TEL

腰痛に効果的な治療法インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 腰痛に効果的な治療法インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

腰痛に効果的な治療法インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.07.30 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピー(深層筋施術)をおこなっています。

インナーマッスルセラピーとは深層に存在する腰痛の原因である筋硬結を取り除く事を目的としています。

筋硬結とは筋肉が傷ついて治りきらない状態になってシコリになっている状態です。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできています。日常的に使うだけでも傷つき、治癒と損傷を繰り返しています。

傷ついた筋肉の周囲の筋肉が痛みを抑えようとして緊張(緊張状態)になり硬くなります。筋肉が収縮して硬くなると周囲に通っている血管を圧迫してしまいます。治癒をするためには血液という栄養が必要になるので血管が圧迫されてしまうと傷口に十分な栄養を送ることができなくなり、治癒が遅くなってしまったり、それが慢性化すると治癒が途中でストップしてしまいます。治癒がストップすると傷の部分はシコリ(筋硬結)になって痛みの物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニン)を放出しだします。これが腰痛の痛みの原因なのです。

治癒の過程で必ず必要になるのが炎症です。炎症と聞くとあまり良いイメージは持たれないと思いますが、身体の中で起こる炎症は傷口に血液を集めて栄養をたくさん回すことで治癒を早める作用があります。しかし、筋肉が硬くなり筋肉が血管を圧迫してしまうと炎症が途中で止まってしまうのです。インナーマッスルセラピーはシコリ(筋硬結)にアプローチして再び炎症を再開させることで治癒を促進し、シコリ(筋硬結)を徐々に取り除いていくことを目的としています。
その為にインナーマッスルセラピー(深層筋施術)は深層に筋肉まで刺激を伝えるために手技を3段階に分けておこなっています。
1つ目に摩擦という手技をおこなっています。摩擦をすることで表の筋肉を緩め、深層の筋肉に刺激を加えやすくするのに加え20分ほど摩擦をすることで脳から脳内モルヒネというホルモンが分泌されます。脳内モルヒネが出ることで痛みを感じにくくなったり身体が温かくなってきたいといった生理学的反応がでてきます。そうすることで、深い筋肉に刺激を加えているときも痛みを感じにくい状態で施術を受けていただくことができます。
2つ目は圧迫という手技で浮腫みを取り除きます。浮腫みは血液循環が悪くなった状態のときに発生します。浸透圧によるものです。浸透圧は濃度を均等にしようという働きで、薄いほうから濃いほうへ水が移動していくことです。血管外のほうが濃度が濃いため水が血管内から外へ出て行ってしまうのです。外に漏れ出た水が浮腫みになってしまいます。
3つ目は圧迫振動摩擦で、シコリ(筋硬結)に刺激を加えて止まっている炎症を再開させていきます。

10分間無料体験も実施中です!是非お越しください!