MENU TEL

四十肩・五十肩

夜間痛や、痛みが取れてきても肩が上がらなくなってきたり、動かしずらいと感じたら、それは「四十肩・五十肩」かもしれません!そのまま放置してしまうと、筋肉が固まってしまい動かせなくなってしまいます!そこで放置せず、しっかりと改善して健康で丈夫なお身体づくりをしませんか?「四十肩・五十肩」は突然肩が上がらなくなることもあります。少しでも違和感を感じましたら迷わずご相談ください!すぐに治療すると効果も早いですよ!

分類

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)は、「慢性急性タイプ」と言われる症状です。慢性的な肩こりや背中のハリなどが原因となり、急性的な新しい症状が生まれてしまいます。同じ痛みを繰り返さない為には、痛みがある程度とれた後も、慢性的な部分までとってあげる必要があります。循環障害を改善し、筋肉の柔軟性が取り戻せます。インナーマッスルセラピーはそこまでとることもできる施術法なのです。

四十肩・五十肩の治療なら世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院の治療のスペシャリストにお任せ下さい

四十肩・五十肩は、その名の通り40~50代の中年以降の方に多く発症する症状で、正式には「肩関節周囲炎」という病名がついています。
肩の痛みによって腕が上がらないといった症状が出てきますが、日常生活の中で見ていくと、「上着の着脱の際に肩に激痛が走る」、「髪がとけない」、「結べない」といった症状が多いです。このような症状が出てきたら、すぐに世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院でしっかりと診断しましょう。
四十肩、五十肩の原因というのはハッキリとは分かっておりません。加齢によって肩周辺の筋肉や関節の柔軟性が失われて硬くなってしまうことや、癒着してしまうことなどが原因だと言われております。そのため、世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院では、筋肉の柔軟性を取り戻し、関節に動きをつけるという施術を中心に行っており、癒着している筋肉を無理にはがそうとせず、丁寧に施術していきます。
辛い痛みになってしまう前に、一刻も早く世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院にて四十肩、五十肩を改善させておきましょう。

正式名称は、『肩関節周囲炎』と言います。

四十肩・五十肩は肩関節周囲炎と言います。何故起こってしまうか?というと、肩関節の使い過ぎ、使わなさ過ぎなどと言われていますが、人それぞれ違うようです。ただ、痛みを出している原因は、筋肉なんです。私達の深層筋治療は、肩関節周囲の原因を治療する事は勿論、根本的に改善するためにも、肩甲骨の高さ付近の背骨の脇の筋肉を治療をします。肩関節を構成する筋肉を支配している神経の根元を治療をするんです。そうする事で、四十肩や五十肩の辛い症状は必ず改善します。用賀駅近くのようがナチュラル整骨院の深層筋治療で辛い症状を改善しましょう。

四十肩・五十肩の原因は?

四十肩・五十肩の原因は、関節の周囲を構成する様々な筋肉が原因です。骨や神経が原因で、痛みを出すものではありません。肩の周囲を構成する筋肉は、何種類も存在します。そのどれかの筋肉が悪くなると、または、全ての筋肉が悪くなると、四十肩・五十肩が発症します。具体的に何の筋肉が悪くなったか?は、個人個人違うので、はっきり言えませんが、ようがナチュラル整骨院では、個人個人にあった治療を提供しておりますので、驚く程効果が出ます。辛い症状や痛みを早く改善しましょう。

肩周りの筋肉だけが原因ではない!首や背中の筋肉にも原因あり!

四十肩・五十肩の場合はもちろん肩の筋肉が原因ではありますがそのほかにも原因となる場所があります。それは肩の筋肉の近くにある背中や首の筋肉も肩の筋肉と一緒に悪くなっています。首や背中の筋肉が硬くなってしまうと姿勢の乱れにもなってしまうのでより肩の辛さを悪化させてしまいます。私たちが行っているインナーマッスルセラピーは肩の筋肉に対してはもちろんですが肩だけでなく首、背中、場合によっては腰まで範囲を広げて治療していきます。その結果、根本的に改善して同じ痛みを繰り返さないようにすることが出来るのでもう悩む必要もなくなります。

セルフケアで痛み軽減!

四十肩・五十肩の痛みは日常生活でとても影響がありますので、御自宅で出来るセルフケアで少しでも痛みを軽減しましょう!

