TEL

整体をするなら、用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ! | 用賀で口コミで評判 | ようがナチュラル整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類の記事一覧

整体をするなら、用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.08.27 | Category: 未分類

こんばんは!

身体が疲れやすい、常に慢性的にだるい、胃腸の調子が悪い・・・といった身体の悩みは色々ありますね。

身体の調子を整えるなら、ぜひインナーマッスルセラピーを!

私たちのインナーマッスルセラピーという深層筋施術では、筋硬結という様々な不快な症状を出している筋肉を施術することにより、血液循環を改善いたします。

血液循環が改善することにより、”免疫力の向上”、”冷え性・むくみの軽減”、”痛みの軽減”、”運動機能の向上”・・・といった、様々な良いことがあります!

それだけ、血液というものは色々な部分に関わっているのですね。

ただ、血液の状態だけ良くてもダメなのです。循環、つまり全身をグルグルとしっかり巡ってあげられるようになることが必要です。

筋肉は、髪の毛程度のほそ~い繊維が束になっている組織です。なので、ちょっとしたことでも筋繊維が、プチッと切れることはあります。ただ、微小な損傷程度であれば、ほとんど気になることはありません。自覚症状としてあらわれたとしても”ピキッ”となる程度で済みます。

ただ、そんな微小な損傷でもため込んでしまうと・・・やがてその筋硬結という筋肉のしこりになってしまうのです。

筋硬結は、そうやって痛めてしまった部分が、痛みを抑えようとしてギュッと縮こまっているのです。

ギュッと縮こまったままですと、筋肉の中にある血管・神経を締め付けてしまいます。

血管が圧迫されると、当然血液循環が悪くなってしまいますので、、、むくみだとか、冷えだとかになってしまうのです。

痛みも血流が悪いとなかなか消えません。

そういった身体の不快な症状は筋硬結を改善し、血液循環を良くすると驚くほど良くなりますよ!!

 

骨盤をバキバキッと矯正したり、痛みどめのブロック注射などは対症療法になってしまいます。

その場では効果もあるかもしれませんが、、、不快な症状の根本的な部分は繰り返しになりますが筋硬結です。

筋肉はもともと傷つきやすい組織でできていることと血液循環が悪くなってしまうのも重なって傷が治りずらい状態になり蓄積されていったのが慢性的な肩こりや腰痛なのです。

筋硬結からは痛みの物質が放出せれるため周囲の筋肉が痛みを抑えようとして硬くなってしまいます。分かりやすく言うと痛みを抑えるために周囲の筋肉が二の腕で握り拳をつくるように硬くなっっているイメージですなので筋肉のついている骨と骨とが引っ張り合って歪みをつくっているのです

交通事故によるむち打ち損傷には、ようがナチュラル整骨院!むち打ちによる頭痛に注意!

2017.08.23 | Category: 未分類

皆さん、こんにちは。今日は暑い日になりそうですね。8月のお盆は皆さんお出かけはされましたか?お車で外出した人も多かったのではないでしょうか?

テレビを見ていると、必ず交通事故のニュースみます。

交通事故は本当に気を付けないといけませんね。

さて、交通事故で最も多いのが、追突や衝突によるむち打ち損傷です。むち打ち損傷には、いくつか種類があるのですが、その中も最も多いのが

⑴頚椎捻挫型

というタイプのむち打ち損傷です。一言で言ってしまえば、首の捻挫です。

追突やむち打ちによって、首と胴体が前後逆の方向に力が加わる事で首の筋肉などの軟部組織が損傷してしまいます。特に、頸部の深層に位置する筋肉が損傷してしまう事が多いです。

症状としては、首周辺の痛みだけでなく、痺れなど様々な不快な症状を出します。不快な症状としは、頭痛や倦怠感、吐き気、目眩(めまい)が挙げられます。

施術としては、損傷してしまった筋肉などの軟部組織に対して施術をし、そこに治る反応を起こす事が大切です。

低周波施術などの電気施術や、牽引施術などは、この損傷した筋肉に対して十分な施術を施す事が出来ないので、しっかり手技で施術をする事が大切であると考えています。

ようがナチュラル整骨院の深層筋施術(インナーマッスルセラピー)は、むち打ちの症状に対しても非常に効果が出る施術方法です。深層の傷ついた筋肉に対して、直接的に刺激を与える事が出来ます。以下施術の手順になります。

  1. 検査(視診・問診・運動検査・触診)

視診:姿勢や筋肉の膨隆、皮膚の色、湿疹の有無

問診:痛みや不快な症状のある場所の確認

運動検査:痛みの出る動きの確認

触診:筋肉の硬さを確認

上記の流れで、深層の損傷している筋肉を特定します。

  1. 施術開始(摩擦手技)
  2. 施術(圧迫手技)
  3. 検査(視診・問診・運動検査・触診)
  4. 施術(圧迫振動摩擦)
  5. 検査(視診・問診・運動検査・触診)
  6. 施術(圧迫振動摩擦)
  7. 検査(視診・問診・運動検査・触診)
  8. クロージング:施術の説明や、次回以降の来院の説明

これが、基本的な流れです。

文章で書かれていても、良く分からない人も多くいらっしゃると思いますが、上記の手順を踏むことで、確実に施術の効果を出す事が出来ますので、交通事故の症状でお困りの方は、一度ようがナチュラル整骨院にご来院ください。

用賀駅近くのようがナチュラル整骨院のここが他とは違う!

2017.08.22 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピー(深層筋施術)をおこなっています。インナーマッスルセラピー(深層筋施術)は筋肉施術です。筋肉はとても傷つきやすい組織でできています。なので日常生活の中で使うだけでも少しずつ傷ついています。傷ついたら身体の免疫が働き、傷を治そうとします。しかし、傷ついた筋肉の周囲の正常な筋肉は傷の痛みを抑えようと緊張状態(”ギュッ”と縮こまって硬くなった状態)になってしまっているので筋肉の周囲に走行している血管を圧迫してしまい、治癒に必要な栄養である血液が十分に行き届かなくなっているので治癒が遅くなってしまいます。この状態が長期間続くと治癒が途中でストッップしてしまい傷口は硬いシコリになってしまいます。

このシコリのことを筋硬結といい、痛みの物質を放出し腰痛や肩こりの痛みの原因になったり、五十肩・四十肩の腕が上がりずらいなどの動きの悪さの原因になっています。筋肉は骨と骨に付着しており、筋肉が伸び縮みすることで関節の動きをなしています。筋硬結が痛みを発せることで筋肉が硬くなり、伸び縮みができす動きが悪くなるのです。

インナーマッセルセラピー(深層筋施術)は筋硬結に刺激をおくり身体の自然治癒能力を活発化させ、ストップしていた傷の治癒を再開させ筋硬結を取り除いていくことを目的としています。

インナーマッセルセラピーは3段階の手技で施術していきます。

1段階目 摩擦

摩擦をおこなうことで筋肉の表面の緊張を緩めて奥に刺激を与えやすくしたり、20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネというホルモンが分泌されます。脳内モルヒネが出ることで身体が温かくなったり痛みを感じにくくなるなどの生理学的反応が出てきます。なので施術時に痛みを感じにくい状態でより深い筋肉をしげきすることができるようになります。

2段階目 圧迫

圧迫をすることで浮腫みを取り除き、その奥にある痛みの原因になっている筋硬結を取り除く事を目的としています。浮腫みは浸透圧が原因で発生します。浸透圧とは2つの違う濃度の水が水の成分だけ移動し濃度を均等にしようという働きです。血管内と血管外も同じことが起きています。血管内のほうが濃度が薄く外が濃い状態です。なので血管内の水分が外に移動します。この移動した水の成分が浮腫みになるのです。

3段階目 圧迫振動摩擦

一番奥に存在する筋硬結といわれる痛みの原因になっているシコリです。

頭痛によく効くインナーマッセルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.08.19 | Category: 未分類

頭痛と一まとまりに言っていますが、頭痛にも種類があります。緊張型頭痛や片頭痛、群発頭痛などがあります。この3つの頭痛のうち、インナーマッセルセラピーの適応となるのが緊張型頭痛と片頭痛です。

最も多いのが緊張型頭痛です。

これは、肩こりや首こり、背中のこりが原因で起きてしまう頭痛です。

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピーをおこなっています。インナーマッセルセラピーは筋肉施術です。筋肉は傷つきやすい組織でできているため日常的に使っているだけでも少しずつ傷ついています。傷が毎回治りきっていたら肩こりや腰痛になることはないのですが、日頃の疲労や、運動不足、ストレスなどの影響により、筋肉の傷が毎回治りきる事が無くなってしまいます。治りきらなかった傷は、周囲の筋肉を緊張させて固める事で、痛みが出ないようにかばってしまいます。そうなると、筋肉が緊張状態になり、血液循環が悪くなり、循環障害が起きて、筋肉のしこり=筋硬結が出来てしまうんです。

その筋硬結が出来ると、痛みや不快な症状が出てしまうんです。緊張型頭痛の場合、この筋硬結が存在するのは、首と肩、背中です。具体的な筋肉の名前で言うと、

  • 板状筋
  • 半棘筋
  • 最長筋(頸部)
  • 肩甲挙筋
  • 多裂筋

などが挙げられます。上記のどれかに筋硬結が出来てしまうと、頭痛に悩んでしまう可能性が高くなります。また、酷い人は、上記全てに筋硬結が存在する事もあります。

ようがナチュラル整骨院の深層筋施術は、この筋硬結に対して機械的な刺激を与える事で、筋硬結自体に治る反応を起こす事が出来るんです。頭痛の原因になっている筋硬結を施術をするという事は、根本施術になるんです。

簡単なマッサージや整体では、一度出来上がってしまった筋硬結を取り除く事は出来ません。

根本的な施術をする事が出来るのは、ようがナチュラル整骨院の深層筋施術のみですので、辛い頭痛で悩んでいる人は、是非当院にお任せください。

頭痛は放っておいてしまうと、慢性化が進み、治りにくくなります。

施術をすれば、頭痛は必ず改善します。頭痛をお持ちの方で、何処へ行っても良くならない人は、是非当院の深層筋施術を受けてみませんか?

ただ今、ご希望の患者様は、初診の方限定で、10分間の無料体験も実施しております。まずは一旦施術を受けたい人は、一度当院にご連絡をお願いいたします。(時間帯によっては、お受けできない事もありますのでご了承ください。)

首のこり・肩こりに効果的なインナーマッセルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.08.16 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピーをおこなっています。インナーマッセルセラピーとは深層筋施術とも言われている筋肉施術です。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできて日常的に使っているだけでも少しずつですが傷をつくっているのです。傷ついた筋肉の近くの正常な筋肉は傷の痛みを抑えようと庇いが出て”ギュッ”と収縮し緊張状態になります。傷ついたら治癒の過程が始まります。その治癒に必要になる栄養が血液です。しかし傷の周囲の筋肉の緊張が強いとそこに走行する血管を圧迫してしまい、血液循環が悪くなってしまいます。そうなると傷に十分な血液が行き届かないため傷の治りが遅くなり、これが長期にわたると治癒が途中でストップしてしまいます。治癒が止まってしまうと傷口は硬いシコリになり痛みの物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニン等)が放出され、痛みの原因になります。インナーマッセルセラピーは深層にある痛みの原因のシコリ(筋硬結)にアプローチして治癒の過程を再開させ、血液循環を良くすることで身体に備わっている自然治癒能力を高めることができ、最終的にはある程度自分の治癒能力の力で傷を治せるようになってきます。

インナーマッセルセラピーはこれらの為に手技を3段階にわけて行っています。

1つ目は摩擦といわれる手技で、痛みによっておこった表面の筋肉の緊張を取り除くのと同時に20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネといわれるホルモンが放出されます。脳内モルヒネが出ると身体が温かくなってきたり痛みを感じにくくなったりといった作用が現れ、痛みを感じにくい状態でより深い部分に刺激を与えることができるようになります。

2つ目に圧迫という手技をおこないます。圧迫では表面の筋肉の緊張の下にある浮腫みを取っていきます。浮腫みは血液循環が悪い状態で発生します。なので摩擦で筋肉を緩ませ圧迫で浮腫みを流してあげるということです。なぜ血液循環が悪いと浮腫みが発生するのかという事を説明しましょう!身体の水分濃度の調節をしているのは浸透圧といわれる圧です。浸透圧は濃度の薄い方から後方へと移動し、濃度を均等にしようとする働きです。血液循環が悪くなると血流の流れは遅くなりますね。血管内の血液と血管外の水分の濃度を比較すると血管内のほうが薄い状態です。なので、浸透圧により血管内から血管外へと水分が移動します。その移動した水の部分が浮腫みになって表れているのです。

3つ目に筋硬結に刺激を加える圧迫振動摩擦といわれる手技をおこなっていきます。筋硬結の止まってしまった治癒を再開させるとても重要な刺激です。

「肩こり」の画像検索結果

骨盤矯正は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.08.14 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は骨盤矯正ストレッチを実施しています。骨盤は背骨のバランスの元になっているのに加え、体重のかかり方が左右均等ではなくなるので、左右差が出てきたりして背骨も曲がり腰痛や肩こり、首のこりの原因になってきます。

左右均等でなくなると筋肉にかかる負担が違ってくるので片方の筋肉がより傷つきやすい状態になります。

筋肉はもともと傷つきやすい組織でできているため、日常的に使っているだけでも微小ながら傷をつくっています。傷ついた部分から発痛物質が出るため痛みを感じ、周囲の筋肉がちじこまって血管を圧迫してしまいます。発痛物質は血管内を流れていくため血管が圧迫されると血流が悪くなるため発痛物質が流れずその場に蓄積されやすい状態です。蓄積されると限局した部分に痛みを感じるので「ココが痛い」といった局所的な痛さになるのです。筋肉が縮こまるとその筋肉の付着している骨同士が引っ張り合ってしまいます。長期的に引っ張られる状態が続くと骨ご徐々にずれて歪みが生じてきます。

「骨盤 ストレッチ」の画像検索結果

インナーマッセルセラピーは手技を3段階に分けて施術していきます。

1.摩擦 表面の硬くなってしまっている筋肉の緊張を取り除き緩めてあげることで骨と骨が引っ張り合った状態の改善であったり、奥の痛みや歪みの原因になっているシコリに対するアプローチがしやすくなったり、20分ほど摩擦を続けることで脳から脳内モルヒネといわれるホルモンが分泌され、身体が温かくなったり痛みを感じにくくなったりといった生理学的反応が出てきます。そうすることで痛みを感じにくい状態でより深い部分に刺激を加えることができるようになります。

2.圧迫 表面の筋肉の緊張の下の層に存在する浮腫みを取り除いていきます。浮腫みは血液循環が悪くなることで発生します。筋肉の緊張が強くなると周囲に走行している血管を圧迫してしまい血液循環が悪くなり血液の流れが悪くなることで血管外にあるアルブミンという物質が水分を引き寄せる力が強くなるため血液の水の成分が外に漏れ出てしまいます。漏れ出た水分が浮腫みになっているので血液循環を良くし、圧迫して流してあげることで改善させることができます。

3. 圧迫振動摩擦 痛みや歪みの原因になっているシコリ(筋硬結)にアプローチしていきます。シコリからは痛みの物質が放出されており、痛みを抑えようとして筋肉が緊張し、姿勢の歪みが発生し、長期にわたると背骨や骨盤の歪みにつながります。このシコリをしっかりと取り除き、姿勢の根本的完全を目指しましょう!

