TEL

テニス肘 | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > テニス肘

テニス肘

2015.11.06 | Category: 未分類

おはようございます。お天気な日が続いていますね。
最近になり、怪我をされる方、腰などに痛みなどで起こしになる殻が増えています。
 
皆さんはテニス肘をご存知ですか??
テニス肘とは別名、上腕骨外(内)上顆炎といい、肘における前腕伸筋(屈筋)腱付着部の炎症で、テニスで最も発生率が高く、それ以外ではゴルフ、バドミントン、剣道、卓球などでよくみられます。スポーツ競技者だけでなく、手首を使う職業や、重いものを持つ職種に発生します。
症状としては、手首を動かしたときの肘痛みや押した時の痛みがあります。
テニスを行っていたの原因は、ラケットでのボールインパクト時の衝撃が手首に伝わり、そのストレスが肘の筋腱付着部にまで及ぶためです。

この痛みを無くすためには、痛みが筋肉の緊張から、痛みが出ているためほぐしていく必要があります。
ほぐすためには、インナーマッスルセラピーで根本からしっかりと行っていくことが必要です。
根本からしっかりと行っていくことで繰り返しの痛みをしっかりと治していくことができます。
肘だけではなく他の所で庇ってしまって痛みがでてしまっているので、そこのところまでしっかりと緩めていく必要があります。
痛みを感じている方は、当院までご相談ください。