TEL

坐骨神経痛は筋肉が原因!? 深層筋治療で解決 ようがナチュラル整骨院 | 世田谷区・用賀駅・二子玉川 ようがナチュラル整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 坐骨神経痛は筋肉が原因!? 深層筋治療で解決 ようがナチュラル整骨院

坐骨神経痛は筋肉が原因!? 深層筋治療で解決 ようがナチュラル整骨院

2017.05.26 | Category: 未分類

おはようございます!ようがナチュラル整骨院です!!

今回は坐骨神経痛についてお話しさせていただきます!

坐骨神経痛は簡潔に言いますと筋肉が原因で起こってくるのがほとんどです。症状としては

①足の太ももの後ろ、外側、内側が痺れる

②ふくらはぎが全体的に痺れる

③痺れている部分の感覚異常(感覚が鈍い)

④筋力の低下

などがあげられます。坐骨神経は腰の下の背骨の部分から骨盤を抜けて、足の末梢まで伸びていく神経です。

この神経は骨盤を抜けるときに梨状筋という筋肉と骨の間を通っていきます。梨状筋が硬くなると坐骨神経が筋肉と骨で圧迫され痺れが生じます。

③④圧迫されるとその先の神経伝達がうまくいかないため感覚が鈍くなってしまいます。

③④の神系伝達というのを説明するには坐骨神経という神経は‘感覚神経・運動神経の合わさったもの‘ということと、感覚と運動の神経は別々の役割を担っているということを認識しなければいけません。

③は、感覚(今この部分を触られている)という感覚を脳に伝える仕事をしている感覚神経が障害されるため感覚が鈍くなります

④は脳から動け(膝を曲げろ)という指令を筋肉に伝えるのが障害されるため起こってきます。