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2017.08.14 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピーをおこなっています。腰痛の原因のほとんどは筋肉が原因です。腰には脊柱起立筋という姿勢維持に関わっていたりバランスをとったりという重要な役割を担っています。筋肉は傷つきやすい組織でできています。日常的に使うだけでも筋肉は少しずつ傷ついています。毎回その傷が治りきっていれば痛みやコリが発生することはないですが、治りきらずに傷が積み重なっていくと腰痛になってしまうのです。

「腰痛 ストレッチ」の画像検索結果

傷ついた筋肉の周辺の筋肉は傷をかばおうとギュッと硬く収縮してしまいます。筋肉が収縮するとそこに走行していた血管が圧迫して血流が悪くなります。傷を治すためには栄養となる血液が必要になります。筋肉により血管が圧迫されて傷口に栄養が十分におくることができず、治りが遅くなってしまったり、慢性的にその状況が続くと治癒が途中で止まってしまいます。治癒が止まってしまった傷口は硬いシコリになって痛みの物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニン等)を放出します。そうなると筋肉が痛みに反応し硬く収縮しますます血液の流れが悪くなるという悪循環が起きます。血液循環が悪いと発痛物質が流れることなく蓄積されていくので痛みが強くなったりします。なのでまずは筋肉をしっかりとほぐしてあげることで血液循環を改善し発痛物質を流すとともに治癒が止まってしまっている傷口に血液が回りやすいように下準備をしてあげることが重要です。

血液循環が良くなったことで治癒が再開するのかというと、それだけでは足りません。

シコリ(筋硬結)にしっかりとアプローチしてあげることで止まっていた治癒の過程が再開するのです。

治癒の過程で必ず必要になるのが炎症です。炎症と聞くとあまり良い印象を持たれないかもしれませんが、身体の中で起こる炎症は傷ついた筋肉に治癒に必要な栄養である血液を集めさせたり身体の免疫力を上げたりといった作用があります。

インナーマッセルセラピーの手技は3つの段階に分かれています。

1.摩擦 摩擦をおこなうことで表面の筋肉の緊張を取り、奥に刺激を与えやすくするのに加え20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネといわれるホルモンが分泌され、身体が温かくなってきたり痛みを感じにくなるという生理学的作用が出てきます。

2.圧迫 表面の筋肉の緊張の下の層にある浮腫みを取り除きます。浮腫みは血液循環が悪くなることで発生します。なので血液循環が悪くなっている腰や肩にも発生します。

3.圧迫振動摩擦 シコリ(筋硬結)にアプローチし、炎症を再開させ根本施術を目指します。

ヘルニアでお困りの方は用賀駅近くの当院へ!

2017.08.12 | Category: 未分類

こんにちは!ヘルニア、、、頸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア。どちらも主に、しびれや痛みなどが出てきたとてもお辛い症状ですね。ヘルニアとは、椎間板(背骨の一部)の髄核と呼ばれる部分が飛び出てしまい、それが触れて神経症状を呈してしまうものをいいます。えっ、神経の悪さ・・・じゃあもうよくならないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞご安心ください。ヘルニアは骨の問題ではありますが、筋施術で良くなりますよ。

私たちの筋施術、インナーマッスルセラピーは深層筋部分の根本施術を目指しています。

ヘルニアのご症状の方の場合でも、効果があります。

主には首・肩・背中・腰・でん部を中心に施術していくことが多くなると思います。

表面的なマッサージのみではなく、深層部までの施術をおこないますから、根本的なところまでを良くしていく目標で行っていきます。

 

筋硬結(きんこうけつ)とよばれる通称”コリ(しこり)”を除去していくのです。

筋硬結をとっていかない限りは何回も何回も状態が戻ってしまいやすいです。

できるだけ良い状態が長持ちするためには、その筋硬結自体が小さくなる、やがては0になることが大事です。

詳しい説明は、実際の施術をぜひお受けになってみてください!!

 

インナーマッスルセラピーを施すことによって、循環障害が改善されます。

自然治癒力が向上し、貪食作用(どんしょくさよう)がおきてきます。

貪食作用とは、悪いところを修復しようと白血球などが働く作用のことをいいます。

なんと、、、自然治癒力が向上すると、そのヘルニアとなっている部分に貪食作用が働き、ヘルニア自体が良くなっていくとされています!!

インナーマッスルセラピーは、筋肉にだけ効果があるものではないのです。

ですので、ヘルニアは手術しないとよくならないから・・・といって諦めないでください!

私たちが最後の砦になります。

深層筋施術は都内で3%、全国で7%しかない施術法です。

最近では私たちの指以外での施術器具、用賀駅で唯一の施術器具、”インナーバイブ”も使うことができるようになりました!!

インナーバイブ施術ははまだ都内でもなかなか取り扱っている院はないと思います・・・用賀では唯一です!

ご興味のおありの方は、ぜひいつでもお気軽にお電話ください!スタッフが丁寧にお答えいたします。

初回にかぎり10分間までの無料体験も行うことができますので、お気軽にご質問ください。

 

腰痛に効果的なインナーマッセルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.08.09 | Category: 未分類

皆さん、おはようございます!今日は、今年一番の暑さになるようですね。台風も過ぎ去り、夏本番ですね。

さて、用賀ナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋施術)を取り扱っています。
インナーマッセルセラピーは筋肉施術です。筋肉は傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも微小な損傷を起こしています。「一日歩き回って足の筋肉使いすぎて疲れた感じがする」「ずっと座り仕事をしていて首・肩・腰が痛い」『立ち仕事で、背中や腰が痛い。違和感がある』というのは筋肉が傷ついていたり、長時間同じ態勢でいて固まって伸び縮みできなくなってい筋肉が無理やり動かされ、傷つきやすい状態なのです。

大抵は、慢性腰痛や肩の痛み、背中の痛みが出てしまいますが、急に症状が出てしまう時には、ぎっくり腰や寝違えなどの急激な痛みが出てしまいます。

当院では、慢性的な腰痛だけでなく、急性腰痛(ぎっくり腰)の施術を得意としております。

腰痛の原因になっている筋肉(深層の筋肉で、筋硬結というしこり)を触り分けて施術をする事が出来る施術方法を提供しております。

その筋肉を触り分けるには、高い技術と経験が必要です。

私達、ようがナチュラル整骨院のスタッフは、充実した社内研修や外部研修を受講したスタッフのみが施術をする事が出来ます。

皆様の辛い症状を改善する為に、必要な知識や技術を有したスタッフしかおりませんので、安心して施術を受ける事が出来ると思っております。

施術の手順としては、

  1. 筋肉の表面の緊張を取り除く(筋スパズムの除去)
  2. 筋硬結によって発生した浮腫みを取り除く
  3. 筋硬結に対して、適切な施術刺激与える事で、神経性炎症を起こす

が流れです。

筋硬結に対して適切な刺激を与える事で、神経性炎症を引き起こす事が出来ると、以下の反応が起きます。

  • 血管反応:血液循環が改善する事で、疲労物質や痛みの物質が流れる。
  • 免疫反応:自然回復力が高まり、筋硬結が元に戻ろうする力が向上する。

私達が提供する深層筋施術は、上記のような反応を筋肉に起こして、辛い痛みや不快な症状を取り除く事が出来る施術方法です。また、その痛みや症状の原因を施術しているので、症状の根本改善ができる施術方法なので、辛い腰痛などにお困りの方は、是非当院にお越しください!!

ただ今、無料体験も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフも活躍したおりますので、女性施術者希望の方も是非!

インナーマッセルセラピー(深層筋治療)は首こり肩こり腰痛に効果的!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.08.05 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピー(深層筋施術)を取り扱っています!

インナーマッセルセラピーとは筋肉施術です。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常的に運動して使っているだけでも微小ですが傷をつくってます。この傷が毎回治りきっていれば首や肩こり、腰痛などの痛みを起こすことはないのですが、何らかの原因で治りきらない状態になっていると考えられます。傷ついた筋肉の周囲の筋肉は傷をかばおうとして収縮し硬くなります。硬くなるとそこに走行していた血管を圧迫してしまい、血行障害がおきます。血行が悪くなると傷口に治癒に必要な十分な血液を送ることができないため治癒が遅くなったり、それが慢性化すると治癒が途中でストップしてしまい、傷口は硬いシコリになってしまいます。このシコリのことを筋硬結といい、根本的な痛みの原因となっているものです。シコリ(筋硬結)から痛みの物質が放出せれ、その痛みから逃れようと周囲の筋肉が収縮し身を守ろうとしてしまい、表面の筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなるというのは柔軟性の低下を意味します。筋肉の柔軟性が低下すると「身体がかたい」といった自覚症状がでたり、筋肉が傷つきやすい状態のためぎっくり腰のきっかけになったり、スポーツ障害(オスグット・アキレス腱断裂・肉離れ)が起きる可能性がぐんと上がります。インナーマッスルセラピーでは最初に摩擦という手技をおこなうことで収縮した筋肉をしっかりと緩めていきます。筋肉を緩めてあげることで奥に刺激が入りやすくなるのに加え、締め付けられている血管が解放され血液循環が改善され傷ついた部分の治癒が促進される事もできます。この摩擦を20分ほど続けると脳から脳内モルヒネというホルモンが分泌され身体が温かくなってきたり痛みを感じにくくなるといった生理学的反応が出てきます。そうすると痛みを感じにくい状態でより深い筋肉までアプローチすることができるようになります。

筋肉が硬くなっている下に血行が悪くなっていたことで発生した浮腫みというのがあります。この浮腫みは一般的に言われやすい足の浮腫みと同じ理由で起きます。その理由というのが浸透圧の問題です。

※浸透圧・・・濃度が濃い水(血管外)と薄い水(血管内)があり、浸透圧はこの2つの濃度を均等に保とうと濃度の薄い血管内から血管外の濃度の濃い方へと水が移動する働きのこと。

当院では、無料体験も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

骨盤矯正なら用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.08.02 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は骨盤矯正とインナーマッセルセラピー(深層筋施術)をおこなっています。

骨盤はとても重要な役割を担っています。特に身体のバランスを取るために必要になってきます。骨盤が上下でずれると足の長さが変わり、膝や腰にかかる負担も左右で変わってきます。

「骨盤 腰痛」の画像検索結果

筋肉は傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも微小な損傷を起こしています。この損傷が毎回治りきっていれば腰痛などの痛みが出ることはないのですが、何らかの原因で治りきっていないため痛みが発生しているのです。その原因を説明させていただきます。傷ついた筋肉の周囲の筋肉が痛みを抑えようとして”ギュッ”と収縮します。筋肉が収縮するとその周囲にに走行している血管を圧迫してしまい、循環障害が起きてきます。傷を治すための栄養となるのが血液なので傷口の周囲が循環障害を起こしていると十分に栄養を送ることができないため治りきらない状態が続くのです。これが長い期間続き、慢性化すると治癒が途中でストップしてしまい傷が硬いシコリになってしまいます。

このシコリは筋硬結と呼ばれていて、痛みの物質を放出します。痛みの物質が出ることによって痛みを抑えようと筋肉が収縮してしまうため表面の筋肉が硬くなってしまいます。つまり、傷が実際付いてしまったことによる事と痛みの物質が放出せれたことで筋肉が収縮し硬くなってしまい、血管を圧迫して血行が悪くなっている状態です。筋肉が硬くなると筋肉が収縮しているとシコリに刺激がとどかないため、まず初めに表面の筋肉のかたくなっていう筋肉をほぐしていかなくてはいけません。インナーマッスルセラピー(深層筋施術)は摩擦という手技を最初に行うことでそれを取り除きます。その下に浮腫みがあるので、しっかり圧迫という手技で取り除く事で筋硬結にアプローチしやすい状況をつくります。浮腫みは何故発生するかというと、血液循環が悪くなっているからです。筋肉が硬くなって血管を締め付けて血流が悪くなり流れるスピードが遅いと浸透圧により血管内の水分が外に漏れ出してしまいます。

※浸透圧・・・濃度が濃い水、薄い水があったとして、この2つの濃度を均等に保とうとしたとき薄い水から濃い水へ水が移動すること。

これらの下準備をしたのち圧迫振動摩擦という手技で筋硬結に刺激を加え止まっている治癒の過程を再開させていきます。

これが骨盤矯正の重要性と腰痛の原因、インナーマッスルセラピーでどう改善させるかということです。

 

交通事故による怪我は、筋治療のようがナチュラル整骨院へ

2017.07.30 | Category: 未分類

皆様、こんにちは!!!
交通事故による怪我人は、非常に多くいらっしゃいます。

中でも最も多いのが、むち打ち損傷です。むち打ちの中でも、頚椎捻挫型というタイプが80%を占めております。
これは、いわゆる首の捻挫であり、首に付着している筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷している状態です。
症状としは、首の痛みのみならず、背中や肩の痛み、首の関節可動域制限がほとんどですが、重症の人は、自律神経症状が出てしまいます。
例えば、頭痛や全身倦怠感、痺れ、目眩、吐き気、ふらつき・・・。様々な症状が出てしまいます。

これらの症状があると、脳などの傷害、神経の損傷を疑う人も少なくありませんが、多くの場合の原因は、
『筋肉』なのです。
私達は、深層筋施術を提供しており、これらの症状を取り除く事が出来るんです。

電気施術(低周波施術)や温熱施術(赤外線施術など)だけでは、交通事故施術においては、不十分と考えております。それは、交通事故による怪我の場合(むち打ち損傷を含む)負傷した筋肉の位置が深層に位置する事が非常に多く、電気施術や温熱施術だけでは、深層まで施術をする事が難しいからなのです。

一方、私達が提供している深層筋施術は、表面の筋肉から、深層の筋肉まで細かく触り分け、施術をする事が出来る施術方法で、非常に高い効果が期待できます。

辛い交通事故による怪我を早く治して、交通事故前の健康な状態に戻る為にも、適切な施術をしっかり受けてください!

