TEL

腹筋強化、背筋強化はとても重要!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院 | 世田谷区・用賀駅・二子玉川 ようがナチュラル整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 腹筋強化、背筋強化はとても重要!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

腹筋強化、背筋強化はとても重要!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2018.01.16 | Category: 未分類

腹筋や背筋の筋肉は身体を支える重要な体幹の筋肉です。体幹の筋肉が低下すると姿勢が悪くなったり肩こり腰痛が悪化したり、といったしょうじょうがでてきます。加齢に伴い徐々に筋力は低下していくので維持をする、又は筋力をアップさせるのは難しいのです。

そんな方々のためにようがナチュラル整骨院はEMS装置を導入しています。

○EMS装置とは・・・

装着して電気刺激を流し筋肉を動かすことで動くことなく筋力アップが可能になる装置です。

関連画像

○筋力をアップさせることによるメリット・・・

筋肉が低下すると普通に歩いているとき足がしっかり上がっていないためつまずきやすくなってしまったり、すぐ疲れたり、姿勢が悪くなるなど様々なことが起こってきます。しかし筋力が低下したからといって日常生活に支障が出ることはないため自覚的に筋力が低下したと感じ、危機感を持つ方は少ないのです。

特に注意しなければいけないのが骨粗鬆症に方です。骨粗鬆症はホルモンの関係により女性の方が多いです。筋肉量は男女差で言うと女性の方が付きにくく筋肉量後低いことが分かります。このため女性の方が何もない場所でつまずきやすく、骨粗鬆症になると少しの衝撃で骨が折れてしまうという事態になりかねません。

そのため筋肉量をアップさせることが将来的にも重要になります。

★他のEMSとココが違う!!

通販などで販売しているEMS装置は大抵二の腕や腹筋など特定の部位専用のものになります。当院のEMSはパットを取り付けて足でも腰でも、もちろん二の腕や腹筋も、首から下全身を鍛えることでできます。

それに加えて筋肉は筋肉でもアプローチできる筋肉の深さが大きな違いです。書きで出てくるHzは刺激の深さを意味しています。Hz数が高ければ高いほど深い層の筋肉にまでアプローチできることを意味します。

筋肉は何層にも重なって存在しています。浅い筋肉の層に刺激を加えるなら2000Hzで十分なのです。浅い筋肉の層とは腹直筋や僧帽筋などの浅層筋といわれているものです。通販で販売しているEMS装置は見た目を重視した2000Hzの深さまでです。

体幹を支える筋肉は深層筋といわれるもっと深くにある筋肉です。深層筋に刺激を加えるには40000Hz以上は必要といわれています。当院のEMS装置は4000Hz・8000Hz・16000Hzの深さを出すことができます。

通常のEMSではとどかない体幹の筋肉にまで刺激をおくり、筋力トレーニングが可能です。