肩甲挙筋”という筋肉で、肩甲骨を上に上げる筋肉です。肩をすくませるときによく使われます。

近年ではスマートフォン、ゲーム、テレビ、パソコン作業など目に負担のかかる作業が多くなってます。目に負担がかかると肩に力が入りやすく肩こりの原因になってきます。

パソコン作業だと自然と前のめりになって猫背になっていたりしませんか?

猫背になっている人は後ろの肩甲骨と背骨の間の部分が凝っている。と感じる方が多いです。

それは肩甲骨の内側にある菱形筋という筋肉が悪くなっているからです。菱形筋は、表層の筋肉(僧帽筋)の下に位置する筋肉で、悪くなり、凝り固まると肩甲骨の動きを制限してしまいます。

そうすると筋肉や関節に負荷がかかりやすくなり、関節痛がおこりやすくなったり、筋肉の伸び縮みが上手くできず傷ついてしまったりします。

「肩こり」の画像検索結果

筋肉はもともと傷つきやすい組織でできており、普段使っているだけでも筋肉は傷ついて治癒してを繰り返しています。しかし、硬くなった筋肉により血管が圧迫されてしまうため、治癒に必要な血液が供給されず治癒が途中でストップしてしまうのです。そうなると、治癒できなかった部分は硬いシコリになってしまいます。このシコリが痛みを発生させる物質(ブラジキニン・セロトニン・ヒスタミン)を放出し、首・肩こりの原因になってきます。

首・肩こりだけだはなく、腰痛など筋肉が痛みを発生させいる場合にいえることです。

このシコリは筋硬結といい痛みの原因になっています。筋硬結は筋層の深い部分に存在し、表の筋肉の緊張により簡単に刺激が入りません。ようがナチュラル整骨院は表の筋肉の緊張をしっかり最初に取り除く事で筋硬結に刺激をいれっられるようにし、筋硬結を取り除いていく、ということをしています。

筋硬結の悪い部分は3層構造になっており一番表の層は筋肉の張りがあります。この張りのことを筋スパズムトいうのですが、これの原因、なぜスパズムが発生するかというと、傷ついた筋肉を周囲が補おうとして緊張が強くなってしまうのが一つ、もう一つの理由は筋肉を緊張させることで痛みを感じにくくなるようにしているのです。

筋肉の緊張が強くなることで血管が圧迫されて血液循環が悪くなってしまっています。

2層目は浮腫みです。浮腫みは血液循環が悪くなることで血液の水分が漏れ出してしまうことで起きてきます。

3層目は筋硬結になります。

我々ようがナチュラル整骨院は筋硬結に直接アプローチするために1層目2層目の筋スパズム・むくみをしっかり取り除いていく根本施術をおこなっています。どうぞお越しくださいませ!!お待ちしております!