MENU TEL

産後骨盤矯正

世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院の産後骨盤矯正で出産前のプロポーションに戻すことが出来ます

世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院では、出産後に出てくる様々なお身体のお悩みを解消するための産後骨盤矯正を行っております。腰痛や肩こり、股関節痛、冷え性やむくみ、頭痛、生理痛などの辛い症状を世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院の産後骨盤矯正にて原因から取り除いていくことが出来ます。
出産後に一番気にされるのは「プロポーション」だと思います。その為、無理に以前のプロポーションに戻そうとして、お身体に負担をかけてまでダイエットを行う方もいますが、
実は世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院で骨盤のゆがみやずれを正しく治すことで、無理なダイエットをして体重を落とさなくても以前のお身体に戻れるのです。
無理なダイエットを続けていくと、思ったように効果が表れないばかりか、身体を壊してしまうことも考えられます。世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院の産後骨盤矯正で痩せやすく太りづらい身体へと変化させていき、健康的にキレイになりましょう。
世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院の産後骨盤矯正は、柔道整復師という国家資格を持つプロフェッショナルによる施術です。ソフトな力で丁寧に行う産後骨盤矯正ですので、痛みもなく安全に受けていただくことが出来ます。

 

骨盤矯正のよさ

さきほどお伝えした通り、痩せやすく、太りずらいお身体になるほか、腰やお腹周りの筋肉の張りが少なくなります。それは何故かと言いますと、骨盤が開いてしまうと、骨盤を支えている筋肉も一緒に開いて伸びてしまうからです。そのような状態になってしまいますと、筋肉に小さな損傷が起こり、痛みを出してしまう可能性があります。また、無理に伸ばされている状態の為、血流が悪くなり、股関節が動かしにくくなってしまいます。

そのような状態はおからだには負担をかけやすく、悪影響が出がちです。ですが、しっかりと改善することでそれらの症状は改善され、筋肉が緩み血流が良くなることで栄養が吸収されやすくなります。

また、筋肉が緩んだ際にトレーニングをすることで骨盤を固定する筋肉が引き締まります。その際にボディラインも引き締まって見え、腰痛の原因にある骨盤前傾がしにくくなるため腰痛の再発防止にもなります。

若いうちはまだいいですが、年齢を重ねると骨盤の歪みによる姿勢の乱れは誰でも気になるところです。しかも歳を重ねると改善も時間がよりかかってしまいます。若いうちに油断せず今から治そうと考える準備も大事になってきますよ。産後に何もケアをしないと骨盤もどんどん開く恐れがあります。後々後悔しないように産後すぐに筋治療で良くしていきましょう!

 

 

影響

骨盤周りの筋肉が固まってしまうと血流が悪くなってしまいます。

とくに骨盤周りにはたくさんの筋肉が付着している為、他の筋肉の血流も悪くなってしまい症状が広がっていってしまいます。時間がたてばたつほど症状は進行し、お体に沢山の負担をかけてしまいます。

そういったことがきっかけで、骨盤周りの筋肉の1つである腰の筋肉にも影響が出ます。腰痛は、骨盤の歪みからも出てしまう事はあるのです。骨盤が歪んでしまうと姿勢も悪くなりがちですし、姿勢の悪さから疲労感もたまりやすくなります。しかし、骨盤の歪みが実際に起きてしまっているかどうかは自覚症状のみで判断する事は難しいので、違和感や痛みなどを感じられている方はお早めにご相談・ご連絡ください!

 

当院の施術はインナーマッスルセラピーという深層筋治療を行っています。まずは、きちんとお体の状態を把握する為にも、問診票をもとにしっかりとお話をお伺いいたします。ご記入いただいた症状以外にも、何か不安がある場合はお気軽にお話し下さい。その後、施術メニュー・料金の説明を終えた後、お体の悪い場所を絞り込む為に検査を行います。特殊な器具などは用いませんのでご安心ください。原因の筋肉の施術を中心として行っていきます。保険が適用可能かどうかは、お話を伺う際に決定いたします。

その後に治療に入っていきますが、私たちの施術は基本が手・指を使った施術となります。状態や、患者様のご要望にあわせてさらに深い刺激の入れる事のできる器具も用いることも可能です。詳しくはお問い合わせください。治療の大まかな流れは、「初めに表面の筋肉を緩める(患部周囲も含め)→圧迫手技など用いてむくみを抜く→途中検査を行う→状態の変化を鑑みて、次に治療していくところを決定する→そこ!という場所を探して刺激を入れていく→最後に状態がどうなったかを見て、次回の来院の目安をご相談する形で提案」

となってきます。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

その後の通い方!

