TEL

筋硬結とは? | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 筋硬結とは?

筋硬結とは?

2016.02.08 | Category: 未分類

筋硬結とは・・・【痛みや不快な症状の根本的原因】です。
筋肉はもともと、糸が束になったみたいな線維でできている組織です。
 
ちょっとした動作でも傷がつき、炎症が起きる→発痛物質が出てくる→痛いから筋肉がギュッと縮んでしまう
→筋肉の周りにある血管・神経を圧迫する→血液量減少、神経痛など出始める→
傷ついた筋肉へ栄養・酸素が供給されなくなる→縮んだまま戻ることが出来なくなり、筋硬結となる
 
というメカニズムで筋硬結、しこりのようなものが身体にできてしまいます・・・。
皆さんが「あ~肩がこったわぁ~」と、言っていますのはこういった過程を経ているのです。
ここで筋硬結が出す症状をピックアップしてみましょう。
 
①慢性的な症状
・身体が硬い(柔軟性の低下)
・疲れが抜けない(血液量不足による体質の変化)
・なんとなく腰・肩などが張る、痛い(持続的な筋痛症候群)
・身体がむくむ、冷える(血液量不足による体質の変化)
 
②急性的な症状
・痛くて身体が動かせない(急性腰痛、ぎっくり腰、寝違え、四十肩、肉離れ)
・頭痛がひどい(頚肩周囲の血管神経の圧迫)
・さするだけでもピリピリする(神経圧迫による神経過敏な状態)
 
など、これらは筋肉による症状である可能性が高いです。
心当たりがある場合は我慢せず早めの施術をおすすめいたします。