TEL

冷え浮腫みに関しては用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで | 世田谷区・用賀駅・二子玉川 ようがナチュラル整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 冷え浮腫みに関しては用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

冷え浮腫みに関しては用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2018.01.12 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋施術)をおこなっています。

深層筋施術は筋肉施術です。筋肉はとても傷つきやすい組織でっできているため日常生活で動かしているだけでも傷をつくってしまっています。なので筋肉は傷ついて修復してうを繰り返しています。

上記のサイクルが修復が間に合わなくて傷つく頻度と度合いが上回ってしまい、傷の修復がしきれない状態になるのが慢性化すると傷口がシコリに変化します。筋肉にシコリができてしまうと動かしたときの筋肉の伸び縮みが正常にできないため負荷が余計にかかり筋肉が再度きずついて周囲の筋肉まで痛みを抑えようと硬く収縮してしまうのです。

筋肉が硬くなると血管や神経を圧迫してしまい血液循環が悪くなったりしびれや痛みを伴ってきます。

関連画像

腰痛や肩こりのある方は背骨の周囲の筋肉が硬くなっているため手や足の付け根に向かって走行する血管を背骨付近で圧迫してしまう為血液循環が悪くなってしまうので筋肉を緩めて圧迫された血管を開放させる必要があります。

血液循環が悪いと傷ついた筋肉から発生する発痛物質が流れることなく蓄積されていくので痛みが強くなったりします。それに加えて手や足に血液がしっかり回らなくなる為冷えや浮腫みが発生するのです。

なのでまずは筋肉をしっかりとほぐしてあげることで血液循環を改善し発痛物質を流すとともに治癒が止まってしまっている傷口に血液が回りやすいように下準備をして全体の血液循環もよくしてあげることが重要です。

血液循環が良くなったことで冷えや浮腫みが改善したとしてもそれは一時的でしかありません。

シコリが存在するかぎり筋肉に負担が余計にかかるため結局はまた周囲の筋肉は硬くなって元の悪い状態に戻ってしまいます。なのでシコリを取り除く事が重要なのです。

シコリ(筋硬結)にしっかりとアプローチしてあげることで止まっていた治癒の過程を再開させることができます。

筋肉の治癒の過程で必ず必要になるのが炎症です。炎症と聞くとあまり良い印象を持たれないかもしれませんが、身体の中で起こる炎症は傷ついた筋肉に治癒に必要な栄養である血液を集めさせたり身体の免疫力を上げたりといった作用があります。

ただくすぶっていた炎症を一気に燃え上がらせて身体の治癒能力を引き出すので施術を受けてから1~2日身体が重だるくなったり押された場所が痛かったりといったもみかえしに近いような症状が出る場合がありますが治る過程を再開させるために必要になります。1~2日で消失するのでご安心ください。