TEL

捻挫を放置し続けるとどうなってしまうのか | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 捻挫を放置し続けるとどうなってしまうのか

捻挫を放置し続けるとどうなってしまうのか

2016.06.11 | Category: 未分類

こんばんは!ようがナチュラル整骨院です!

今日は陽射しも強く蒸し暑い一日でした。夜も過ごしやすいと嬉しいですね^^

また明日から天気が崩れるようなので体調にはお気をつけください。

 

さて、今回は放置してしまっている捻挫についてお話しさせて頂きます。

捻挫といえば思い浮かぶのは足首(足関節)を想い浮かべる方が多いかと思います。足関節捻挫は「外返し捻挫」と「内返し捻挫」というものがあり、「内返し捻挫」と言うものは、親指は上、小指が面に接しているようなかたちになりますが、これが一番数が多い捻挫です。捻挫は度を越えますと靭帯が傷ついたり、断裂してしまい、腫れてしまったり、激しい痛みがでてましうことです。

病院などに行かれますと、湿布をして包帯やテーピング、サポーターなどで固定をされるかと思います。

勿論、固定をすることは靭帯が損傷しているので歩く際に不安定にならない為で正しいことですが、固定期間が長すぎてしまいますと、損傷した靭帯は良くなりません。固定に頼ってしまっているので、改善にはならないのです。よって、痛みが取れた!と思い、固定具を外し、激しいスポーツなどをしますと再発を誘発します。つまり、捻挫のくせがついてしまうのです。捻挫癖がついてしまうと、よく転ぶようになってしまったりと普段の生活でに支障が出てしまいます。

 

捻挫癖の改善につきましてはまた次回詳しく説明いたします!