MENU TEL

坐骨神経痛

急に、お尻から足にかけて『ビリッ!』っと痛みが走ったとき、それは坐骨神経痛かもしれません。

病院でそう診断された際、痛み止めは頂いたけど、どうすれば治っていくの?

と疑問に思う方がいらっしゃるかと思います。

そんな時には当院へご相談ください!

 

坐骨神経痛なら世田谷区・用賀のようがナチュラル整骨院に是非お任せください。

人間の体の中には神経がいたるところに張り巡らされています。

神経は身体に情報伝達をする働きがあります。

だからこそ私たちの体は自由に動くのです。

その神経の中でも最も太く長い神経が「坐骨神経」です。

坐骨神経は腰からお尻の後側、太ももの裏を通って足先まで通じています。

坐骨神経というのは、なんらかの原因によって坐骨神経が圧迫されてしまうことによって起こる症状です。

何が原因となっているのかをしっかりと見極めることが大切になります。

当院での坐骨神経痛治療は、患者様お一人お一人のお身体を細かくチェックさせていただき、原因を見つけ出してから最適な施術を行っていきます。

坐骨神経痛の主な症状は「痛み」と「しびれ」です。

お尻から足にかけての坐骨神経の流れに沿って症状が出てきます。

長時間歩き続けると痛みが強くなってしまうということもあります。

症状が悪化する前に是非、一度当院の治療を受けるようにしてください。

また、安静にしていることが多くなり、筋力が低下してくると思うので、当院では手軽にできるトレーニング法や運動療法についても丁寧にアドバイスをさせていただいております。

 

坐骨神経痛の原因は、『梨状筋』が原因です。

坐骨神経痛の原因は梨状筋という筋肉が悪くなり(凝り固まる)、深層を走る坐骨神経を、凝り固まった梨状筋が圧迫をする事で起こります。

痛みやしびれ、倦怠感、だるさ、違和感などが主な症状です。

治療方法としては、単純に梨状筋を正常な状態に戻してあげる事ですが、梨状筋は深層に位置するので、表面の筋緊張を取り、少しづつ深層筋への治療をして、最終的に梨状筋を触り分けて刺激を加えることで、良くするやり方をしています。

ようがナチュラル整骨院のスタッフは、解剖学の勉強をしっかりとし、知識や筋肉の触り分けをマスターしたスタッフが治療をさせて頂いております。

必ず改善します。

しびれだけでなく、ちょっとでも違和感を感じましたら坐骨神経痛の前兆かも知れませんので、お早めにご来院下さい!

我慢するとそれだけ治りも時間が掛かってしまいますよ!

 

改善方法

では、どのようにして改善をしていくべきなのか、ご説明いたします。

先ほど申し上げたように、まずは表面に筋肉の緊張をとり、少しずつ深層筋、梨状筋へ刺激を加えていきます。

また、週に3回以上の通院が難しい方は、ストレッチで臀部・ハムストリングスを伸ばすことで筋肉は緩み、より良い効果を挙げられますのでぜひご自宅でお試しください。

また、どのようなストレッチか知りたい方はご紹介いたしますのでぜひスタッフにお声かけください^^

私たちは日常生活のアドバイスも行っておりますので、治療と自己管理を組み合わせれば必ず症状は良くなりますよ!

お任せ下さい!

また、坐骨神経痛症状は、ほとんどの方がデスクワークといった”座り作業”時間が長い方に多く見られます。

ですので、臀部の施術だけではなく腰部の施術も行う事があります。

坐骨神経は、もともと腰部から出てきている神経が派生したものです。

腰部から施術することにより、臀部の施術だけで改善しなかったものも良くなっていく見込みがあります!

 

整骨院ならでは

当院には「柔道整復師」という国家資格取得者が滞在しております。

他の整体院さんやリラクゼーションでは資格者がとても少ないもしくは不在の状態です。

治療のスペシャリストが滞在しておりますのでご安心して頂けたらと思います。

また、何か気になる症状などございましたらいつでもご相談下さい。

 

診断されていなくてもご相談ください

「痛いけど、怪我の名前が分からない・・・」

そんな事はありませんか?

そんな時には是非一度ご相談ください。

医師ではないので診断は出来ませんが、原因を追求し怪我の予測をします。

また、国家資格の柔道整復師が在院していますのでご安心ください。

怪我は早いうちに改善すれば完治までの時間が短くなります。

痛みが少なくて我慢できそうであっても、放置してしまえば大きな怪我に繋がります。

そんな時はご相談ください。

 

坐骨神経痛の圧迫を筋地治療で改善させよう!