筋治療を行うと、刺激を入れた場所に好転反応(こうてんはんのう)が起きてきます。さまざまな反応の種類や、具合は個人差があります。好転反応が出る事によって、悪い筋肉は本来の状態に戻り良くなる事が出来るのです。

好転反応は、多くの方は当日の夜~翌日に出てくるとされています。気だるさや、筋肉痛のような痛みが出てくると、それから1日・2日ほどで治まります。そのころには、一段階お体が良くなったことを体感していただけると思います。そして、そこからが治療の勝負です!この段階は、表面の悪さが弱まった状態なので、根本的に良くするにはむしろこれからなのです。そういったお体の変化を把握するためにも、2回目治療する時の状態が最も重要なタイミングです。私たちと一緒に再発しない身体づくりを目指しましょう。

身体の悪い所に作用する“好転反応”

施術後、前述したタイミングで好転反応がおこります。

好転反応は、以下のようなものがあるとされています。

・刺激を入れた場所が、触ると痛い(筋肉痛のような)

・消化器系が活発になり、お腹がすいたり、ゴロゴロ鳴りだす、お通じが良くなる

・ぼーっとする感じがして、眠たくなってくる、くらくらしてくる

・血液循環がよくなったことで血管が拡張し、頭痛が出る

人によって、さまざまな反応があるとされていますが、その人の悪い場所が反応することが多いです。

好転反応は、悪い所が改善されるサインなのです!

 

骨盤周りのゆがみを取るなら

骨盤の歪みによる体型の崩れや、身体のあらゆる不調はお任せください!ようがナチュラル整骨院はあらゆる専門視点からお身体の症状を改善するとともに骨盤の位置を矯正し、自分で一生維持できる身体づくりを目指します。身体の中心にある骨盤。この基盤(土台)が崩れたとき、あなたの身体は歪み、あらゆる症状が発症します。そうなってしまったら、またはそうなる前に、きちんとケアをしましょう!私たちは地域の方の健康に貢献いたします!

 

Q・骨盤矯正は産後だけでいいの?

A・答えは「いいえ」です。骨盤は産後にゆがむといった認識ではなく、常日頃からの習慣で筋幾が歪んでいき、骨の位置関係まで影響を及ぼします。もちろん女性だけでなく男性にもおこります。最近はデスクワークや、立ちっぱなしの仕事など長時間の動作が影響を及ぼし、未病と呼ばれる目に見えないような冷えやだるさ、寝付けない、やる気が出ないなど、内臓や、自律神経症状にも影響を及ぼします。そうなってしまったら、また、そうなる前に一度ご相談ください。

Q・妊娠中は治療できるの?

A・「はい」可能です。ですが条件があります。

1、安定期に入っている事。

2、骨盤周辺の強刺激ができないこと。

3、お医者様の許可が出ていること。

が条件となっとります。

妊娠中の施術は、出産直前のお腹の大きい方でもご対応しております。

お腹が大きくなるにつれ、足のむくみや、股関節の痛み、肩こりや腰痛など多々、症状が発症しますので、お体に合わせた施術を提供させていただきます。匂いが敏感な方、吐き気がひどい方、小さいお子さんをお連れになる方など、個別対応させていただきますので安心して治療に通うことができます。その際は事前にご相談ください。

 

産後は骨盤がゆるい

産後はホルモンの影響もあり骨盤がゆるくなっています。なのでホルモンのバランスが正常になると自然と骨盤の緩みも改善していきます。しかし骨盤がゆるい状態だと歪みやすいものです。歪んだ状態で固まってしまうとなかなか元に戻すことは難しいのでケアしてあげましょう!

EMS装置を使ったトレーニング!!

現在当院では、「indepth」というEMS(Electrical Muscle Stimulationの略)装置を使った筋肉運動を紹介しています。

体幹の深層筋をそれにより鍛えることで、筋力がつき、姿勢が改善され、腰痛も減らすことができます!!

姿勢の乱れは見た目の悪さだけでなく、腰痛や、骨盤のゆがみ、さまざまな症状に効果があります。

姿勢がよくなればいろんな良い事がありますよ!!

