TEL

骨盤矯正なら用賀駅徒歩5分の当院へ! | 世田谷区・用賀駅・二子玉川 ようがナチュラル整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 骨盤矯正なら用賀駅徒歩5分の当院へ!

骨盤矯正なら用賀駅徒歩5分の当院へ!

2018.10.08 | Category: 未分類

骨盤矯正ならようがナチュラル整骨院へ

骨盤は人間の身体の土台ともいえる部位です。

そのため、その土台の骨盤が歪んでしまうと頭の先から足先まで全身のさまざまな部位に辛い症状があらわれます。

脊柱起立筋群や大腿四頭筋、骨盤周囲の筋肉が歪みを生じさせます。

私たちは、その筋肉をインナーマッスルセラピーで施術していきます。

そうすることで骨盤の歪みを調整していきます。

 

インナーマッスルセラピーとは

インナーマッスルセラピーとは、身体の深い部分の筋肉(深層筋)を施術する方法です。

筋肉が原因である場合、その原因の筋肉には筋硬結といわれる「しこり」があります。

筋肉のしこりは3層構造になっています。

1番表面にスパズムという筋肉の緊張があります。

この筋スパズムトいうのは、悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態のことをいいます。

筋肉は損傷すると、発痛物質という痛みを出す物質が出ます。

その痛みを抑えるために筋肉の緊張が起こってきます。

これは生理学的な反応といい、自分の体を守るために起きている反応なのです。

2層目にあるのが筋浮腫という「むくみ」といわれるものです。

筋肉の中には静脈がたくさん走っています。

痛みを抑えるためにスパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

そうなると、心臓に血液が戻りにくくなってしまいます。

戻りにくくなった血液は、行き場所がなくなって血管の外に水分が出てしまいます。

この状態が筋浮腫(むくみ)です。

そして、痛みの原因の筋硬結は3層目にあります。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応なので、これ自体が悪い状態ではありません。

身体が痛みや悪い状態から守ろうとしてでているものです。

痛みの原因である筋硬結を取り除いていかないと筋スパズムや筋浮腫を何回取っても元に戻ってしまいます。

この筋硬結を取り除く事が根本施術であり、再発予防になってきます。

 

骨をボキボキ鳴らさない!

安全で確かなインナーマッスルセラピー

骨盤の歪みの原因は筋肉にある!

筋肉は骨から骨へと付着するため、筋肉の緊張が長く続くと骨まで引っ張って骨格を変えてしまうのです。

私たちのインナーマッスルセラピーでは、原因のある筋肉に刺激を与えていくことで筋肉が正しい状態に戻ります。

また、骨盤周囲に付着する筋肉への骨盤矯正ストレッチもメニューにあります!

多くの世代の方に親しまれているメニューになっています。

 

産後の骨盤矯正も行っています

出産による骨盤へのダメージというのはとても大きいものです。

スムーズに出産をするために、骨盤周りの筋肉や靭帯を緩める作用のあるホルモンが分泌され、赤ちゃんが通れるほどに骨盤が開くのです。

時間と共に徐々に元に戻ろうとするのですが、歪みやねじれ、ズレが出来てしまうことが多く、バランスを整えてあげることが大切です。