TEL

慢性的な肩こり・急性の寝違えに関しては用賀駅近くのようがナチュラル整骨院におまかせを! | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 慢性的な肩こり・急性の寝違えに関しては用賀駅近くのようがナチュラル整骨院におまかせを!

慢性的な肩こり・急性の寝違えに関しては用賀駅近くのようがナチュラル整骨院におまかせを!

2017.12.19 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋施術)といわれる筋肉施術をおこなっています。

肩は曲げたり回したたり、様々な動きをするので肩回りには沢山の種類の筋肉が付着しています。

肩こりの原因は肩甲挙筋という筋肉が硬くなっている場合が多いのですが、通常の整体やマッサージなどで肩甲挙筋に直接アプローチをすることは難しいです。何故なら肩甲挙筋はたくさんの筋肉の層の奥のほうに存在しており、表層の筋肉も緊張が強く、奥に刺激がとどかない状態だからです。

大抵は表面の筋肉をほぐして終わりになってしまっています。

深い層の筋肉が悪くなっているのになぜ表層の筋肉まで緊張が強くなり硬くなってしまっているのか説明します。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできているため、日常的に使うときにも傷つき、また治癒してを繰り返しています。使って傷つく頻度よりも治癒のスピードが遅いため回復が間に合わず、慢性的に治らない状態ができてしまい傷が蓄積されていくと硬いシコリに変化してしまいます。

「筋硬結」の画像検索結果

シコリのことを筋硬結といい、筋肉の伸び縮みを阻害するためますます周囲の筋肉までもが傷ついてしまう原因になってきます。この筋硬結を取り除く事が根本施術につながります。

痛みを感じると身体は縮こまって防御態勢になり痛みから逃れようとします。お腹を殴られたらうずくまりますよね?大の字で痛がる人はそういません。筋肉が収縮し痛みを緩和させようとする。これを筋性防御といいます。

筋硬結の部分でも同じことが言えます。痛みを感じた部位の周囲の筋肉が緊張状態になります。緊張のことをスパズムトいいます。

スパズムが強いと動きにくいなどの可動域が狭くなってしまいます。

インナーマッスルセラピーは3つの手法を使い根本施術をしています。

摩擦→一番表層にある筋肉の緊張(スパズム)を取り除くことで、奥に刺激をとどかせる。脳内モルヒネが放出され、痛みを感じにくくなる・ぽかぽかしてくる。

圧迫→血行が悪くなったことで発生する浮腫みを除去することで奥に存在する筋硬結をとらえやすくする。

圧迫振動摩擦→筋硬結にアプローチし、治癒する過程で必ず必要になる身体に害のない炎症をおこさせることで、身体の治癒機構を促進させ筋硬結を取りのぞいていく。

ここでおきづきの方もいらっしゃるかもしれませんが、我々のおこなっているインナーマッスルセラピーとは患者様の身体の治癒能力を高める手助けをしています。