では、交通事故の合ったときに、しなけらば行けない事をご紹介いたします。
これをしないと、交通事故施術を保険を使って受けれない事もありますので、お気をつけてください。

  1. 警察に通報する。
  2. 救急車を呼ぶ
  3. 保険会社に連絡する。
  4. 会社に報告をする。
  5. 自宅(ご家族)に連絡する。
  6. 病院に行く。

大きく分けると、以上になります。

幸いにも、大きな事故にならずに、何処にも症状が出ない場合の人に多いのは、1の警察に通報をしないという事です。

警察を呼ばないと、交通事故として処理をされずに、自賠責保険などの自動車保険を使用できない可能性が出てきます。その場合、事故による興奮状態で感じにくくなっていた身体の痛みが翌日に出てきてしまったら、大変です。保険を使えない可能性があります。

私達ようがナチュラル整骨院は、交通事故認定施術院です。

経験や知識が豊富のスタッフが多数在籍し、事故施術に自信がありますので、もし万が一事故に合ってしまったら、当院にご来院下さい。

腰痛に効果的な治療法インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.07.30 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッセルセラピー(深層筋施術)をおこなっています。

インナーマッスルセラピーとは深層に存在する腰痛の原因である筋硬結を取り除く事を目的としています。

筋硬結とは筋肉が傷ついて治りきらない状態になってシコリになっている状態です。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできています。日常的に使うだけでも傷つき、治癒と損傷を繰り返しています。

傷ついた筋肉の周囲の筋肉が痛みを抑えようとして緊張(緊張状態)になり硬くなります。筋肉が収縮して硬くなると周囲に通っている血管を圧迫してしまいます。治癒をするためには血液という栄養が必要になるので血管が圧迫されてしまうと傷口に十分な栄養を送ることができなくなり、治癒が遅くなってしまったり、それが慢性化すると治癒が途中でストップしてしまいます。治癒がストップすると傷の部分はシコリ(筋硬結)になって痛みの物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニン)を放出しだします。これが腰痛の痛みの原因なのです。

治癒の過程で必ず必要になるのが炎症です。炎症と聞くとあまり良いイメージは持たれないと思いますが、身体の中で起こる炎症は傷口に血液を集めて栄養をたくさん回すことで治癒を早める作用があります。しかし、筋肉が硬くなり筋肉が血管を圧迫してしまうと炎症が途中で止まってしまうのです。インナーマッスルセラピーはシコリ(筋硬結)にアプローチして再び炎症を再開させることで治癒を促進し、シコリ(筋硬結)を徐々に取り除いていくことを目的としています。
その為にインナーマッスルセラピー(深層筋施術)は深層に筋肉まで刺激を伝えるために手技を3段階に分けておこなっています。
1つ目に摩擦という手技をおこなっています。摩擦をすることで表の筋肉を緩め、深層の筋肉に刺激を加えやすくするのに加え20分ほど摩擦をすることで脳から脳内モルヒネというホルモンが分泌されます。脳内モルヒネが出ることで痛みを感じにくくなったり身体が温かくなってきたいといった生理学的反応がでてきます。そうすることで、深い筋肉に刺激を加えているときも痛みを感じにくい状態で施術を受けていただくことができます。
2つ目は圧迫という手技で浮腫みを取り除きます。浮腫みは血液循環が悪くなった状態のときに発生します。浸透圧によるものです。浸透圧は濃度を均等にしようという働きで、薄いほうから濃いほうへ水が移動していくことです。血管外のほうが濃度が濃いため水が血管内から外へ出て行ってしまうのです。外に漏れ出た水が浮腫みになってしまいます。
3つ目は圧迫振動摩擦で、シコリ(筋硬結)に刺激を加えて止まっている炎症を再開させていきます。

10分間無料体験も実施中です!是非お越しください!

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで

2017.07.26 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピーという筋肉施術をしています。腰痛や肩こりの原因のほとんどは筋肉です。ヘルニアは背骨の骨と骨との間にあるクッションが潰されてクッションの核が飛び出てしまうことで神 経を圧迫し痺れなどの症状が出る疾患ですが、痛みによって生じた筋肉の緊張をとり痛みを改善させることができるのが筋肉施術です。痛みを感じると筋肉は痛みを和らげようと”ギュッ”と収縮し、緊張状態になります。筋肉は傷つきやすい組織でできており、使うたびに筋肉は微小な傷をつくってしまっています。なので収縮状態になった筋肉は傷をつくっている状態です。

傷の周囲の筋肉もかばいが出て緊張状態になっているので最初にほぐして緊張を取らないと刺激が奥にはいらず急な刺激に筋肉がビックリして緊張が強くなってしまう場合もあります。なので最初にほぐすことが重要なのです。

筋肉の傷が毎回治りきっていたら腰痛や肩こりは起こらないのですが、筋肉は人体の中でも回復速度が遅いので時間がかかるのに加え、傷の周囲の筋肉が緊張しているため栄養を送る血管が筋肉に圧迫されて血行障害が起き、十分な栄養がおくれなくなっています。この2つの原因により傷の治りが遅くなったり、慢性化すると治癒が途中でストップしてしまうので腰痛の下地になってしまうのです。

インナーマッスルセラピー(深層筋施術)は、このような症状に対して、絶大な施術効果を出す事ができます。

表面の筋肉の緊張を取り除く手技を提供し、深層へのアプローチ(筋硬結)をしやすい状況を作り、適切な刺激の強さで、この筋硬結を施術をする事で、根本的な施術をする事ができます。

簡単なマッサージや、整体、カイロプラクティック、物理療法(低周波施術や赤外線など)では、表面の緊張をある程度取り除く事は出来ても、深層筋にある筋硬結に対しては、施術をする事ができません。

症状を改善したり、症状を再発しないようにするには、筋硬結に対して的確に施術をする必要があるんです。

ただ今、ようがナチュラル整骨院では、初めての患者様に対して(ご希望の方に限る)無料体験も実施しております。

まずはどんな施術なのかを、身体で試してみたい人は、お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、誠心誠意施術させて頂きます。

交通事故治療が得意なのは、深層筋治療院のようがナチュラル整骨院です!

2017.07.22 | Category: 未分類

おはようございます。

皆さん、交通事故は1日何件起きていると思いますか?

数年前のデーターだと、1日に2000件近くの交通事故が発生しています。当然、交通事故による怪我も1日2000人を超えています。怖いですね。事故に合わないように、常に注意して車の運転や、自転車の運転に気を付けないといけませんね。また、歩行中でも安心しないで、注意を払いながらでないといけませんね。

さて、交通事故でもっとも多いのが、追突や衝突です。その為に、怪我で最も多いのも、むち打ち損傷です。むち打ちの中でも最も多いのが、

①頚椎捻挫型 というタイプのむち打ち損傷です。このタイプ以外でも

②神経根損傷型

③脊髄症状型

④バレ・リーユー型

⑤脳脊髄液減少症

があります。

頚椎捻挫型は、むち打ち損傷の中でも約70%を占めると言われています。その名のとおり、首の捻挫で、頚椎を支えている筋肉や靭帯が損傷している型になります。

私達、ようがナチュラル整骨院で実施している施術方法は、『深層筋施術(インナーマッスルセラピー)』で、むち打ちなどの辛い痛みや不快な症状を出している原因になっている筋肉を施術する事ができる数少ない施術方法です。特に、むち打ち損傷だと、損傷部位が深層に位置するのと、筋肉の細かい場所での損傷が起きている事が非常に多いです。施術自体も非常に難しい損傷なので、より高い技術と、効果的な施術をする事が必要とされます。

ようがナチュラル整骨院では、事故施術に対しては、技術と経験、知識が豊富なスタッフ(院長や社内技術講師、エリアマネージャー)が施術をさせて頂きますので、安心して施術を受ける事ができます。

むち打ち損傷などの辛い痛みや不快な症状に対して、適切な施術を適切な期間で、施術を受けないと、慢性化してしまい、長期間同じ辛さで悩むことになりますので、むち打ち損傷などに合ってしまったら、早めにようがナチュラル整骨院の深層施術を受けましょう。

会社で整骨院運営をしているので、様々ななバックアップ体制もあります!

例えば、加害者(保険会社)ともめそうになったら、顧問弁護士の相談を受ける事もできます。

まずは何かお困りの事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピーは用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで!

2017.07.22 | Category: 未分類

「腰痛」の画像検索結果

インナーマッセルセラピーは深層筋施術ともいわれる筋肉施術です。筋肉はとても傷つきやすい組織でできているため、日常的に使うだけでも微小ながら傷を作っています。この傷がしっかり治りきっていれば腰痛や肩こりにはならないのですが、筋肉は人体の中でいうと治癒の速度が遅い分類に入ります。それに加え、傷ついた筋肉の近くは痛みを抑えようと、かばいが生じ傷ついた筋肉の周囲の筋肉が”ギュッ”と収縮して緊張状態になります。

筋肉が緊張状態になると周囲に走行する血管が筋肉によって締め付けられて血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなるということは傷口に治癒に必要な栄養となる血液が十分供給されなくなるため治癒が遅れたり途中でストップしてしまいます。治癒が止まると傷はシコリ(筋硬結)になり痛みの物質(ブラジキニン・セロトニン・ヒスタミン)を放出します。これらの痛みの物質により筋肉がますます緊張状態になり腰痛の痛みが出てくるのです!

インナーマッスルセラピー(深層筋施術)の目的はシコリ(筋硬結)に刺激を入れて止まっていた治癒を再開させ、最終的に筋硬結を取り除く根本施術をしています。

筋硬結は深層の筋肉に存在しています。なので表面の筋肉の緊張を最初に取り除かなければ刺激が奥にはいらないため緩める必要があります。インナーマッスルセラピーは摩擦という手技で筋肉の緊張を取ります。摩擦のメリットはそれだけでなく、20分ほど摩擦を続けることで脳から脳内モルヒネというホルモンが放出され痛みを感じにくくなったり身体が温かくなってきたりします。モルヒネときくと麻薬を思い浮かべると思いますが、モルヒネと似た効果があるホルモンなのでそう呼ばれています。

筋肉の緊張の下にはむくみが存在します。浮腫みはどうして起こると思いますか?実は血行が悪くなったことによって浮腫みは発生します。何故かというと、筋硬結がある部分の周囲の筋肉は緊張状態で血管を圧迫している状態と上記でも説明した通り、血管が圧迫された部分はその先に通常通り進めず停滞状態になります。そうなると浸透圧により血管外の濃度の濃いほうに血管内の水の成分が引っ張られます。要するに血管からそとに水の成分が漏れ出してしまうということです。この血管外に出てしまった水分が浮腫みになるのです。

この浮腫みを取り除く事でより筋硬結にアプローチしやすい状態にして次に圧迫振動摩擦という手技で筋硬結に刺激を与えていきます。圧迫振動摩擦が本当の施術といえるでしょう。

頭痛を治すには、深層筋治療で有名なようがナチュラル整骨院!

2017.07.22 | Category: 未分類

おはようございます。整骨院で頭痛施術をしているのを、ご存知ですか?頭痛になると、病院に行く人が多いと思いますが、その多くの人が『緊張型頭痛』と診断されます。

この緊張型頭痛とは、頭の回りを何かで締め付けられてるような鈍い痛みが、30分以上続くと言われています。酷い人は、何日も痛みが続いてしまいます。

『アイアンクローをされている』『何かで締め付けられている感じ』『ヘルメットをかぶったような』と表現される方が多いです。同時に、首や肩の強い凝り感、目眩、ふらつき、全身のダルさなどを伴うことも多くあります。毎日頭痛が続く『慢性緊張型頭痛』と、時折頭痛が出る『反復性緊張型頭痛』とがあります。

では、何故頭痛がでてしまうのでしょうか?

それは、首筋から肩にかけての筋肉が収縮してしまい、いわゆる凝った状態になり、頭痛が起きます。ようする、首筋から肩にかけての血液循環の悪さが頭痛を起こしてしまうんです。

筋肉の緊張が強くなると、筋肉内の血流が悪くなり、筋肉に乳酸やピルビン酸などの老廃物が溜まります。それが、周囲の神経を圧迫し、締め付けられるような痛みを起こしてしまいます。

首筋から肩にかけての筋肉が収縮してしまい、血流が悪くなってしまった要因は、個人個人違いますが、

一言で言うなら、『身体的なストレスと精神的なストレス』が大きな要因何です。

身体的なストレス:長時間のデスクワーク(首を少し下に倒したままでの、長時間のパソコン仕事、うつ向き姿勢、車の運転などの不良姿勢を長時間続ける事)

精神的なストレス:仕事や家庭でのストレス

このようなストレスがかかると、筋肉や神経の緊張を高めてしまい、頭痛の要因になってしまいます。

では、どうやって施術をするか?というと、悪くなった筋肉を施術をして、正常な状態に戻してあげる事が大切なんです。

凝り固まった筋肉を、しっかり施術をする事で、血液循環を改善する事が必要です。

私達、用賀駅のようがナチュラル整骨院では、深層筋施術をしております。首や肩の固まった筋肉に対して、適切な刺激を与えて治る反応を起こし、頭痛を改善する事ができます。頭痛を出している原因の筋肉を、問診や視診、触診、運動検査をする事で特定して、その方の頭痛の原因になっている筋肉を施術をする事が出来るので、驚くほど効果が出る施術方法です。

曜日や時間によっては、無料体験も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピー!用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2017.07.21 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピーをおこなっています。インナーマッスルセラピーとは筋硬結といわれる痛み、コリの原因となっているものです。この筋硬結は筋肉が傷ついて、治癒ができていないことで生じます。筋肉は傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも少しずつ傷をつくっています。傷ついた筋肉の周囲の筋肉は痛みを抑えようとしてかばいがおきて筋肉が緊張状態になり硬くなってしまいます。筋肉の緊張のことをスパズムといい、傷ついた深い筋肉だけではなく浅い表面の筋肉にも発生します。スパズムは慢性化すると緊張が強くなり広範囲に及んできます。

腰痛の痛みの原因になっている筋硬結は筋肉が治癒できていない状態というお話をしました。ようするにしっかり毎回傷が治りきっていれば筋硬結もできることなく痛みが出ることはないということです。

筋肉は筋連結といい、筋膜レベルで隣の筋肉と繋がって補助の役割を果たしたりしているため一つ化け筋肉が悪くなるのではなく隣の筋連結で繋がっている筋肉まで悪くなってしまうのです。

