TEL

冷え浮腫みを改善させるには用賀駅近くのようがナチュラル整骨院 | 世田谷区・用賀駅・二子玉川 ようがナチュラル整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 冷え浮腫みを改善させるには用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

冷え浮腫みを改善させるには用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2018.01.27 | Category: 未分類

冷えの原因は様々です。

冬であれば寒さで筋肉が硬くなってコリが原因で発生する場合もあれば、夏の冷房・冷たい食べ物が原因でおこる冷えもあります。

冬のこの季節だと筋肉が硬くなって慢性的な肩こりや腰痛が悪化して痛みが出る場合があります。

筋肉が硬くなると筋肉の伸び縮みにより押し出されるポンプ作用が低下するため血液循環が滞っていることが考えられます。

筋肉を緩めて血行を改善させることで末梢の手足までいきとどいていなかった血液とコリを改善することで良くすることができます。

当院ではインナーマッスルセラピー(深層筋施術)をおこなっています。

ンナーマッスルセラピー(深層筋施術)は筋肉施術です。

慢性的な腰痛や肩こりはもちろん、急性の寝違え、ぎっくり腰なども対象疾患となります。

インナーマッスルセラピーだけでなく、日常生活で行ってほしいのが入浴です。

入浴することで腰だけ、肩だけでなく全身の血液循環が良くなるので冷えやコリだけでなく自律神経の乱れの改善につながり冷え性の改善に繋がります。

半身浴よりも全身浴の方が肩も温め、血流に効果的です。

心臓に問題がなければ、冷え対策にお勧めなのは全身浴。

38~40度のぬるめのお湯に10~20分程度つかる事をオススメします。

シャワーだけですませるのは体を冷やし、血流を悪くする原因になってしまうので暖房をつけながらシャワーを浴びるなど工夫する必要があります。

 

夏だでの冷えの原因は、毎日の飲み物や食事に潜んでいます。

冷えたペットボトルの飲料をそのまま飲むだけでなく、氷を入れたグラスに注いでから飲んでいませんか。

また、冷蔵庫から出した物ばかり食べていて、温かい物をあまり食べていないのではありませんか。

体温以上の物を飲んだり食べたりすることが、冷えを防ぐことにつながります。

また、体を温める食材を選ぶこともポイントです。

ただ、朝コップ1杯の冷たい水を飲むことは、冷えの対策になります。

胃の中に冷たい水が入ることで、体温が下がったというサインになり、体温を上げようとスイッチが入るからです。

ただ急激に血圧が上がることがありますので、血圧などに問題のある人は注意が必要です。

特に冬は、部屋を暖めてから水を飲むようにしましょう。

夏に向けて無理なダイエットをしていないでしょうか。

運動をしないで食事制限だけを行うなど、間違ったダイエットによって筋肉量を減少させてしまうと、冷えに悩まされることになります。

食事制限によるダイエットは身体にある余分なエネルギーを消費してくれるという考えですが、最初にエネルギーに分解されて減少するのは筋肉です。

筋肉が低下すると基礎代謝が下がりリ逆に太りやすい体質になってバウンドしやすくなります。