現在であれば通常価格より格安で体験会を受けることができます。

ご興味のおありの方は、ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

産後は骨盤がゆるい

産後のママの骨盤が何故ゆるくなってしまっているのか?それは赤ちゃんが産道を通り生まれてくるために骨盤がゆるくなるのです。骨盤を緩くするために女性ホルモンが関係してきます。

妊娠するとリラ寄進というホルモンが分泌されます。このホルモンは産道を確保するために骨盤の靭帯をゆるめ、骨盤を開きやすくする作用があります。妊娠中に開いた骨盤は産後3~4か月くらいかけて徐々に元の位置に戻っていくのが一般的とされています。しかし、妊娠期間中に筋力が低下したせいで骨盤は正常な位置に戻りにくくなっていることがあります。特にインナーマッスルや内腿の筋肉が弱くなると歪みが出やすくなり、O脚にもなりやすくなってしまいます。それに加えて骨盤が歪むと左右差が出て腰の筋肉に負担がかかりやすくなってしまい腰痛の原因になってしまうことも、、、。

骨盤は元に戻ってから歪みを改善しようとしても上手くいかない方がほとんどです。なので骨盤が固まる前に一度お越しください

当院ではそんなママのためにEMSという装置の電気刺激でインナーマッスルを寝ているだけで鍛えられるという装置を導入しました!生後数か月のお子様を連れてきて施術を受けているママもたくさんいらっしゃいます。EMSを受けてみましょう!

 

歪みの原因

歪みの原因は何かご存知ですか?歪みは簡潔に言うと筋肉が原因で歪んでいます。

骨盤には筋肉がたくさん付着しています。いわゆる体幹の筋肉に当たりますが、この体幹の筋肉が日常的な負荷に耐えられず、筋肉の繊維が傷ついてしまい、痛みによって筋肉が縮こまってしまいます。

その縮こまってしまった状態がやがてコリとなり、骨盤を引っ張ってしまうので、歪む原因となってしまうのです。

骨自体が変形しているのではないのです。いわゆる、バキッと鳴らすような骨盤矯正をして位置を元通りにしても、根本的原因は筋肉にあるので、きちんと良くはなりません。

根本的対策をしていくには、大きく分けて2通りあります。

①筋治療をし、歪みの原因になっている筋硬結(コリ)を除去する

②筋力を強化し、日常生活の負担を減らし、コリをつくらないようにする

①はもちろん、私たちの専門分野ですからぜひおまかせください。骨盤まわりはもちろん、それに伴う肩こりや足のむくみなども同時にとっていくのがオススメです。

しっかりとお体を良くするには、全身の血液循環を良くしておくことが理想的です。

長年のじわじわとため込んできた傷を良くしていくには、血液循環を良くして自然治癒力をあげることが前提です。

ですから、腰痛や首肩のコリなどもとらないといけません。

原因は主に、脊柱起立筋とよばれる筋肉・骨盤周囲の筋肉(でん部)です。

脊柱起立筋とよばれる種類の筋肉は、骨盤~後頭部までつながっているのも中にはあるぐらいですから、これが背中のハリや首肩のコリなどと骨盤の歪みが関連している理由です。

 

腰痛改善で骨盤矯正

骨盤矯正と腰痛は切り離せない関係にあります。腰痛は筋肉が日常的な負荷に耐えられず、筋肉に傷ができてしまい、その傷が治癒しきれない状態が続いてしまうと周囲の筋肉が硬く固まってしまい、傷が治癒しきれないと腰痛になってしまいます。骨盤と別の骨についている筋肉が硬くなるということは骨と骨が引き付けあって歪みが発生していきます。なので骨盤の周囲の筋肉をしっかりとゆるめてあげることで歪みが改善されていきます。パキパキならさない骨盤矯正になります。

骨盤が緩んで戻らないのは女性ホルモンが原因になっています。出産のときに骨盤が大きく広がるため一時的に緩まなけれだいけません。この緩ませる作用のあるのが女性ホルモンなのです。緩んでいるのは一時的なのですが、再びくっつくときにずれてしまうとなかなかの途に戻らないので正しい位置にしてあげないと歪みが発生し腰痛などの原因になります。

骨盤が開いてしまった状態をそのまま放置してしまえば開いた時に傷ついた筋肉は硬直し、しこりになってしまいます。骨盤周りの筋肉なので、股関節に不自由が生じてしまったり、痛みなどが出て来ます。

また、開くだけではなく左右の高さが違うなど歪みが合わされば症状は悪化し、怪我をしやすいお体になってしまいます。そんな状態を避けるためにも早いうちからしっかりと治療をしていきましょう!