腰痛の原因は筋肉であることがほとんどです。筋肉といってもたくさんの種類がありますが、腰の筋肉で特に悪くなりやすいのが脊柱起立筋といわれる筋肉で姿勢の維持に必要不可欠な筋肉です。立っているだけではなく座っているときも脊柱起立筋は姿勢維持のため働いているのです。脊柱起立筋は後頭部から骨盤にかけて伸びる大きな筋肉です。大きな筋肉である分たくさんの筋肉とも筋連結があります。例えばお尻の大臀筋・中臀筋・小殿筋、肩甲骨周りだと菱形筋、肩甲挙筋などになりますが、どれも日常的に多く使われる筋肉ばかりです。

我々のおこなっているインナーマッスルセラピーは痛みによっておこった表の筋肉の緊張(スパズム)をとることでより深い筋肉に刺激を与えられるようにし、下にある浮腫みを取り除く事でその下にある筋硬結にアプローチしやすくする3段階の手技で筋肉施術をしています。

ここで、腰に浮腫みなんてあるの?と考えたかと思いますが、浮腫みは存在しています。

浮腫みはなぜ発生するのかといいますと、血行が悪くなっていることが大きな原因です。

筋肉が緊張が強い状態になると筋肉の周囲の血管が筋肉によって”ギュッ”と締め付けられ血液循環が悪くなってしまいます。血液循環が悪くなると血流の流れが遅くなるのは想像できますか?流れが遅くなるということは水分が同じ場所に停滞する時間が長くなります。毛細血管は細胞と常に栄養などの物質を交換しているため通り抜けしやすい構造になっています。血流が停滞すると浸透圧の問題で濃度の濃いほうに水が引っ張られるため水分が血管外に出てしまいます。その血管外に引っ張られた水分が浮腫みの正体なのです。

 

肩こりを解消させるインナーマッスルセラピー(深層筋治療) 用賀駅近くの用賀ナチュラル整骨院

2017.07.19 | Category: 未分類

関連画像

肩こりの原因は筋肉です。筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも傷ついています。傷ついた部位の筋肉は傷をかばおうとし、”ギュッ”と硬くなり緊張状態になってしまいます。緊張状態になると血管が筋肉に圧迫されてしまうため、血液循環が悪くなります。血液循環が悪いと傷口に十分栄養がおくれないため、治癒が遅くなり最終的には治癒が途中で止まり慢性化につながるのです。慢性化すると傷口は硬いシコリになります。このシコリのことを筋硬結といい、痛みの物質(ブラジキニン、セロトニン、ヒスタミン)を出して悪さをします。

上記で言っている治癒とは炎症のことです。炎症と聞くとあまりいいイメージがないかもしれませんが、炎症は傷ついた部分に血液を集め治癒を早める力があり、治癒の過程で必ず起きていることなのです。

インナーマッスルセラピー(深層筋施術)は炎症が止まっている部分に刺激を加え、炎症を再開させることを目的としています。炎症を再開させて血液循環を促進し、治癒の過程を再開させることで筋硬結といわれるシコリを小さくして除去していく根本施術を目的としています。

特に暑い時期は仕事中ずっとクーラーにあたっていたり、寝るときにクーラーを付けっぱなしで身体が冷えてしまうことが増えています。身体は冷えから身を守りために筋肉が縮こまって硬くなってしまうため、筋肉が緊張状態になります。緊張状態ということは筋肉が使われている状態なので傷をつくってしまいます。

筋硬結のある部分は3層構造になっています。一番表に存在しているのが筋肉の緊張(スパズム)です。上記で説明した痛みを抑えるためのかばいによる筋肉の緊張です。2層目は浮腫みです。浮腫みは血液循環が悪くなっている部分に発生します。3層目の深い部分に痛みの原因である筋硬結が存在しています。筋硬結をしっかり取り除き根本施術をしていきましょう!

2層目の浮腫みですが、どうして起きると思いますか?

それは血液循環が悪くなっていることが原因です。循環が悪いと血液の流れが遅くなるのは想像できますか?流れが遅くなると浸透圧の問題で血管の外に水分が出て行ってしまうのです。その出ていった水分が浮腫みの原因です。

1層目の筋肉の緊張(スパズム)2層目の浮腫みをしっかり取り除く事で筋硬結にアプローチしやすくしています。それがインナーマッスルセラピーなのです。

ご来院を心からお待ちしております!

ロコモーティブシンドロームを予防しよう! 用賀駅の近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.07.17 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は我々が専門としている筋肉施術(インナーマッスルセラピー)と組み合わせたロコモ予防メニューを実施しております。

 

 

ロコモメニュー導入はロコモ予備群の40代女性が急増しているのがきっかけとなりました。40代女性にロコチェックという簡単な試験をおこなったところ約70%の方が予備軍だという結果になりました。

ロコモーティブシンドロームになるとどうなってしまうのか?そもそもロコモーティブシンドロームとは何なのか?といいますと、簡単にいうと筋力の低下です。最近エレベーターやエスカレーター、電車や車が発展し、歩く機会がどんどん少なくなっています。楽になるための発展は止めることができませんが、同時に筋力低下も止められません。人体の中で一番筋力が低下しやすいのは太ももです。太ももは歩くとき足を上げてつまずかないようにする筋肉です。この筋肉が低下するとつまずきやすくなり、怪我のもととなります。特に女性はホルモンの影響などで骨粗鬆症になっている方が多くいらっしゃるので、骨折の可能性も十分に考えられます。

歩けなくなり、寝たきりになってしまうと老化もどんどん早くなります。

ロコモーティブシンドローム(運動器症候群)は2007年に日本整形外科学会が提唱した概念で、筋力低下により介護が必要となるリスクが高い状態のことです。

メタボリックシンドロームは見た目である程度判断できることもあって、たちまち世間に浸透しましたが、ロコモーティブシンドロームは見た目では判断しにくく、自分の筋力が低下しているということを自覚しているかたも少なかったため今まで世間にあまり知られてきませんでした。

 

8つのロコモの兆候をチェック!!

1、片足立ちで靴下がはけない

2、家の中でつまずいたり滑ったりする

3、2キロ程度の買い物をして持ち帰るのが困難である(1リットルの牛乳パック約2個分)

4、家のやや重い物が運べない(掃除機の使用、布団の上げ下ろし)

5、15分くらい続けて歩くことができない

6、階段を上るのに手すりが必要である

7、横断歩道を青信号でわたりきれない

8、↓

「ロコモ」の画像検索結果

これらに1つでも該当したらロコモ予備軍となります。

 

不安な方に必見!!ロコモ予防に効果的なトレーニングメニューを導入しました!

IMT(インナーマッスルセラピー)+スロトレ(筋力アップトレーニング)+ストレッチ

IMTは深層筋施術ともいい、痛みや筋力低下の原因を除去

スロトレは近畿大学准教授 谷本道哉先生監修のもとあみだされた方法で、週に2~3回行うことで効果が出るという統計が取れました!2~3回のうち1回は当院でおこない指導をしていきます。そして1カ月に1回筋肉量と骨量を計り明確な筋力アップを目指します!

 

 

交通事故後の治療なら用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.07.16 | Category: 未分類

こんにちは!交通事故後の施術は、当院におまかせください!!

当院のインナーマッスルセラピーでは、深層筋施術とよばれる身体の深い部分への施術をおこなっております。

交通事故の症状は、身体の深い部分までへのダメージが行ってしまうケースが大半なので、単なるストレッチやマッサージだけでは良くなりません。

本腰を据えて、施術をしていく必要があります。

交通事故はその場では一見何もないように見えて、季節の変わり目などで出てくるケースがよくあります。

我慢は禁物です!!

むち打ちで首を痛めているかもしれませんし、追突のショックで腰を痛めているかもしれません。

放置して慢性化してしまうととても怖いものです。

 

当院では過去に交通事故の患者様も多くご来院されていて、実績もあります。

保険会社への交渉なども私たちにお任せください。

お話をお伺いしながら、検査をおこない実際にお辛い場所をしっかりと確認していきます。

実際に事故を経て出てきた症状があれば、交通事故施術としてその部位の施術は行うことも可能なのです。

何でもお気軽にご相談ください。

 

インナーマッスルセラピーでは、まずは摩擦という表面の筋肉を緩める手技療法をおこないます。

摩擦に時間をかけることによって、ネガティブフィードバックという反応がおきます。

ネガティブフィードバックがおきると、脳内モルヒネという物質が出てきて、痛みが緩和するホルモンが出てきます。

まずはそれだけでも身体が温まり、副交感神経が働き、ストレスが軽減させられます。

血液循環が良くなり、身体がポカポカしてきて、軽くなってきます。

傷ついた筋肉を修復するには、血液の栄養が必要なので、血流がとても大事です。

悪くなった筋肉は痛みや不快な感覚でぎゅっと縮こまってしまっています。

筋肉は痛みをおさえようとぎゅっとなるのです。その間、固まった筋肉は血管を締め付けてしまいます。

そうするとその筋肉の部分に栄養が流れ込まなくなるので、筋肉が縮んだまま戻らなくなるのです。

 

そういった部分の施術をおこない、当院の筋肉施術は根本的なところまでをも良くしていきます!!

しっかりと身体の深いところまで施術していき、長年困らないお体を作れるよう、誠心誠意施術いたします。

 

「こんな事故のケースは交通事故施術の適用になるの?」

といった疑問などありましたら、なんでもお気軽にご質問ください。

ぜひスタッフ一同、ご来院を心よりお待ちしております。

骨盤矯正なら用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ!

2017.07.15 | Category: 未分類

こんにちは!今日も暑い日になりました!!骨盤の乱れは、様々な悪影響を及ぼします。

骨盤は身体の横軸のバランスと縦軸のバランスの両方に関係するとても大事な部分です。

骨盤が歪んでいると重心のずれが生じます。重心がずれるとバランスが取れなくなってしまったり、筋肉のつき方に左右差が生まれてきます。筋肉量が違ってくるとさらにバランスが崩れてくるのに加え、左右のバランスを元に戻そうとしたときに戻すのに時間がかかってしまいます。

「骨盤 傾き」の画像検索結果

逆に筋肉が原因で骨盤が歪んでいる場合があります。というのはどうしてかというと、筋肉は骨と骨に付着して伸び縮みすることで関節の運動を可能にしています。骨盤に付着する筋肉はたくさんあります。腰の部分は頭蓋骨から骨盤に付着する大きな筋肉で脊柱起立筋といわれています。脊柱起立筋は立っているときでなく座っているときも姿勢維持にかかせない必要不可欠な筋肉です。

骨盤から下肢に向けて走行する筋肉が前後に存在します。前は大腿四頭筋、後ろはハムストリングスといわれる筋肉です。

 

背骨は通常緩やかなS字を描いてバネのようにして背骨への負担を減らしていますが、平背はS字が消失した状態です。まっすぐなのが良い姿勢というわけではありません。平背だと背骨の骨と骨の間にある椎間板といわれるクッションの役割をしているものに負担がかかりすぎて椎間板が潰されてヘルニアになってしまったり、椎間板がすでに薄くなってしまっているご年配の方は骨に直接負担がかかり、圧迫骨折になる可能性があります。

平背の原因は骨盤にあります。骨盤に付着しているもも裏のハムストリングスが萎縮して骨盤が後ろ側に引き寄せられている状態のことで骨盤が後傾している状態です。

 

図の左から2つ目の骨盤後傾はポッコリお腹の原因にもなります。女性にとっては、太っているように見えてしまうので、絶対に解決したいですよね!!

私達、ようがナチュラル整骨院では、深層筋施術をしております。整体、カイロプラクティックのようにボキボキする事はしませんが、骨盤の歪み、乱れの根本的な原因になっている筋肉をしっかりと施術をする事ができる施術方法なのです。その為に、深層筋施術を受ける事で、骨盤の乱れや歪みは根本的に改善する事が出来るんです!!!

ただ今、当院では無料体験も実施しております。

曜日や時間によっては、難しい時もありますが、まずは一度お問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

腰痛に効果的!インナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2017.07.14 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は深層筋施術という筋肉施術をおこなっております。

「腰痛 メカニズム」の画像検索結果

筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常的に使っているだけでも微小ながら傷をつくっています。傷付いた部分の周囲の筋肉は痛みを抑えようと‘‘ギュッ‘‘と硬くなってしまい、緊張状態になります。緊張状態になると筋肉に血管が圧迫されるので循環障害を起こしてしまいます。筋肉の修復に必要になってくる栄養分が血液なので、循環が悪くなると十分に血液が送ることができなくなってしまいます。この状態が長期間続くと治癒が途中で止まってしまいます。治癒が止まってしまった傷口はシコリになり痛みの物質(ブラジキニン・セロトニン・ヒスタミン)を分泌します。痛みの物質が分泌されることで腰痛の痛みになるのです。

このシコリのことを筋硬結といい、筋硬結を取り除く事が根本施術となります。痛みがなくなったからと言っても筋硬結が残っているとまた元に戻ってしまうので、しっかりと取り除かなくてはいけません。インナーマッスルセラピー(深層筋施術)はこの筋硬結を取り除く事を目的としています。

ただ腰痛は慢性化している場合がほとんどなので、施術をしてすぐに良くなるかと言ったら、そうではありません。発症してからの3/1の期間を見込んで通っていただく必要があります。インナーマッスルセラピーだからではなく、この期間はどんな施術をしても同じ見積もりです。

ただ、我々のおこなうインナーマッスルセラピーは痛みを取るだけなら長くても2カ月でなくなりますが、根本的に良くしていくためには、定期的に通っていただくことがとても大事です。

インナーマッスルセラピーは1週間で60分の施術時間の目安があります。1回60分の施術が最良と言っておりますが、時間がどうしても作れないという方は回数を分けて30分を2回、20分を3回というように分けて来ていただいております。最初はほぐしてもすぐに戻りやすくなっているので、集中的に来ていただく必要がありますが、最後のほうは週に1回、2週に回というように、メンテナンスとしてご利用いただき、再発防止としても有効です。

筋硬結を取り除くにあたって、やはりピンポイントにアプローチしていく必要があります。その為には、痛みによって生じた周囲の筋肉の緊張や血流が悪くなったことで起きた浮腫みを最初に取り除かなければいけません。

なので3つの段階を経て筋硬結を除去していきます。

施術中はもっと詳しく、わかりやすくご説明いたします。ぜひお越しください!

骨盤矯正はどうやってやるの?骨盤矯正するとどうなるの?深層筋治療のようがナチュラル整骨院へ!

2017.07.12 | Category: 未分類

おはようございます。

今日は、骨盤矯正の話をします。

『骨盤矯正をして欲しい』と訴える人は、ようがナチュラル整骨院にも多くいらっしゃいます。

何故、そう訴える人が多いのでしょうか?