神経痛にはいろいろな症状がありますが、だいたいは硬くなった筋肉の圧迫によるものが多いのです。

神経根は背骨を形成する脊柱からスタートしていますので、坐骨神経痛なら腰部をまず緩め、その次に臀部・大腿という順番に固まった筋肉を治療していきます。

マッサージのようにほぐすだけでは改善されませんが、深層筋治療は痛みや痺れを出している根本的な原因(深層筋の筋硬結)を治療する事ができる数少ない方法です。
治療を継続する事により、必ず痛みは軽減する事が可能です。

 

どのような治療を行うか

当院の施術はインナーマッスルセラピーという深層筋治療を行っています。

まずは、きちんとお体の状態を把握する為にも、問診票をもとにしっかりとお話をお伺いいたします。

ご記入いただいた症状以外にも、何か不安がある場合はお気軽にお話し下さい。

その後、施術メニュー・料金の説明を終えた後、お体の悪い場所を絞り込む為に検査を行います。

特殊な器具などは用いませんのでご安心ください。

原因の筋肉の施術を中心として行っていきます。

保険が適用可能かどうかは、お話を伺う際に決定いたします。

その後に治療に入っていきますが、私たちの施術は基本が手・指を使った施術となります。

状態や、患者様のご要望にあわせてさらに深い刺激の入れる事のできる器具も用いることも可能です。

詳しくはお問い合わせください。

治療の大まかな流れは、「初めに表面の筋肉を緩める(患部周囲も含め)→圧迫手技など用いてむくみを抜く→途中検査を行う→状態の変化を鑑みて、次に治療していくところを決定する→そこ!という場所を探して刺激を入れていく→最後に状態がどうなったかを見て、次回の来院の目安をご相談する形で提案」

となってきます。

ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

 

その後の通い方!

筋治療を行うと、刺激を入れた場所に好転反応(こうてんはんのう)が起きてきます。

さまざまな反応の種類や、具合は個人差があります。

好転反応が出る事によって、悪い筋肉は本来の状態に戻り良くなる事が出来るのです。

好転反応は、多くの方は当日の夜~翌日に出てくるとされています。

気だるさや、筋肉痛のような痛みが出てくると、それから1日・2日ほどで治まります。

そのころには、一段階お体が良くなったことを体感していただけると思います。

そして、そこからが治療の勝負です!

この段階は、表面の悪さが弱まった状態なので、根本的に良くするにはむしろこれからなのです。

そういったお体の変化を把握するためにも、2回目治療する時の状態が最も重要なタイミングです。

私たちと一緒に再発しない身体づくりを目指しましょう。

 

身体の悪い所に作用する“好転反応”

施術後、前述したタイミングで好転反応がおこります。

好転反応は、以下のようなものがあるとされています。

・刺激を入れた場所が、触ると痛い(筋肉痛のような)

・消化器系が活発になり、お腹がすいたり、ゴロゴロ鳴りだす、お通じが良くなる

・ぼーっとする感じがして、眠たくなってくる、くらくらしてくる

・血液循環がよくなったことで血管が拡張し、頭痛が出る

人によって、さまざまな反応があるとされていますが、その人の悪い場所が反応することが多いです。

好転反応は、悪い所が改善されるサインなのです!

坐骨神経痛かも!・・・対処法は?

もしかしたら、坐骨神経痛!?

・・・どうしたらいいの?

焦る前にまず相談!

悩んで時間が過ぎるならまずは行ってみよう!!

ご相談、施術は「ようがナチュラル整骨院」へどうぞ。

坐骨神経痛に関して得意なスタッフが丁寧な問診と丁寧な検査、対応をさせて頂きます。

また、日常生活パターンから原因を分析し、貴方の生活とお身体にあった施術をご提供させて頂きます。

サポートも安心の『ようがナチュラル整骨院』です!

 

坐骨神経痛の解決法

坐骨神経痛とは腰の部分から足にかけて走行している坐骨神経が筋肉等で圧迫されて障害されたことでおこる神経痛のことです。

特に多いのが骨盤周囲に存在する梨状筋という筋肉が緊張することで骨と梨状筋の間を通る坐骨神経を圧迫しておこるものです。

治療としてはこの梨状筋の緊張を緩めることで徐々に改善させていきます。

 

坐骨神経

坐骨神経痛の人は長年腰痛に悩まされている方が多くいらっしゃいます。

坐骨神経は腰の椎体(背骨)から出て、足にかけて走行しています。

梨状筋といわれる筋肉の隣を坐骨神経が通っているので、梨状筋が収縮して固まった状態になると坐骨神経を圧迫してしまうからなのです。

坐骨神経は足のヒラメ筋、腓腹筋などたくさんの筋肉を動かしています。

その神経が圧迫されると伝達がうまくいかないのと同時に神経と一緒に走行いている血管まで圧迫されるので栄養が十分行き届かないので筋力が低下してしまいます。

治療法としては、、、

圧迫の原因になっている筋肉の固まった梨状筋を緩めてあげる

筋力が低下していたら筋力が戻るようサポートします

 

坐骨神経痛は治る?

不可能ではありません!!

ただ神経は治癒にとても時間がかかります。

人間の再生能力は組織によって回復速度が違います。

筋肉や神経は治りにくい分類に入ります。

逆に皮膚や粘膜組織は人間の体で一番回復速度が速いといわれています。

神経は特に遅く、1か月で数ミリしか回復しないといわれています。

インナーマッスルセラピーは治癒に必要となる血液の流れを良くすることができるので治癒の速度を上げるのとができます!