産後の骨盤矯正には、用賀ナチュラル整骨院の筋治療が効果的です。

産後の骨盤は、どうなるのでしょうか?これは、女性にとっては、非常に気になる事ではないでしょうか?
骨盤が開く?
骨盤が開いたら、太ってるように見える?
骨盤矯正はどうする?
産後の骨盤ベルト、ガードルは必要なの?
人間は、自然回復力が備わっています。当然、赤ちゃんを産んだ後には、回復する力を持っているんです。女性本来の回復力が発揮できれば、産んだ後に骨盤を矯正したり、する必要は本来無いんです。産後に開いた骨盤は、自然に閉じるべきなのです。
ただ、様々なストレスや肉体疲労、ホルモンバランスの乱れ、姿勢の悪さなど様々な要因によって、その自然回復力が衰えてしまうんです。
ようがナチュラル整骨院の深層筋治療では、身体を治療することにより、自然回復力の向上やホルモンバランスの調整をすることが出来ます。
人間本来の力を使って安全に、骨盤矯正をすることが出来るんです。

 

産後は骨盤矯正が必要

産後の骨盤の歪みはホルモンバランスによるものがほとんどです。赤ちゃんが産道を通り出てくるときに骨盤の関節がゆるくなっていないと出ることが出来ません。なので関節を緩くする必要があるのです。そのさい働くのがリラキシンや女性ホルモンのエストロゲン・プロゲステロンなどのホルモンです。リラキシンは産後はでなくなります。女性ホルモンは正常に戻り月経も始まってきます。

出産した後のホルモンはまた子供が作れるように正常な状態に戻ります。そうなると自然と骨盤も元に戻って島ってくるのですが、骨盤の関節が硬く戻るときずれていたりすると身体全体の歪みや腰痛の原因になってきます。歪んだ状態で固まってしまう前に正しい位置で固定しておきましょう!もともと姿勢が悪く骨盤が歪んでいたという方はむしろ関節が緩んで歪みを変えやすい今が矯正のチャンスです。この機会に骨盤を正しい位置に戻すことが出来れば慢性的な腰痛の改善にもつながります。

子育てで忙しくてなかなか時間が作れないお母さんのためにキッズルーム完備していますので隣のベットで安心して施術を受けていただけます。

お子様の為にも身体を長く動かし続けられるように健康な身体づくりをしていきましょう!!

 

骨盤の歪みの症状

骨盤が歪んでいると腰痛が発生してきます。腰痛は筋肉が日常的な負荷に耐えられず、筋肉に傷ができてしまい、その傷が治癒しきれない状態が続いてしまうと周囲の筋肉が硬く固まってしまい、傷が治癒しきれないと腰痛になってしまいます。骨盤と別の骨についている筋肉が硬くなるということは骨と骨が引き付けあって歪みが発生していきます。なので骨盤の周囲の筋肉をしっかりとゆるめてあげることで歪みが改善されていきます。

骨盤がそうして歪んでいくと身体の軸がずれていくのでバランスが取れなくなってきます。例えば電車でよろけやすくなったりとか…20代30代はまだ筋力が補ってくれるので簡単によろけたりしませんが、年を重ねていくと筋力が低下していくためバランスが取れなくなり転びやすくなってしまいます。転倒を防止には足の筋力をつけて足をしっかりあげられるようにするのに加えて骨盤のバランスを整えることも大事なのです。

年を重ねると見た目にも歪みが著名に出てくるので、そうなる前にしっかりと改善していく必要があります。

未病と呼ばれる目に見えないような冷えやだるさ、寝付けない、やる気が出ないなど、内臓や、自律神経症状にも影響を及ぼします。そうなってしまったら、また、そうなる前に一度ご相談ください。

 

骨盤の歪み改善

骨盤は身体を支える軸となっている部分で日々体重がのしかかっている場所なので、誰しも多少は歪んでいます。

その歪みがひどくなってくると腰痛や猫背による肩こりが発生してきます。

骨盤周りにはたくさんの筋肉が付着している為、これらの筋肉が硬くなると他の筋肉の血流も悪くなってしまい症状が広がっていってしまいます。時間がたてばたつほど慢性化し症状が悪化して、腰に負担がかかりやすくなったり、腰の歪みが背中に影響し曲がってしまう為猫背になり身体に沢山の負担をかけてしまいます。

産後に骨盤が緩んで戻らないのは女性ホルモンが原因になっています。出産のときに骨盤が大きく広がるため一時的に緩まなけれだいけません。この緩ませる作用のあるのが女性ホルモンなのです。緩んでいるのは一時的なのですが、再びくっつくときにずれてしまうとなかなかの途に戻らないので正しい位置にしてあげないと歪みが発生し腰痛などの原因になります。

固い状態に戻るとなかなか改善されなくなってしまうので早めの受診をオススメします!

お子様用のキッズスペースもございますので安心して施術をを受けられます!おまちしております!

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-47-4 ロイヤルビル1B
駐車場なし
電話番号03-5797-5526
予約お電話でのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜

得られる身体の変化