恐らく、

・姿勢の改善

・猫背改善

・腰痛改善

・足の冷えや浮腫みの改善

がほとんどではないでしょうか?骨盤の歪みが生じている時は、上記のような症状が起きる可能性が高いのは確かです。

ただし、骨盤が歪んでいる事が直接腰痛や足の冷え、浮腫みを引き起こしているのでしょうか?

答えは、

『NO』

です。直接的にこれらの症状を出しているのは、『筋肉』なんです。腰やお尻の筋肉が悪くなる事で、腰痛や足の冷え、浮腫みが起きるんです。そして、実は、腰やお尻の筋肉が悪くなる事で、骨盤が乱れるんです。

つまり、

腰の筋肉が悪くなる➾骨盤が歪む・・・・◎

腰の筋肉が悪くなる➾腰痛になる・・・・◎

骨盤が歪む➾腰の筋肉が悪くなる・・・・✖

なのです。骨盤が歪んだから腰痛になるというのは、少し間違っているんです。

一般的な『骨盤矯正』のイメージは、ボキボキする事をイメージする事ができますが、当院では、骨盤が歪んでしまった原因になっている筋肉を施術をする事で、骨盤を矯正しています。ボキボキする整体では、筋肉に対してしっかりと施術をする事が無いので、一時骨盤は矯正されても、数分後あるいは数時間後、数日後には完全に元通りになってしまいます。腰痛に対してボキボキする骨盤矯正をすると、症状が落ち着く事はありますが、根本的な原因である筋肉を施術をしていないので、腰痛の改善はしていないんです。

ようがナチュラル整骨院の深層筋施術を受けて、腰の筋肉(お尻の筋肉)をしっかり施術をすると、腰痛改善をさせつつも骨盤を矯正する事ができる施術方法なんです。

骨盤の乱れは、放っておくと、様々な筋肉に負担をかけてしまい、腰痛だけでなく、股関節痛や膝痛などの痛みや、足の痺れやダルさなどの不快な症状を引き起こす事もありますので、お早目に施術を受ける事をお勧め致します。

当院は、予約優先制で施術をしておりますので、お待たせする事なく施術を受ける事が出来ます。皆さまの貴重なお時間を無駄にしないように、予約優先になっておりますので、腰痛や骨盤の乱れが気になる人は、一度当院へお越しください。

曜日や時間によっては、無料体験もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

腰痛に効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院まで!

2017.07.11 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は肩こり、腰痛、頭痛などなど様々な症状を取り扱っております。

我々のおこなっているのは筋肉施術です。今回詳しくお話ししていく腰痛は特に筋肉が原因で起こっているのがほとんどです。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常生活で使っているだけで微笑ながら傷をつくってしまっています。

しかし筋肉は人体の中では再生能力が低い分類に想定します。なので傷が治りきる前にまた負荷がかかって傷を増やしてしまうことになります。

傷ついた部分の周囲の筋肉は傷口をかばおうとして緊張状態になります。緊張状態とはつまりギュッと筋肉が収縮して硬くなっていることです。そうなると血管が筋肉に締め付けられて血流が滞った状態になります。血液循環が悪くなることで、傷を治すために必要になる血液が十分に送られなくなり、治癒がなかなかできなくなります。それが長期にわたると治癒が途中で止まってしまい、傷口は硬いシコリになってしまいます。

このシコリのことを筋硬結といいます。この筋硬結から痛みを発生させる物質のブラジキニン、セロトニンが放出され、腰痛の痛みになるのです。

痛みのメカニズムについてはこれで以上です。

次は筋肉について説明します。

筋肉というのはとても細い筋繊維が集まり、束になっているものです。その束を筋膜という膜が覆うことで1つの筋肉となります。筋肉の両端が骨と骨に付着し、筋肉が縮む(収縮)することで関節の動きをなしています。

関連画像

人体には大きな筋肉から小さい筋肉まであり、計600コ以上もの筋肉が存在しています。それぞれが違う動きをしていたり、他の筋肉の動きを助ける補助の役割を担っている筋肉もあります。

筋肉は脳からくる指令を受けて動いています。‘‘脳⇒筋肉⇒動き‘‘ということになります。脳からの指令は運動神経という神経がそれぞれの筋肉に伝達しています。なので脳、運動神経のどちらかが事故などで障害されると麻痺という障害が起こってくるのです。

関節の動き1つ1つには必ず2つの筋肉がおこなっています。何故だかわかりますか?

それではまず例えとして、同じ動きをおこなう筋肉が2つあります。1つの筋肉に付き50%の力が発揮できるとすると、2つの筋肉があることで100%の力が発揮できます。もし1つの筋肉が障害されたとしても50%の力で動かすことができます。1つの動きが出来なくなってしまうことを避けるために2つ存在しているということです。

関節痛を改善するためには深層筋治療ができる用賀駅近くの当院へ!

2017.07.10 | Category: 未分類

こんにちは!!突然ですが肩、肘、膝・・・関節痛というと様々なお悩みがあると思います。とても、お辛いですよね。

今は夏場ですが、冷房で急に関節が冷やされると身体が冷えることにより、筋肉などが固まってしまいます。

筋肉は、じっとしているだけでは痛めませんが、固まった筋肉を動かす時に、硬いですから筋繊維が切れて損傷を起こすのです。

ですので、関節周りの筋肉は特に、日ごろから固まらないように注意してあげる必要があります。

対策としては・・・

①日ごろから筋肉を強化しておく

②関節周りはサポーターなどで温めておく

③運動習慣をつけ、常に血液循環が良い状態に整えておく

といったことがあります。

ですが、それらをするまえに・・・「筋肉の痛み」はまず最優先に取り除いておかなければいけません。

 

「疼痛抑制姿勢」という言葉があります。疼痛=痛みがあると、人は痛みから逃れる姿勢をとります。

いわゆる”かばい(庇い)”ですね。かばいが出ると、今度はかばってしまうことによって別の部分に負担がかかるので、長い間放っておくのは得策とは言えません。

 

当院では、インナーマッスルセラピーとよばれる深層筋施術をおこなっています。

痛みをとることはもちろんですが、”痛みの出ない身体づくり”まで目指していくことができる施術法なのです!!

関節痛にお悩みの場合も、ぜひご必見!近々、関節痛に悩む方へのトレーニングメニューを提供できるように鋭意準備中です。

筋肉を健康にするには、痛みをとるのもそうですが、筋力強化も必要です。

今現在、日本社会において40歳以上の方の5人に4人が”寝たきり予備軍”と言われています。

ロコモ、ロコモティブシンドロームともいいます。ご存知でしょうか?

ロコモは約15年ほど前から定義されて注意喚起されている症状ですが、いまだにあまり認知されていないというのが事実です・・・。

その原因は、足腰の筋力低下が大半となっています。運動不足などから足腰の筋力が弱り、やがては杖や車いすなどが必要になり、人の介護が必要な状態となってしまう人が8割もいるのです。決して他人ごとではありませんね。

将来困らないように、今のうちに関節痛を良くして、老後も快適に暮らせるように筋肉をぜひ健康にしましょう!!

ご興味のおありの方は、初回限定で10分間の無料体験をおこない、インナーマッスルセラピーを体感していただくこともできますので、お気軽にお声かけください!!

 

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)にも有効なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)は用賀駅近くのようがナチュラル整骨院へ

2017.07.10 | Category: 未分類

五十肩・四十肩は中年以降に多くみられます。肩関節周囲炎ともいわれ、肩関節の周囲に原因不明で炎症が起こることが原因と考えられています。肩関節の動きをスムーズにする肩峰下滑液包や関節を包んでいる関節包が癒着してしまうことで動きが悪くなる疾患です。

動かなくなっる病変の総称です。五十肩・四十肩もその中に含まれます。

五十肩・四十肩は何もせず放っておくと一生涯肩関節が一定以上動かなくなってしまいます。

 

五十肩・四十肩は3期に分かれています。

1期は疼痛期と言って痛みが一番強い時期です。この時は無理せずなるべく安静にしましょう。夜中にズキズキ痛み、眠れないこともあります。このときシップなどは貼らずに温めましょう。

2期の拘縮期に移るにつれて痛みは徐々になくなってきますが、かわりに肩関節が動かなくなります。

2期のときが一生涯後遺症と共にするか、完治するか変わってきます。ここでやらないといけないのは、痛みのない範囲でアイロン体操という四十肩・五十肩の方に有効とされる体操をすることです。

「アイロン体操」の画像検索結果

上記の図がアイロン体操といわれるものです。ここで重要なことなのでもう一度言います!痛みのない範囲でおこないましょう!焦って欲張っても逆効果になってしまいますのでお気をくけて!

3期は回復期です。徐々に痛みや関節可動域が上がり、動きやすくなってきます。

こういった経過をたどり治っていくのです。

 

四十肩・五十肩かどうかは圧痛の部位や動きの状態などをみて判断しますが、肩関節による痛みは、いわゆる五十肩の他に、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰沈着性腱板炎、腱板断裂などがあります。

一度整形外科などの病院へ行ってMRIで診断してもらいましょう。

石灰沈着は夜間に突然生じる肩関節の痛みが初発症状で多いとされています。年齢も40~50歳代と年齢も五十肩と酷似しています。五十肩は原因不明の炎症ですが、石灰沈着は違います。石灰沈着は腱板内にリン酸カルシウム結晶が沈着し、炎症が起きてきます。腱板内に異物がある状態なので動かしたときに痛みが出て90度以上腕を上に上げにくくなります。

この石灰は当初は濃厚なミルクのような状態ですが、時がたつにつれて練り歯磨き状、石膏へと徐々に硬く変化していきます。どんどん沈着していくと痛みが増してきます。

急性例だとまだミルク状で硬くなっていないので、激痛を早く取るために腱板に針を刺して沈着している石灰を破り吸引する方法があります。早期にしっかりと整形外科などの病院にかかることをオススメします。

40歳以上の5人中4人が寝たきり予備軍!?”ロコモ”の対策をするなら、用賀駅近くの当院へ

2017.07.07 | Category: 未分類

こんにちは。突然ですが、ロコモという言葉をご存知ですか?

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とよばれるこの症候群は、超高齢社会に進んで行っている日本社会でと、とてもつながりがあります。

「ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。 進行すると日常生活にも支障が生じてきます。 2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。」

「ロコモ」とは?|ロコモ チャレンジ!

https://locomo-joa.jp/locomo/01.html より引用
このように、ロコモの対象となる人は、”将来、寝たきりになってしまい、介護が必要な状態になってしまう可能性が高い”ということなのです。絶対なる、というわけではありませんが・・・

 

では、どのような人がその可能性があるのか?

 

□カーペットや敷居でつまずいてしまう
□昔より早く歩けなくなった
□バスに乗るのに時間がかかる
□下り坂で踏ん張りがきかない
□バランスを崩してよろける
□重い荷物を運ぶのが大変

 

1つでも当てはまったら要注意!!ロコモ予備軍かも・・・
 40歳以上の5人中4人がロコモ、といわれていて、80%がその対象なのです。
あなたも決して他人ごとではありません。今のうちに対策して、快適な老後ライフを送れるようにしてみたくはありませんか?

 

当院ではインナーマッスルセラピーとよばれる深層筋施術をおこなっており、身体の深い部分までの施術をおこないます。それによって、よくあるマッサージとは違い、効果が驚くほど長く持ちます。また、施術という観点でおこなっていきますので、本当に身体を良くするための、”通院指導”をおこない、患者様がベストな状態を目指していくための手段を指導させていただきます。
患者様の”本当に良くなりたい”という気持ち、私たちが応えます。
長年の腰痛などは放置しておくと、結局のところ、痛みなどから運動不足になり、やがては足腰の筋力不足となってしまいロコモと繋がっていくのです・・・

 

長期的な将来も見据えて、今の腰の痛みをとっていくことも大事ということなのです。
一生、自分の足で歩き続けるというコンセプトで私たちも施術をおこなっておりますので、ロコモ対策メニューについてご興味のあり方はお気軽にお電話ください!

腰痛治療(慢性腰痛、急性腰痛)には、用賀駅付近のようがナチュラル整骨院へ!

2017.07.07 | Category: 未分類

こんにちは!

今日も暑いですね!エアコンが効いている場所でお仕事をしている人は、足腰が冷え無ように気を付けてくださいね。

日本人で、腰痛を持っている人は、約3000万人居るといわれています。重症や軽症あると思いますが、多くの人が腰痛に悩んでいるんです。

では、腰痛の原因で、最も多いのは一体なんでしょうか?答えは、

『筋肉』です。骨や靭帯が原因ではなく、原因は筋肉なんです。筋肉に異常があると、その部分が痛みを出したり、不快な症状を出してしまうのです。

では、何故腰痛の原因になっている筋肉が悪くなったのでしょうか?答えは

『循環不全』が原因で、筋肉が悪くなり、シコリ(こり)が発生してしまうからなんです。このシコリ(こり)が筋硬結なんです。

この循環不全になってしまった要因は、人それぞれ違いますが、以下がその一般的な例です。

  1. 長時間のデスクワーク
  2. 長時間立ちっぱなし
  3. 学生時代の部活動(筋トレ、激しいトレーニング)
  4. 昔の怪我

などがあげられます。

このような状態が、循環不全を引き起こしてしまい、筋硬結を作ってしまうのです。

この筋硬結は、さまざまな“悪さ”をします。例えば、腰痛の人と例に挙げると、

  • 痛み
  • ダルさ
  • 違和感、倦怠感
  • 姿勢の乱れ
  • 骨盤の歪み
  • 左右足の長さが違う(ように見える、感じる)
  • 足、臀部の痺れ

などがあげられます。様々な症状を出してしまうのです。姿勢や歪みに関しても、筋硬結が出来てしまった為に、発生します。

このような症状を改善するためには、いったいどうすればよいのでしょうか?