一番効果があるのは「体操」を行うことです。四十肩・五十肩は動かすだけでお辛いかと思いますが、動かさないでいますと肩周りが硬くなってしまい、更に動かしにくくなってしまいます。ですので、痛くない範囲でゆっくりと体操を行う事をお勧め致します。

通称”アイロン体操”という体操があります。見た目がアイロンをかける仕草と似ているためにそう呼ばれています。

やり方・・・空の1ℓペットボトルに水を入れます。量は痛みに合わせて減らします。目安は半分~満タン。

患部の腕で持ち肘を伸ばし、左手は机に手を置くなどして支えにします。

持った状態のままで、肩関節の前後・左右と振り子のように動かします。痛みが強いうちは無理をしないでください。

改善されることで、普段のお辛い症状から解放され、お身体が自由に動きます。

ご自宅でのセルフケアを続ければ、治療後、より効果が得られます!より早く改善したい!というかたにはお勧めです!

また痛みによるストレス等がなくなり、生活の中での動きがスムーズに行えるので楽しい日々がおくれます。そうなってほしいという想いで我々は全力でサポート致しますのでぜひご相談ください!

四十肩や五十肩は筋治療で改善します!!

四十肩や五十肩は非常に辛い症状が出ます。その症状は自然治癒で治るとも言われていますが、そんなことはありません。初めは夜間痛が続くことが多く、一般的には腕が痛みで挙がらなくなりますが、筋治療をすることで、驚くほど、症状が改善します。肩関節は上腕骨・肩甲骨・鎖骨と3つがうまく連動してスムーズに動きます。運動検査でどの部分に引っかかる場所があるか、つまる場所があるのか確認してから行います。その後、肩甲骨の周辺や、背骨の脇にある筋肉を丁寧に治療をする事で、大きな効果が期待できます。治療をすれば、必ず良くなりますので、お困りな事がありましたら、用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へお越し下さい。

四十肩・五十肩は、どうやって改善するか?

四十肩・五十肩は、肩甲骨周辺の筋肉を治療する事で改善していきますが、それでも改善しない人は、背骨の横にある多裂筋を治療をすることで、驚くほど効果が出て来ます。背骨の横の多裂筋を治療する事で、肩関節周りの筋肉全体を支配している神経の根っこの治療ができます。四十肩や五十肩は神経根を治療する事で、支配神経が緩み、繋がりのある四十肩・五十肩の症状が改善します!!辛い四十肩・五十肩でお悩みの方は、世田谷区の用賀駅近くの、ようがナチュラル整骨院へ是非お越し下さい。

四十肩・五十肩を放っておくと・・・・。

四十肩・五十肩は放っておいても治る・・・という話を良く耳にしますが、確かに放っておいても四十肩・五十肩は治ります。ただ、リスクがあります。1つは、治る期間が長くなる。2つ目は、慢性的な肩こりや首こり、背中のこりが酷くなる。といったリスクがあります。腕が上がらない期間が長いほど、腕や肩甲骨周辺の筋肉が使えないので、血液循環が悪くなり、新たなコリが出来てしまう事が多くあります。四十肩・五十肩が治っても、慢性的な肩こりや首こり、背中のこりが悪化する事もありますので、早めに治療をしましょう!!

肩こりが悪化したら、四十肩になる?

肩こりが悪化をしたら、四十肩になる可能性が上がります。多くの四十肩や五十肩の患者様は、日常生活で辛い肩こりや首こりに悩んでいる人です。医学的には、この四十肩や五十肩は解明されていませんが、私たちの臨床経験から、このようなケースも少なくありません。四十肩は肩が激痛になったり、人によっては、痛みで眠れない事もあります。日常生活において不自由な生活を強いられてしまいます。炊事や洗濯、着替えなどのちょっとした動作だけでも激痛になってしまいます。予防・改善をするためにも、是非治療をうけましょう。

「四十肩・五十肩」と「腱板損傷」の違いは?

基本的には若くてボールを投げるようなスポーツのされている方は、肩の腱板損傷の可能性が高いです。主に肩を外から挙げたときに、自力では挙げられないが他人が支えてもらうと挙がようなのが腱板損傷の特徴です。一方、四十肩・五十肩はどのように挙げても痛いのが特徴です。急性期は安静にしていても痛みがでますので、少しでも違和感がありましたら、是非、ご連絡ください!

早期治療開始が大切

四十肩・五十肩は早期に治療を開始すると、回復が早くなります。放っておいても治ると言われていますが、治らない人も少なからずいます。勿論、一回の治療で改善するひとは少ないですが、治療をすることで血流改善をし、自然回復力を高める事ができると、短期間で治ります。そのためには、ようがナチュラル整骨院の深層筋治療が大変効果的なのです!!

