TEL

用賀駅近くのようがナチュラル整骨院のここが他とは違う! | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 用賀駅近くのようがナチュラル整骨院のここが他とは違う!

用賀駅近くのようがナチュラル整骨院のここが他とは違う!

2017.08.22 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピー(深層筋施術)をおこなっています。インナーマッスルセラピー(深層筋施術)は筋肉施術です。筋肉はとても傷つきやすい組織でできています。なので日常生活の中で使うだけでも少しずつ傷ついています。傷ついたら身体の免疫が働き、傷を治そうとします。しかし、傷ついた筋肉の周囲の正常な筋肉は傷の痛みを抑えようと緊張状態(”ギュッ”と縮こまって硬くなった状態)になってしまっているので筋肉の周囲に走行している血管を圧迫してしまい、治癒に必要な栄養である血液が十分に行き届かなくなっているので治癒が遅くなってしまいます。この状態が長期間続くと治癒が途中でストッップしてしまい傷口は硬いシコリになってしまいます。

このシコリのことを筋硬結といい、痛みの物質を放出し腰痛や肩こりの痛みの原因になったり、五十肩・四十肩の腕が上がりずらいなどの動きの悪さの原因になっています。筋肉は骨と骨に付着しており、筋肉が伸び縮みすることで関節の動きをなしています。筋硬結が痛みを発せることで筋肉が硬くなり、伸び縮みができす動きが悪くなるのです。

インナーマッセルセラピー(深層筋施術)は筋硬結に刺激をおくり身体の自然治癒能力を活発化させ、ストップしていた傷の治癒を再開させ筋硬結を取り除いていくことを目的としています。

インナーマッセルセラピーは3段階の手技で施術していきます。

1段階目 摩擦

摩擦をおこなうことで筋肉の表面の緊張を緩めて奥に刺激を与えやすくしたり、20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネというホルモンが分泌されます。脳内モルヒネが出ることで身体が温かくなったり痛みを感じにくくなるなどの生理学的反応が出てきます。なので施術時に痛みを感じにくい状態でより深い筋肉をしげきすることができるようになります。

2段階目 圧迫

圧迫をすることで浮腫みを取り除き、その奥にある痛みの原因になっている筋硬結を取り除く事を目的としています。浮腫みは浸透圧が原因で発生します。浸透圧とは2つの違う濃度の水が水の成分だけ移動し濃度を均等にしようという働きです。血管内と血管外も同じことが起きています。血管内のほうが濃度が薄く外が濃い状態です。なので血管内の水分が外に移動します。この移動した水の成分が浮腫みになるのです。

3段階目 圧迫振動摩擦

一番奥に存在する筋硬結といわれる痛みの原因になっているシコリです。