一言で言ってしまえば、

『筋硬結を除去する』という事が唯一の解決方法なのです。

私たち、用賀駅のようがナチュラル整骨院は、深層筋施術を施術の中心にしております。この筋硬結を取り除く事が出来る唯一の施術方法なんです。

筋硬結は、筋肉の表面ではなく、深層に位置することが非常に多いことが特徴としてあるので、簡単なマッサージや電気施術では取り除く事が出来ません。

深層筋施術こそが、この筋硬結を取り除く事ができるんです。

さらに、ようがナチュラル整骨院では、手や肘ではこの筋硬結を改善することが難しい人のために、

  1. GFMT(ゴールドフィンガーマッスルセラピー)
  2. IV施術(インナーバイブ施術)

をすることもできます。

何処へ行っても腰痛が改善しない人。

月に何回も施術に通うことが難しい人。

早く腰痛を改善したい人。

用賀駅のようがナチュラル整骨院に任せてください。

スタッフ一同お待ちしております。

首・肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療) 用賀駅近くのようがナチュラル整骨院

2017.07.07 | Category: 未分類

用賀ナチュラル整骨院ではインナーマッスルセラピーという施術法をおこなっています。

皆様はインナーマッスルセラピーをご存知ですか?あまり聞き慣れない言葉と思いますが、漢字に直すと深層筋施術といいます。名前の通り深層の筋肉を施術していきます。

 

筋肉はとても傷つきやすい組織です。日常的に使うことで筋肉は微小ながら傷を付けてしまっています。傷ついた筋肉を修復しようと治癒の過程が起こります。その治癒の過程で必要になるのが炎症です。炎症は血液を傷口に集めて治癒を促進させる働きをしているのですが、傷ついた筋肉の周囲の筋肉が傷口をかばって緊張状態になってしまいます。筋肉が緊張すると通っている血管を圧迫してしまうため、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなると途中で炎症反応がとまり、治癒の過程が止まってしまいます。これをくすぶり炎といいます。

インナーマッスルセラピー(深層筋施術)は炎症の過程を再開させ、止まってしまっている治癒を再開させるお手伝いをしています。あくまで患者様の治癒能力で治していくので、身体の負担も軽減します。無理な負荷なく良くすることができます。

インナーマッスルセラピーは最初に摩擦という手技をおこないます。摩擦をすることで表の筋肉の緊張が取れて奥に刺激が入りやすいようにするのと同時に、20分ほど続けることで脳から脳内モルヒネというホルモンが放出され、身体が温かくなったり痛みを感じにくくなるなどの生理学的作用が起きてきます。そうすることでより深層にある筋肉にアプローチしていくことができます。

次に圧迫という手技をおこないます。圧迫をすることで浮腫みを取り、痛みの原因となっている筋硬結にピンポイントで狙うことができるようになります。上記でも話した通り、筋肉が緊張状態になると血管を圧迫し血流が悪くなります。血液循環が悪くなると、もちろん血流も遅くなりますよね?血流が遅くなると血液の水の成分が血管外に漏れ出してしまいます。漏れ出した水が浮腫みになってしまうのです。浮腫みに関しては足がよく言われていますが、原理は全く同じなのです。

次におこなうのは圧迫振動摩擦という筋硬結にアプローチしていく手技です。これが他のマッサージと違うところで、インナーマッスルセラピーの醍醐味となる部分です。圧迫振動摩擦をおこなうことで再び治癒の過程(炎症)を再開させることを目的としています。

慢性的な肩こり・腰痛諦めていませんか?将来介護になる原因として腰痛があげられています。一生自分の足で歩き続けましょう!

むち打ちなどの、交通事故治療には、ようがナチュラル整骨院へ!

2017.07.04 | Category: 未分類

 

交通事故は、毎日何処かで起きています。今朝もニュースを見ていたら、交通事故のニュースが放送されていました。

 

交通事故は、追突や衝突が大半を占めています。その為に、交通事故のよる怪我も、多くはむち打ち損傷なのです。

むち打ち損傷は、一言で言うと、

『頸部(首)がむち打ったように過度に伸縮した結果、頸部の筋肉、靭帯、椎間板等の軟部組織や骨組織が損傷する事、別名外傷性頸部症候群・頚椎捻挫』という言い方をします。むち打ち損傷は、損傷そのものではなく、その受傷機転(損傷を負うこととなった原因)を示す言葉なのです。

交通事故後、頭や首・肩・腕・背中の痛み、だけでなく、目眩(めまい)や痺れ、知覚異常、倦怠感、吐き気、微熱、睡眠障害、情緒不安定などに陥る人も少なくありません。

このむち打ち損傷には、医学的に、その病態から5つの型に分類されます。

  1. 頚椎捻挫型
  2. 神経根症状型
  3. バレー・リユー型
  4. 脊髄症状型
  5. 神経根症状+バレー・リユー型

です。その中でも

最も多いのが

1の頚椎捻挫型で、むち打ち損傷の約70%がこの型と言われています。症状としては、首回りや後頭部、肩や背中の痛みや頚椎の運動制限があります。

2の神経根症状型は、文字通り神経根の圧迫を原因として症状が発生するものです。症状としては、圧迫されている神経が支配する領域における知覚障害の他、放散痛などが生じます。

3のバレー・リユー型は頸部交感神経の過緊張や椎骨動脈の循環障害などの影響で発生すると言われています。症状としては、目眩、耳鳴り、頭痛、記憶障害、倦怠感、吐き気などが生じ、慢性化する傾向にあると言われています。

4の脊髄症状型は、脊髄本体が損傷される事を原因として症状が発生するものです。症状としては、手足の知覚、運動障害が生じます。

一般的に私達のような整骨院・接骨院で施術が出来る範囲は、1の頚椎捻挫型です。ようがナチュラル整骨院での深層筋施術では、このむち打ち損傷によって傷んだ筋肉を施術をします。

交通事故による怪我は、皆さまが考えている以上に深層に位置しており、簡単なマッサージやリハビリでは、症状改善に時間が掛かったり、人によっては、後遺障害に悩まされる人もいます。

しっかり施術をする事が、必ず改善しますので、m

 

 

肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療) 用賀ナチュラル整骨院

2017.07.04 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院は肩こり・腰痛・頭痛・関節痛など様々な筋肉が原因で起こってくる症状を取り扱っております。

今回は数あるうちの症状の中でも多くの方が症状を訴えている肩こりについてご説明します。

首のコリ、肩コリはまずどういう状況でおこってくるのでしょうか?

それは仕事で常に気を張っていなくてはいけないとき、手作業が多い仕事や趣味をしているとき、PC・スマートフォンなど目に負担がかかる作業のとき、肩に過剰に力が入ってしまっていませんか?これが首や肩こりの原因になってくる動作です。

コリはなぜ起きてくるか?

筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも微小ながらも傷をつくってしまっています。

身体は傷ついた筋肉の部分を修復しようと治癒の過程が始まります。治癒の過程では血液が必要になってきますが、傷の周囲の筋肉が傷をかばってしまい、緊張状態になり硬くなってしまいます。硬くなると血管を圧迫してしまうため、血流が遮断され血液が傷口に送り込めなくなってしまいます。これが長期間続くと治癒が途中で止まってしまい、シコリになってしまうのです。このシコリは筋硬結といい、痛みを発生させる物質を放出するので肩こりの痛みの繋がります。

治癒の過程で必ず必要になってくるのが炎症です。炎症ときくと冷やして抑えたほうが良いのではないかと思う方がほとんどだと思うのですが、炎症は決して悪いものではありません。傷を治すには栄養となる血液が必要になります。炎症は傷の部分に血液を集めたり免疫力を上げて傷を早く治させる役割を担っています。傷の痛みを和らげるだけなら冷やしてよいのですが、根本的に治したいのなら炎症を抑えないように温めてあげると血流が良くなり傷の治りが早くなるので効果的です。

「インナーマッスルセラピー」の画像検索結果

我々のおこなっているインナーマッスルセラピーは表層にある筋肉だけではなく、もっと奥にある深層にある根本的な悪い部分を取り除いていく根本施術をおこなっています。この悪い部分というのは上記でも説明した筋硬結です。筋硬結は深い部分に存在します。筋硬結から痛みの物質が放出されると周囲の筋肉が痛みをかばおうとして緊張状態(収縮)になり硬くなってしまいます。これが表層の筋肉の緊張です。筋肉が緊張すると周囲の血管を圧迫してしまうので血流が遮断されてしまいます。血流が悪くなると血管から血液の水の成分が血管外に漏れ出してしまい、むくみが発生します。

 

腰痛に効果的な治療!インナーマッスルセラピー(深層筋治療) 用賀ナチュラル整骨院

2017.07.02 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院はインナーマッスルセラピー(深層筋施術)という国内では珍しい類の施術をおこなっています。

他のマッサージとは違い、痛みの原因となっているシコリを根本的に施術し、メンテナンスも含めた施術です。

インナーマッスルセラピーは筋肉施術です。筋肉が原因で肩こり、腰痛の症状がでる、そして骨盤などの骨の歪みも筋肉が原因になっていると考えております。

筋肉はとても傷つきやすい組織でできており、日常的に使うだけでも傷をつくっています。筋肉ももちろん治癒能力は働きますが、使って傷をつくるスピードに回復が追い付かず、傷が慢性的なものになってきます。慢性的になってしまった傷はシコリに変わってしまいます。このシコリのことを筋硬結といい、痛みの原因となる物質を放出します。これが痛みの原因です。それに加え、筋硬結が発生することで筋肉の伸び縮みが正常におこなえず前屈がいかない、身体が硬いということになってきます。筋肉が硬くい状態で筋肉を伸び縮みさせると傷をつくりやすくなるので、肩こりや腰痛の原因だけではなく肉離れやぎっくり腰、靭帯の損傷などの怪我にもつながるのでしっかりとしたケアが必要になってきます。

シコリ(筋硬結)は筋肉にあることはご理解いただけたと思います。セルフマッサージや塗り薬で表層にある筋硬結はある程度改善できたとしても奥の深層にある筋肉にある筋硬結は刺激が届かないのに頻繁に使われるため、傷つきやすく治りにくいのです。筋硬結は痛みの物質を放出します。それにより周囲の筋肉が痛みを和らげようと緊張して硬くなってしまいます。この筋肉の緊張をスパズムトいい、普通のマッサージはこの表の筋肉の緊張を取ることまでしかやっていません。なので奥にある筋硬結を取り除けていないので結局元通りに戻ってしまうのです。

長年積み重なった筋硬結をすぐに取除くことははっきり言いますと、すぐになくすことはできません。年数にもよりますが、1/3の時間が最低でも必要になります。しかし、頻繁にずっと通わなければいけないのかというと、NOです。インナーマッスルセラピーは1週間でトータル60分の施術をオススメしています。

週に1回60分とされていますが、忙しくて時間が取れない!という方がほとんどかと思います。

なので回数を分けて20分を3回、30分を2回など、回数を分けてご来院いただくとより良い施術効果を引き出すことができるのです!

腰痛に効果的な治療法! 深層筋治療 ようがナチュラル整骨院 

2017.06.28 | Category: 未分類

ようがナチュラル整骨院です!梅雨に入り、じめじめした陽気が続いていますね。

身体が重だるいと感じていませんか?足のむくみなど、悩み多きこの季節を乗り超えましょう!

乗り越えるためには、身体のメンテナンスが必須です!

腰痛があるということはつまり、腰の筋肉が硬くなっているということです。筋肉が足へと続く血管を圧迫してしまい、血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると血管内の血液の水分が血管外に出てしまいます。その外に出てしまった水分はリンパによって流されますが、リンパは動脈や静脈より流れが悪いので、足は特に重力の影響もあり末梢に浮腫みが発生してしまいます。

腰痛は浮腫みの原因になることがおわかりいただけましたか?

 

腰痛の原因は、筋肉が原因になっていますが、具体的に何の筋が原因になっているか?を説明いたします。

人それぞれ直接痛みを出している筋肉は違いますが、

①多裂筋

②腸肋筋

③最長筋

④臀筋群

⑤深層外旋六筋

が主な腰痛の原因になります。

上記のうち、特に重要なのが①の多裂筋です!!!!

多裂筋は、脊柱起立筋群の深層にある長い筋肉です。細かい筋が重なり、回旋筋を覆っています。

脊柱を動かす作用を持ちますが、棘突起の根元に筋が付着するために、椎骨同志を引き付けて安定させるのが主な役割です。

この多裂筋が悪くなると、椎骨と椎骨の幅を狭くして、神経を圧迫する可能性もあります。

腰の筋肉でも、深層に位置するので、負担がかかると痛みや不快な症状を出してしまいます。上記の②~⑤の筋肉が悪くなる原因は、①の多裂筋の悪さがあるのです。

つまり、①の多裂筋を施術をして、改善することができれば、大半の腰痛は改善することができます。

用賀駅に近いようがナチュラル整骨院では、深層筋施術をしており、この多裂筋を中心に施術をしております。

普通のマッサージ、リラクゼーションとは違った施術なので、腰痛などの辛い症状などに悩んでいる人は、是非一度ご来院ください。

また、用賀で唯一の施術方法も当院では実施しております。

手や肘では改善しない人に対して、特殊な器具や金属の器具を使って施術をしております。

筋施術の第一人者が開発した施術方法で、驚くほどの深い施術が出来ますので、こちらも是非お試しください。

詳しくは、用賀駅のようがナチュラル整骨院のホームページき記載されておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

スタッフ一同お待ちしております。

慢性的な頭痛や腰痛、肩こりを根本的に改善する治療方法(インナーバイブ治療)が出来るのは、用賀ではナチュラル整骨院だけ!

2017.06.27 | Category: 未分類

皆さん、こんにちは。

辛い頭痛や肩こり、腰痛に悩んでいる人に、お勧めの施術方法があります。これは、深層筋施術の先駆者の先生が考案した施術方法で、ターザンなどの雑誌や腰痛雑誌などにも取り上げられている施術方法です。その名も、『インナーバイブ施術』です。これは、専用の特殊器具を使って施術をする振動療法です。手や肘でも取り切れない頑固なコリを取り除く事が出来る唯一の施術方法です。

ようがナチュラル整骨院では、今年の初めからこの施術方法を導入し、多くの患者様が施術を受けています。

・何処へ行っても改善しない人

・月に何回も施術に行けないが、辛い症状や痛みを改善したい人

・根本的に改善したい人

にとっては非常にお勧めの施術方法です。

このインナーバイブ施術の考え方は

『肩こりや腰痛、頭痛などの慢性的な痛みの原因は、末梢神経の酸欠』です。神経には、酸素やグリコーゲンが必要で、これらは血液によって神経へと供給されます。したがって、末梢神経の酸欠状態とは、末梢神経の血液不足とも言えます。このような状態になると、神経は花瓶になって、様々な症状を引き起こすのです。

抹消神経には三種類あります。

一つが運動神経。これが酸欠になると、その神経が支配している筋肉が硬くなります。ようするに、コリができるのです。慢性化すると筋硬結という石のように硬い局所的な塊になります。

二つ目が感覚神経で、酸欠になるとその支配領域に痺れや痛みなどの異常感覚が生まれます。それが長期に渡ると慢性的な痛みになってしまいます。

三つ目が、自律神経です。酸欠になるとその神経が支配する血管や胃腸、あるいは膀胱や子宮などの筋肉が硬くなり凝ります。その結果冷え症、胃腸の不良、頻尿などが起きてしまいます。

抹消神経は、椎骨と椎骨の間を通ります。日頃の運動不足や仕事のストレス、立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事で、この末梢神経の酸素不足が起こり、これが長期間続くと、様々な悪影響が起きてしまいます。

インナーバイブ施術は、背骨のキワを中心に施術をして、様々な辛い症状や痛みを根本的に改善する事が出来る唯一の施術方法です。

用賀では、ようがナチュラル整骨院でしか施術を受ける事が出来ないので、興味のある人は是非お試しください。

この施術方法は、当院で最もベテランのスタッフのみが扱える施術方法ですので、安心して施術を受ける事ができます!!!