 

将来健康であり続ける為に

四十肩・五十肩の原因は肩関節周りの筋肉にあります。普段から感じているその違和感を放置し続けず、しっかりと向き合ってまずは改善していきましょう。単なる肩こりや首凝り、背中の凝りだと思っていそのまま放置していると、思わぬタイミングで、急に肩が上がりにくくなったり、肩が一切上がらなくなります。本当に急におこります。
四十肩や五十肩の発生原因はわからない事も多いですが、肩回りの筋肉が悪い人に発生しやすいのは間違いありません。健康であり続ける為にもお身体のメンテナンスは必要です。「我慢出来る」「大丈夫」と言い聞かせてはいけないのです。その時には無理をせず、しっかりと改善していきましょう。四十肩・五十肩は「慢性急性タイプ」とよばれる症状であり、元々は慢性的な肩コリなどが原因でより起きやすいとされています。世田谷区、用賀駅近くのようがナチュラル整骨院では、深層筋治療をしており、一時的な症状改善だけでなく確実に改善する治療方法です。根本的なところまで追求しておりますので、繰り返す四十肩・五十肩の症状の方も安心してご来院ください。

影響

肩関節周囲炎は「腕が上がらない」「少し動かしただけでズキッと痛む」「痛みで夜も眠れない」「手を後ろに回せない」といった私生活での影響がとても大きいです。また、それらを我慢してしまうと痛みの強さがましたり、動かせる可動域の低下が進むことが考えられます。つまり、今以上にお辛い状態になるということです。痛みが出始めた時は我慢できてしまうかもしれませんが、そのうちに改善することが時間もかからずご自身への負担の大きさが変わってきますので是非一度ご相談ください。

どのような治療を行うか

当院の施術はインナーマッスルセラピーという深層筋治療を行っています。まずは、きちんとお体の状態を把握する為にも、問診票をもとにしっかりとお話をお伺いいたします。ご記入いただいた症状以外にも、何か不安がある場合はお気軽にお話し下さい。その後、施術メニュー・料金の説明を終えた後、お体の悪い場所を絞り込む為に検査を行います。特殊な器具などは用いませんのでご安心ください。原因の筋肉の施術を中心として行っていきます。保険が適用可能かどうかは、お話を伺う際に決定いたします。

その後に治療に入っていきますが、私たちの施術は基本が手・指を使った施術となります。状態や、患者様のご要望にあわせてさらに深い刺激の入れる事のできる器具も用いることも可能です。詳しくはお問い合わせください。治療の大まかな流れは、「初めに表面の筋肉を緩める(患部周囲も含め)→圧迫手技など用いてむくみを抜く→途中検査を行う→状態の変化を鑑みて、次に治療していくところを決定する→そこ!という場所を探して刺激を入れていく→最後に状態がどうなったかを見て、次回の来院の目安をご相談する形で提案」

となってきます。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

その後の通い方!

筋治療を行うと、刺激を入れた場所に好転反応(こうてんはんのう)が起きてきます。さまざまな反応の種類や、具合は個人差があります。好転反応が出る事によって、悪い筋肉は本来の状態に戻り良くなる事が出来るのです。

好転反応は、多くの方は当日の夜~翌日に出てくるとされています。気だるさや、筋肉痛のような痛みが出てくると、それから1日・2日ほどで治まります。そのころには、一段階お体が良くなったことを体感していただけると思います。そして、そこからが治療の勝負です!この段階は、表面の悪さが弱まった状態なので、根本的に良くするにはむしろこれからなのです。そういったお体の変化を把握するためにも、2回目治療する時の状態が最も重要なタイミングです。私たちと一緒に再発しない身体づくりを目指しましょう。

身体の悪い所に作用する“好転反応”

施術後、前述したタイミングで好転反応がおこります。

好転反応は、以下のようなものがあるとされています。

・刺激を入れた場所が、触ると痛い(筋肉痛のような)

・消化器系が活発になり、お腹がすいたり、ゴロゴロ鳴りだす、お通じが良くなる

・ぼーっとする感じがして、眠たくなってくる、くらくらしてくる

・血液循環がよくなったことで血管が拡張し、頭痛が出る

人によって、さまざまな反応があるとされていますが、その人の悪い場所が反応することが多いです。

好転反応は、悪い所が改善されるサインなのです!

 

 

四十肩・五十肩ならお任せ

通院しているけど良くならない。ずーっと同じ症状・・・毎日痛い・・・。そのうち治るでしょ?痛くないから肩が上がらなくてもいいか・・・。そんなお悩みは「ようがナチュラル整骨院」にお任せ!1回受けただけで変化を感じることが出来ます。当院の施術の特徴は、「患者様おひとりおひとりの症状や日常生活パターンの合わせた施術提供」ができるということ。また理論に基づいた施術方法で「良くなる」までの具体的なプランとゴールが見える!私たちと一緒にお体を良くしていきませんか?あきらめないで!きっと私たちがあなたの症状を良くします!一緒に頑張ってみませんか?