 

坐骨神経の走行

坐骨神経は腰の背骨部分から出て梨状筋を抜けて、大腿(太もも)の後方を走行し、膝窩(膝裏)から腓腹筋などふくらはぎの筋肉を支配する脛骨神経と、すねの筋肉を支配する総腓骨神経に分かれます。

脛骨神経が足底にいき、外側足底神経、内側測定神経になります。

 

若年者の坐骨神経痛

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になるとほとんどが腰部脊柱管狭窄症を原因として発症します。

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアも腰椎(背骨の腰の部分)におこる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身のお尻から足にかけて痛みやしびれを引き起こします。

 

痺れの部位で障害されている場所を特定する

脊椎図sciatic-nerve

L1のLは腰椎、つまり背骨の腰の部分を指します。

腰からは足の感覚を感知したり、動かしたりする神経が出ています。

右の足の図は腰から出た感覚神経が支配する領域です。

足を動かす神経については今回は触れません。

背骨は脊椎といわれる骨が1つ1つ関節を挟んで連なって脊柱になっています。

その脊椎の1つ1つの横から上記でもお話しした通り、足の感覚の神経が伸びていき、それぞれ決められた部位の感覚に分布していくのです。それが右の図になります。

 

腰痛から坐骨神経痛発症!

坐骨胃神経は腰からお尻、太もも、ふくらはぎ、足という順番で走行しています。

徐々に下へと延びているのです。

根元の腰の部分で圧迫を受けるとお尻から足にかけて痺れが発生します。

要因としては腰痛により腰の筋肉が硬くなり、神経を圧迫してしまうというものです。

なのでしっかり腰と臀部の筋肉をほぐしてあげることで坐骨神経痛を改元させることができます。

 

坐骨神経痛は腰痛からなる

坐骨神経の根元は腰から発生します。

腰痛により腰の筋肉の筋肉の緊張が強いと臀部や足へと延びていく神経(上臀神経・中臀神経・下臀神経・坐骨神経)が圧迫されてしまい、臀部や足に強い痺れが発生してきます。

腰の筋肉をしっかりと緩めてあげることで改善していきます

 

梨状筋が原因!?

坐骨神経痛は梨状筋が原因で発生している場合があります。

梨状筋はお尻の筋肉(臀筋)の深い部分にある筋肉です。

お尻には分厚い脂肪が表層にあります。

その奥に大臀筋・中臀筋・小殿筋の臀筋群といわれる筋肉、そしてその奥に梨状筋があり、その隣に坐骨神経が走行しています。

「梨状筋 坐骨神経痛」の画像検索結果

この梨状筋が硬くなりことで隣の坐骨神経が坐骨と梨状筋に挟まれて異常な刺激(電気刺激)として感知され神経痛となります。

図を見ると他の筋肉との連結や関連はみられませんが臨床的にはどちらもみられます。

特に臀筋群と腰の筋肉は関連性がとても強いことをご存知でしたか?

腰の筋肉は姿勢を維持したりバランスをとったりと日常的に必ず使われる筋肉と言えます。

その腰の動きを補助しているのが臀筋群です。

腰の筋肉が悪くなると腰痛になります。

腰の筋肉が日常の負荷に耐えきれていないために起こってきます。

腰が悪くなると補助をしている臀筋群の負担も増えて連鎖的に悪くなっていきます。

臀筋群が悪くなっていくとその奥の梨状筋も悪くなり坐骨神経を圧迫してしまうのです。

根本的に治療していくには腰の筋肉・臀筋群を良くしていく必要があります。

 

坐骨神経痛の痛みの原因とセルフケア方法

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と診断をされていても、その痛みの直接的な原因は“トリガーポイント”による筋筋膜性の痛みである可能性があります。

トリガーポイントによる痛みは、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の痛みと混同されることが多く、ヘルニアや狭窄症と診断されていても、実はトリガーポイントによる筋筋膜性の痛みというケースはとても多いのです。

運動をして動かすことが大切になってきます。

坐骨神経痛では痛む部分をかばってしまうために、他の部分の筋肉の柔軟性や筋力が低下したり、姿勢が悪くなってしまったりすることがあります。

それを予防、改善するのにストレッチはとても有効です。

骨盤周囲の筋の柔軟性の低下により腰椎や骨盤の動きに悪影響を及ぼすこともあるため、腰だけでなく下肢のストレッチも行うことが大切です。

ストレッチをすることで、患部や全身の血流が改善され、痛みやシビレなどの症状が改善します。

痛みを一時的でも減らすことは、痛みの改善につながることがわかっています。

一時的な鎮痛により生じる生体反応により、生理的な痛みの回復力が強まります。

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-47-4 ロイヤルビル1B
駐車場なし
電話番号03-5797-5526
予約お電話でのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜

得られる身体の変化