スタッフ一同お待ちしております。

肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療) 用賀ナチュラル整骨院

2017.06.27 | Category: 未分類

おはようございます!!ようがナチュラル整骨院です!

だんだん気温が上がり、クーラーが効いてくる時期に突入しましたね!冷気が肩回りにあたったり、寒すぎて肩が縮こまってしまうことで肩こりになってしまう方が多くいらっしゃいます。

そこで今回は肩こりについてお話していきたいと思います!

肩は曲げたり回したたり、様々な動きをするので肩回りには沢山の種類の筋肉が付着しています。

肩こりの原因は肩甲挙筋という筋肉が硬くなっている場合がおいですが、普通のマッサージなどで肩甲挙筋に直接アプローチをすることは難しいです。何故なら肩甲挙筋はたくさんの筋肉の層の奥のほうに存在しており、表層の筋肉も緊張が強く、奥に刺激がとどかない状態だからです。

深い層の筋肉が悪くなっているのになぜ表層の筋肉まで緊張が強くなり硬くなってしまっているのか説明しましょう!

筋肉はとても傷つきやすい組織でできています。なので、日常的に使うときにも傷つき、また治癒してを繰り返しています。使って傷つく度合いと治癒のスピードが間に合わず、傷が蓄積されていくと硬いシコリに変化してしまいます。シコリのことを筋硬結といい、痛みを発生させる物質を放出します。この筋硬結を取り除く事が根本施術につながります。

痛みを感じると身体は縮こまって防御態勢になり痛みから逃れようとします。お腹を殴られたらうずくまりますよね?大の字で痛がる人はそういません。筋肉が収縮し痛みを緩和させようとする。これを筋性防御といいます。

筋硬結の部分でも同じことが言えます。痛みを感じた部位の周囲の筋肉が緊張状態になります。緊張のことをスパズムトいいます。

スパズムが強いと動きにくいなどの可動域が狭くなってしまいます。

インナーマッスルセラピーは3つの手法を使い根本施術をしています。

摩擦→一番表層にある筋肉の緊張(スパズム)を取り除くことで、奥に刺激をとどかせる。脳内モルヒネが放出され、痛みを感じにくくなる・ぽかぽかしてくる。

圧迫→血行が悪くなったことで発生する浮腫みを除去することで奥に存在する筋硬結をとらえやすくする。

圧迫振動摩擦→筋硬結にアプローチし、治癒する過程で必ず必要になる身体に害のない炎症をおこさせることで、身体の治癒機構を促進させ筋硬結を取りのぞいていく。

ここでおきづきの方もいらっしゃるかもしれませんが、我々のおこなっているインナーマッスルセラピーとは患者様の身体の治癒能力を高める手助けをしています。

「肩こり」の画像検索結果

根本治療が出来るのは用賀駅のようがナチュラル整骨院を!!

2017.06.24 | Category: 未分類

こんにちは!!今日は暑いですね!体力を奪われて、疲労が溜まりやすいので、体調管理に気を付けましょう。

さて、用賀駅に近い、ようがナチュラル整骨院では、深層筋施術をしております。深層筋施術は、

『痛みや不快な症状を出している原因になっている“筋硬結”を取り除く施術方法』です。その為、筋硬結をしっかりと取り除く事が出来れば、痛みや不快な症状を出す事が無くなるんです。

皆さまが悩んでいるほとんどの症状(肩こり、首こり、腰痛、頭痛、背部痛など)の根本的な原因は、筋硬結なのです。この筋硬結を取り除く事ができる施術方法は、都内でも数%しか存在しません。当院は、その少ない施術院のうちの一つなのです。

私達の施術方法は、以下の流れを辿りながら施術をしております。

  1. 検査(視診、問診、運動検査、触診):検査によって、筋硬結が存在する筋肉(原因筋)を特定して、筋硬結を確認する。
  2. 施術開始:摩擦手技(筋肉の表面を擦る手技)によって、筋肉の緊張(筋スパズム)を取り除く(おおよそ20分間くらい)
  3. 圧迫手技:間欠的に圧迫をして、血液循環の悪さから発生している浮腫みを取り除く。
  4. 検査(視診、問診、運動検査、触診):施術途中に痛みの状態の確認。施術途中評価をします。
  5. 圧迫振動摩擦:検査や前半の施術によって絞り込んだ筋硬結に対して、適度な刺激を入れて、筋硬結に対して神経性炎症を起こす。(※神経性炎症は以下で説明)
  6. 検査(視診、問診、運動検査、触診):施術による変化の確認。施術途中評価を再度実施します。
  7. 施術(圧迫振動摩擦や摩擦、圧迫などを状況によって提供する):評価後の結果によって、その人に合った施術を提供
  8. 最終検査
  9. 次回の施術内容の相談など

上記が、深層筋施術の流れになります。

深層筋施術の強みは、「根本施術」です。整体や、マッサージなどとは違い、今の辛い症状を出している原因の筋肉を施術することができるんです。

慢性的な腰痛、肩こり、辛い頭痛などにお困りの人は、一度施術を受けてみませんか?

今まで、何処へ行っても改善しなかった腰痛や頭痛などを、ようがナチュラル整骨院の深層筋施術で改善しましょう。

当院では、無料体験も実施しております。(曜日によっては、受けれないこともあります)お電話でも、直接ご来院でも予約を取ることができますので、お気軽にお問い合わせください。

 

肩こりに効果的なインナーマッスルセラピー(深層筋治療)用賀ナチュラル整骨院

2017.06.21 | Category: 未分類

おはようございます!! ようがナチュラル整骨院です!

梅雨と言えば湿度が高いので、頭が痛かったり関節が痛かったり、肩、腰が重いなど、感じる方がほとんどかと思います。

そこで今回は肩こりについてお話しいたします!

肩こりの原因となる筋肉は“肩甲挙筋”という筋肉で、肩甲骨を上に上げる筋肉です。肩をすくませるときによく使われます。

近年ではスマートフォン、ゲーム、テレビ、パソコン作業など目に負担のかかる作業が多くなってます。目に負担がかかると肩に力が入りやすく肩こりの原因になってきます。

パソコン作業だと自然と前のめりになって猫背になっていたりしませんか?

猫背になっている人は後ろの肩甲骨と背骨の間の部分が凝っている。と感じる方が多いです。

それは肩甲骨の内側にある菱形筋という筋肉が悪くなっているからです。菱形筋は、表層の筋肉(僧帽筋)の下に位置する筋肉で、悪くなり、凝り固まると肩甲骨の動きを制限してしまいます。

そうすると筋肉や関節に負荷がかかりやすくなり、関節痛がおこりやすくなったり、筋肉の伸び縮みが上手くできず傷ついてしまったりします。

「肩こり」の画像検索結果

筋肉はもともと傷つきやすい組織でできており、普段使っているだけでも筋肉は傷ついて治癒してを繰り返しています。しかし、硬くなった筋肉により血管が圧迫されてしまうため、治癒に必要な血液が供給されず治癒が途中でストップしてしまうのです。そうなると、治癒できなかった部分は硬いシコリになってしまいます。このシコリが痛みを発生させる物質(ブラジキニン・セロトニン・ヒスタミン)を放出し、首・肩こりの原因になってきます。

首・肩こりだけだはなく、腰痛など筋肉が痛みを発生させいる場合にいえることです。

このシコリは筋硬結といい痛みの原因になっています。筋硬結は筋層の深い部分に存在し、表の筋肉の緊張により簡単に刺激が入りません。ようがナチュラル整骨院は表の筋肉の緊張をしっかり最初に取り除く事で筋硬結に刺激をいれっられるようにし、筋硬結を取り除いていく、ということをしています。

筋硬結の悪い部分は3層構造になっており一番表の層は筋肉の張りがあります。この張りのことを筋スパズムトいうのですが、これの原因、なぜスパズムが発生するかというと、傷ついた筋肉を周囲が補おうとして緊張が強くなってしまうのが一つ、もう一つの理由は筋肉を緊張させることで痛みを感じにくくなるようにしているのです。

筋肉の緊張が強くなることで血管が圧迫されて血液循環が悪くなってしまっています。

2層目は浮腫みです。浮腫みは血液循環が悪くなることで血液の水分が漏れ出してしまうことで起きてきます。

3層目は筋硬結になります。

我々ようがナチュラル整骨院は筋硬結に直接アプローチするために1層目2層目の筋スパズム・むくみをしっかり取り除いていく根本施術をおこなっています。どうぞお越しくださいませ!!お待ちしております!

辛い腰痛には、用賀駅のようがナチュラル整骨院!!

2017.06.20 | Category: 未分類

こんにちは!ようがナチュラル整骨院です!!

腰痛は仕事でおこる疾患第一位の現代病のひとつです!腰痛を甘く見ていないですか?

腰痛は知っての通り、腰の筋肉が硬くなっています。

筋肉は一つ一つで見るのではなく、全体を見るべきです。というのは、筋肉はほかの動きをする隣の筋肉とも繋がっています。それを筋連結といい、ある一つの筋肉の繊維が傷つき、硬くなることで隣の筋連結をしている筋肉も硬くなってしまうという影響を及ぼしてくるのです。

腰の筋肉は骨盤に付着していますが。骨盤から始まる臀筋(お尻の筋肉)大臀筋・中臀筋・小殿筋に加え、太もものハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)と連結しています。なので腰痛のかたは裏太ももが張っている方がほとんどなのです。腰痛だからと言って腰だけを緩めるのではなく、しっかりと太ももにもアプローチしていくことが重要なのです。

腰痛は腰の筋肉で言うと脊柱起立筋といわれている筋肉が悪くなっている場合がほとんどです。

脊柱起立筋とは、腸肋筋、最長筋、棘筋の総称のことです。

「脊柱起立筋群」の画像検索結果

このように骨盤から頭蓋骨についている大きな筋肉で、主に姿勢の維持にかかわり、体幹のバランスをとるのに重要になってくる筋肉です。

筋肉は傷つきやすい組織でできています。使うことで日常的に傷つけ、治癒を繰り返しています。

人体における治癒のスピードはそれぞれ違いがあり、3つの分類に分けられます。再生能力が強い組織・再生能力が弱い組織・再生しない組織です。

再生能力が強い組織は皮膚や粘膜組織です。そうでなければ鼻血が出たときにずっと出血し続けることになってしまいますね。

そして再生しないとされている組織もあります。それは心筋や中枢神経系です。心筋は再生することなく一生動き続ける特殊な筋肉です。なので心筋梗塞により心筋に栄養が行き届かず、壊死してしまうと壊死した部分を取り除き、移植をするしかありません。中枢神経系とはつまり、脳、脳幹(中脳・橋・延髄)、脊髄のことです。傷つくと一生元どうりになりません。

身体を動かす骨格筋や腸管の運動をしている平滑筋な再生能力の弱い組織の分類に含まれます。

治癒をするといっても再生が遅いため、治っていないのにまた傷ついて傷の上塗りになって積み重なっていく、、、。これが腰痛や肩こりの慢性化の正体です!!

治らなかった部分は硬くなり、シコリになってしまいます。このシコリは筋硬結といわれており、痛みを発生させる物質を放出します。これが痛みの原因です。

インナーマッスルセラピー(IMT)は筋硬結を取り除いて痛みを取るだけではなく、根本施術をおこなっています。

是非お越しください!!お待ちしております

交通事故治療(むち打ちなど)は、用賀駅のようがナチュラル整骨院へ!

2017.06.13 | Category: 未分類

皆さん、こんにちは。

今日はあいにくの天気で、少し肌寒いですね。雨が降ると、足元が滑りやすいので、気を付けましょう。お車を運転される人は、雨が降ると視界が悪くなるので、いつも以上の安全運転が必要です。

天気が悪いと、交通事故も増えるという事も聞いた事があります。

交通事故で、最も多いのが『追突』や『衝突』です。

そして、最も多い交通事故の怪我は、『むち打ち』です。

追突や衝突によって、首の関節が大きく負担がかかると、首や肩、背中の筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷します。そうすることで、むち打ちになり、痛みや様々な不快な症状が出てしまいます。

むち打ち損傷には、いくつかの種類があるので、ご紹介いたします。

①頚椎捻挫型:むち打ち損傷の中で、最も多く70%を占めると言われています。首の捻挫であり、頚椎を支えている軟部組織(筋肉や靭帯など)を損傷した状態。

②神経根損傷型:脊髄から出ている神経の根本を損傷している場合

③脊髄症状型:頚椎の中を走っている脊髄や、そこからの神経が損傷している場合

④バレ・リーウー型:交感神経と副交感神経からなる自律神経が損傷している状態

⑤脳脊髄液減少型:脳脊髄液(髄液)がクモ膜下腔から漏れている状態

上記の5種類がむち打ち損傷のタイプになります。その中で、最も多い『頚椎捻挫型』についてお話しします。

先ほど述べたように、むち打ち損傷は、『追突』や『衝突』によって発生します。

首と胴体が前後反対方向に衝撃を受ける形になり、軟部組織(筋肉や靭帯)を損傷します。

症状としては、

・首や肩、背中の痛み

・頭痛

・首の可動域制限(前後左右に動かない)

などの症状が代表的です。

施術方法としては、施術院によって様々ですが、当院では深層筋施術を提供しており、手による手技療法を中心に施術をしております。むち打ちによって損傷してしまった筋肉を手によって施術をする事で、傷んだ筋肉に自然回復力を高める反応が起き、辛い痛みや症状を治す事が出来ます。電気施術(低周波施術や干渉波など)では刺激を与える事が出来ない、細かい筋肉までしっかりと触り分けて施術をする事で、早期回復をさせる事ができる施術方法です。

交通事故による辛い症状や痛みを早期に回復させたい人は、用賀駅に近いようがナチュラル整骨院へお任せください。

当院は、グループ会社で整骨院を経営しているので、会社組織に顧問弁護士もおりますので、安心して通院する事が出来ます。

 

頭痛治療!首・肩こりによる頭痛に効果的な深層筋治療 ようがナチュラル整骨院

2017.06.12 | Category: 未分類

こんにちは!ようがナチュラル整骨院です!!

今回は頭痛についてお話していきたいと思います!