あれ?急に肩がうごかない・・・

突発的な方の症状なら、ようがナチュラル整骨院におまかせ!あなたのお身体は、一見急性の症状に思われますが、原因の根底として慢性的な症状が繰り返し繰り返し同じ馬首にダメージを受けることとなり、積み重なって貯蓄され、急な症状につながります。しかし、肩の痛みが出てもご安心ください!私たちは筋治療のスペシャリストです。その場で「良くなった」を実感し、「その時だけはよかったけど、また悪くなる」といった再発を防ぐことが可能です。当院のインナーマッスルセラピーは自身があります。ぜひご体感ください。

 

肩が何もしていないのにスゴク痛い!! 四十肩・五十肩かも?

四十肩・五十肩は3つの時期に分かれています。すぐに動かなくなるわけではないのです。

3つの時期というのは疼痛期・拘縮期・回復期という流れで進行します。

疼痛期は後ろで髪を結ぼうとしたとき、腰で帯を結ぼうとしたときに強い痛みが出ますが、痛みによって動かしたくないだけで動かないわけではありません。疼痛期は名前の通り痛みが一番強い時期であるとされています。

拘縮期に入ると痛みが徐々に取れてきて代わりに肩の動きが悪きなってきて、腕が上がらないなどの症状が現れます。この時期から痛みのない範囲で少しずつ肩を動かしていきます。しかし、ただ動かせばいいというわけではなくちゃんとした改善させる体操があります。

 

放っておけば治るんじゃないの?

そんなお話もしばしばお伺いします。しかし、過去に四十肩・五十肩をされて症状を放置し、痛みが自然と引いた方は【肩が後遺症で完璧に挙がらない】ことがほぼあります。しかし「あの時よりは痛くないからいい」「今のままで十分生活できるから・・・まあいいや」と放置しいるかたもたくさんいらっしゃいます。が、そんな方々、慢性の肩こりはほぼ90%の方がかかえています。

「放っておけば治る」のではなく「放っておいたら痛みが引いた」なのです。

ですので「再発」も頭に入れなければなりませんね。再発予防のために、そして肩こりを抱えている方は早急に筋治療を受けましょう!

 

四十肩・五十肩

肩関節周囲炎とも言われていますが、それは基本的に原因がわからないけれど、肩が上がらない(可動域が狭くなる)、痛いといった症状の総称です。原因が判明すれば肩関節周囲炎という項目から外され、るかたちになります。

 

肩関節周囲炎とは、、、

肩関節周囲炎は肩が痛い・動かないという原因不明の総称的な名前で、「肩が原因はわからないけど痛くて動かない。とりあえず肩関節周囲炎」というかんじです。そこからCT,MRIなどを撮り、原因を発見したら別の名前になる。ということです。五十肩は主に最初は痛みが強く出ます。痛いからと言って冷やしてはいけません!寝る時も冷やさないように温めましょう!

 

肩関節周囲炎に似ている症状なのが腱板断裂というものです。腱板断裂は外側から腕を耳に付けるような動きをするとき90度ぐらいになると肩関節に痛みが走るのが特徴です。ドロップアームテストという検査で陽性になります。

関連画像

赤くなっているのが棘上筋という筋肉です。肩甲骨と肩関節の間に滑り込んでいるのがわかりますか?

滑り込んでいる部分が断裂(切れて)してしまうと腱板断裂となります。

 

肩関節周囲炎

五十肩・四十肩は肩関節周囲炎ともいわれる肩関節の原因不明に発生する疾患です。肩に強い痛みを伴い、動かなくなります。

痛みによって筋肉が縮こまり過収縮した状態になっている場合が多いです。過収縮になっていると筋肉がしっかり伸び縮みができずに可動域が狭くなって治りが遅くなっているのです。このような症状があった場合は早めにご来院いただき、一緒に治療して早く症状を改善させましょう!

しっかり治療をすることで動きの制限が後遺症としてのこらないように指導いたします!

 

上腕二頭筋長頭腱炎

「上腕二頭筋長頭腱炎」の画像検索結果

上腕二頭筋とは二の腕の握り拳をつくった時に盛り上がる筋肉で、筋肉があまり浮き出ない女性の体で一番浮き出る筋肉といわれています。上腕二頭筋は名前の通り長頭と短頭の2つに分かれています。上の図は人の体を前から見たものです。二頭筋は腕の上腕骨の大結節と小結節の間を通って骨についています。この部分が痛みを引き起こします

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-47-4 ロイヤルビル1B
駐車場なし
電話番号03-5797-5526
予約お電話でのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜

得られる身体の変化