頭痛にはまずいろいろな種類があります。頭痛とひとくくりにして同じ対処方法をすると逆に悪化させてしまう場合もあります!

なのでしっかりと知識を持っておくことでしっかりと症状にあった適切な対処ができるようにしましょう!

頭痛には首や肩のコリからくる頭痛があります。この頭痛は日本で一番多いとされている頭痛です。

症状としては両側におき、しめつけられるような痛みが特徴的です。西遊記で登場する悟空が三蔵法師に頭に付けられてしまう緊箍児(きんこじ)が発動しているような、、、。悟空も同じ痛みなのでしょうか!?

家で苦しんでいるあなた!絶対にやってはいけないことがあります!それは、冷やすことです!アイスノンデ冷やしてしまっていませんか?冷やすと逆効果ですよ!

何故かといいますと、首や肩の筋肉が硬く縮こまっている状態で、血管を圧迫してしまい、頭に十分に血液がいくことができず、頭の筋肉が虚血状態(血が足りない状態)になってしまい、痛みを発生させているからです。

なので対処方法としてはお風呂や温かいタオルで首や肩回りを温める事が大事です!

 

二番目に多いとされているのは片頭痛です。

片頭痛の症状は特徴的なものが多いです。片頭痛を持っている方の数パーセントは閃輝暗点といわれる目の前がチカチカする症状が前駆症状(頭が痛くなる前)として発生します。閃輝暗点があったら、これは確実に片頭痛です。しかし、出ない方は片頭痛ではないのかというと、そうではありません。閃輝暗点の症状がない方も多くいらっしゃいます。片頭痛は自律神経(交感神経・副交感神経)のコントロールがうまくいっていないために起こってきます。週末頭痛ともいわれており、仕事休みの日に発症しやすいことからきています。なぜ休みの日に多いのかご説明します。

仕事などで緊張状態のときは交感神経が活発になっています。このとき頭(脳頭蓋)の血管は収縮して血液循環が悪くなっています。休みに入ると緊張が解けるので、収縮していた血管が緩み、循環が悪くなっていた部分に一気に血液が流れ込むため痛みを発生させます。

要するに、片頭痛ではない人は血管の収縮(縮む)→弛緩(緩む)がスムーズなため、徐々に血液循環が改善されるのです。0か100かどちらかしかなくなっている状態が片頭痛です。

対処方法としてはお風呂などは避けて、冷やしましょう!冷やすと広がりすぎた血管が収縮するので痛みの緩和ができます。

腰痛に効く!! ようがナチュラル整骨院

2017.06.09 | Category: 未分類

おはようございます!

ようがナチュラル整骨院です!今日は曇り、夕方から雨の降るところがある予報なので折り畳み傘があると便利ですね♪

天気は曇りですが、元気に頑張りましょう!

湿度が高い最近は、身体の悪い部分が出てきますよね、、、。特に腰が重い、関節が痛いetc…

 

腰が重いと感じたら腰痛の前兆かもしれません。腰が痛くなる前に予防することで体調を維持していきましょう!

東洋ではこの痛くなる前に治すメンテナンスのことを未病治といいます。我々のおこなっているインナーマッスルセラピーという施術も基本的には未病治です。

痛みを出している筋肉をまず施術によって改善させます。そしてさらに長年溜まっていた筋硬結といわれる痛みや重だるさのの原因を取り除くということをします。

それから未病治が始まります。

インナーマッスルセラピーとは腰痛などの痛みの原因いなっている筋硬結をさぐりあて、筋硬結に刺激を入れて取り除いていくということを目的としています。

筋硬結とは一体何なのか?

筋硬結は傷ついた筋肉の治癒が止まってしまってシコリができている状態です。筋肉は傷つきやすい組織でできており、使うたびに微小ですが傷をつくっています。日常的に傷つく→治癒→傷つくということを繰り返しています。治癒には栄養となる血液が不可欠なのですが、傷ついた部分の周りの筋肉が緊張してしまうため血管を圧迫してしまい、血液が十分に行き届かなくなったしまうのです。そうなると、治癒がうまくいかず、途中でストップしてしまいます。治癒がストップすると傷口は別の組織に変化してシコリになってしまいます。

このシコリのことを筋硬結といいます。筋硬結からは発痛物質という痛みを発生させる物質(ブラジキニン・セロトニン・ヒスタミン・水素H・カリウムK)を放出します。

筋硬結は筋肉の深い部分に存在しています。そして、筋硬結の部分は三層構造になっているのです。

1層目は一番表面にある筋肉の緊張(スパズム)です。

2層目は血液循環が悪くなってしまったことによる浮腫みです。

3層目に痛みの原因の筋硬結があります。

毎週1回首、肩、腰60分を指標にさせてもらっています。

もちろん忙しくて60分も時間が取れないという患者様のために保険診療10分+10分刻みでの実費施術でおこなっているので、お気軽にお越しいただければとおもいます。

 

ようがナチュラル整骨院 世田谷区用賀4-17-4 ℡03-5797-5526

 

その②.背中の痛みは筋肉かもしれません!

2017.06.07 | Category: 未分類

みなさん、おはようございます(*^_^*)

さて、続編パート②です。もう少々お付き合いを・・・パート①は過去記事にありますので気になる方は読んでみてください!

パート①のおさらいです。

背中の不調を感じるとき、その原因がわからない場合は背中を触ってみてください。背中に手が届かない方は誰かに触ってもらいましょう。

「硬い!」と感じる場合がほとんどです。

背中の硬さは、目にみえない不調を知らせてくれるバロメーターのようなものです。

背中の硬さは「筋肉」が硬くなってハリ感を感じ、また慢性化すると背中に自覚症状が出てきます。

筋肉が影響する内容として・・・

1.自律神経による各内臓への影響

2.筋肉の微細な筋繊維の傷による運動痛

になります。

※考え方によってはもっと症状がありますが、ここではベーシックなものを記載させていただきます。

前回は1についてお話しさせていただいたので、今回は≪2.筋肉の微細な筋繊維の傷による運動痛≫についてです。

筋肉は、何かをするたびに「損傷」しています。それは前にかがんだとき、物を持ったとき、はたまだじっと座る。寝る。などなど・・・

どんな動作でも「人は生きている限り、炎症と治癒を繰り返して筋組織の細胞を新しく塗り替えている」のです。

と、いうことは・・・痛めてしまう原因として

1.炎症が引き、細胞が塗り替えられる前に、新たに負荷や傷ができてしまったら、永遠に傷を重ね続け「慢性化」してしてしまう。

2.何らかの状態で炎症が途中で止まってしまい、かさぶた状態になってしまったまま治らず、何年もキズが言えていないまま気付かない「キズ爆弾」を抱えて生活いしている。

といったことがあげられます。だから、繰り返し同じところを痛めてしまったり同じところがいつまでも良くならないんですね(-_-)

そのうち、脳の海馬では「痛みの記憶」をしてしまうので、「何年たってもよくならない」「ずっと施術してるけどなかなか治らない」と言った結果に陥ります。

その場合は、私たちは記憶そのものを塗り替えなければならない(固定化念を捨てる)施術に移行します。

慢性化した場合は、浅層の簡単なストレッチや湿布では「気休め」なのです。

痛い記憶がこびりつくだけ。時間の無駄です。

その場合は深層筋施術(インナーマッスルセラピー)オススメします!

<今日のキーワード>

「背中の痛みは、見えない不調のサイン」

みなさんも覚えておいてください!

背中の痛みの原因は筋肉かもしれません!

2017.06.07 | Category: 未分類

みなさん、おはようございます(*^_^*)

用賀ではすっかり有名な「ようがナチュラル整骨院」です!

この時期に不調な人!!いませんか~?

原因がわからない人!!いませんか~?

「わたしかも!!」そう思った方ここに集合!!

不調を感じるとき、その原因がわからない場合は背中を触ってみてください。背中に手が届かない方は誰かに触ってもらいましょう。

「硬い!」と感じる場合がほとんどです。

背中の硬さは、目にみえない不調を知らせてくれるバロメーターのようなものです。

背中の硬さは「筋肉」が硬くなってハリ感を感じ、また慢性化すると背中に自覚症状が出てきます。

筋肉が影響する内容として・・・

1.自律神経による各内臓への影響

2.筋肉の微細な筋繊維の傷による運動痛

になります。

※考え方によってはもっと症状がありますが、ここではベーシックなものを記載させていただきます。

今日に関しましては≪1.自律神経による各内臓への影響≫についてご説明させていただきたいと思います。さっそくですが、この内容はご存知の方も多いと思います。

各臓器や筋肉に行く神経経路の根本は「脊柱」から出る「神経」が影響しています。

一例でたとえると、脊柱間が狭くなる事により神経が圧迫され痺れが出たり、感覚に異常をきたす「狭窄症」なんはわかりやすい一例です。

しかし、神経経路の圧迫は「骨」が原因であることが一概ではありません。

実は「筋肉」が固まっていることによる神経の圧迫もとても多いのです。

その場合、レントゲンやMRI等に異常が見られず、本人としては異常をきたしているのに診断も「異常なし」とされてしまう場合が多く、一生薬漬けになる現状をのみ込まなければなりません。

筋肉の異常は「目に見えない」とはこのことです。

筋肉による神経経路のシャットダウンは、各臓器に影響を及ぼします。なぜかというと、血管壁や心臓にも影響を及ぼすからです。

自覚症状として、「胃がもたれる」「寝つきが悪い」「冷える」「だるい」「気持ち悪い」「なぜか関節がふしぶし痛い」「やる気が出ない」「お腹を壊しやすい」「呼吸が浅い」・・・これだけでも一例です。

中には本当に「内臓そのものの病気」かもしれませんが、「とにかくよくわからない」「原因が知りたい」「どうすればよくなるのかを聞きたい」そんな方は、是非ようがナチュラル整骨院へいらしてください!

一度きりの人生、ここで無理をする必要はありません!!

腰痛は脊柱起立筋が原因! ようがナチュラル整骨院

2017.06.04 | Category: 未分類

おはようございます!  ようがナチュラル整骨院です!!

脊柱起立筋という筋肉は頭の後頭部から骨盤についている、背部のもっとも長く、もっとも大きな筋肉で、脊柱の両側を縦行しています。

筋肉といってもすべての筋肉が一緒なのかというと、そうではありません。筋肉には使われる用途によって2種類に分けられています。それは遅筋と速筋です。

・遅筋→瞬発力はないが持久力がある

脊柱起立筋は前面の腹直筋よりも日常生活での使用頻度が高いため、持久力が求められる筋です。遅筋繊維の比率が腹直筋より多く占めているのが特徴の一つです。

・速筋→瞬発力があるが持久力がない

100メートル走を走るときに使う、ふくらはぎにある腓腹筋・ヒラメ筋

 

 

脊柱起立筋は主に体幹部を伸展(後屈)させる作用をもっていて、姿勢の維持や身体の体幹の部分のバランスをとるのに使われる筋肉です。

脊柱起立筋とは、数種類の筋肉を合わせた筋肉の総称のことです。

細かく言うと脊柱起立筋は胸棘筋、胸最長筋、腸肋筋のことを合わせた名前です。

この筋肉は後ろに後屈させるだけではなく、上体を横に側屈させる作用があります。

上半身を安定させる働きに大きくかかわっている筋肉です。

日常生活動作でいうと、姿勢の保持やかがんだ上体を起こす動作に使われます。

インナーマッスルセラピー(深層筋施術)

 

インナーマッスルセラピーはこういった様々な知識をもとに痛みの原因になっている筋肉を絞り込み、その筋肉を施術していきます。

原因となっている筋肉はほとんどが深層筋です。ですが表層の筋肉まで硬くなってしまっている場合が多いため、はじめは原因筋まで刺激が到達しません。なので、表層の筋肉をまず緩めて深層筋にアプローチできるようにします。

腰痛に効く インナーマッスルセラピー ようがナチュラル整骨院

2017.06.02 | Category: 未分類

こんにちは!ようがナチュラル整骨院です!

最近は暑さが増してきてお出かけにも飲料水が欠かせない季節ですね

汗により身体から水分が出てきて水分不足になり、浮腫みが起こってきます水分補給は浮腫みの改善にも効果的ですので、しっかり水分補給をしていきましょう!

腰痛はなぜおきてくるのでしょう?

それは後頭骨から骨盤に付着している脊柱起立筋という筋肉があります。脊柱起立筋は立っているときや、座っているときなど、常に使われている筋肉です。筋肉は傷つきやすい組織で形成されており、使うたびに微小ですが傷をつくっています。日常的に回復と再生を繰り返しているのです。

傷ついた筋肉の周囲の筋肉は痛みを和らげるために緊張状態になります。緊張状態とはつまり、筋肉がギュッと収縮した状態のことです。このことを筋のスパズムといいます。

傷を治すには必ず必要になってくるのが血液です。そして治る過程で避けては通れない過程が炎症です。

筋肉が収縮すると筋肉と筋肉の間を縫うように通っている、筋肉に栄養を送っている血管が圧迫されてしまうので血液が傷口にいきずらくなってしまい、治りが遅くなってしまいます。治らないうちにまた傷ついて、、、というのが続くと筋肉のスパズムがますます強くなってしまいうという連鎖が始まります。

そうなると栄養がたりずに炎症が途中でストップしてしまい、治癒が中途半端になってしまいます。

治癒が途中でストップすると傷の部分がコラーゲンといわれる結合組織に変わってしまい、シコリになってしまいます。そのしこりは痛みの原因になる物質(ヒスタミン、ブラジキニン)が放出されて、「腰が痛い」「肩が痛い」という症状が出てくるのです。

炎症とは、、、

菌が身体に侵入しておこるというあまり良い印象がないことと思いますが、じつは体にはとぉっても大事な反応なのです!

「膝や肘を擦りむいた」といった外傷、「使われることで筋肉の組織が傷ついた」など傷を治そうとする過程で避けて通れないのが炎症です。炎症というのが起こるとヒスタミンやブラジキニンといった痛みを発生させる物質が放出されます。ただこの物質たちは痛みを起こすだけではなく、血管を拡張させ血液循環を良くする働きがあります。血液循環が良くなることで傷口に栄養となる血液がたくさん送られるようになり、治癒が促進されます。

インナーマッスルセラピーは、、、

インナーマッスルセラピーは途中で止まった炎症をもう一度再開させるための施術です!

他の施術院では改善できない深層筋への施術ができますので、症状が驚くほど改善できますよ!また、用賀で唯一の施術方法である、「インナーバイブ施術」は根本施術ができる唯一の方法なので、是非お試しください。

 

むち打ち症状の緊急対処法

2017.05.31 | Category: 未分類

先ほどは【むち打ちの検査法】について、触れましたが今回は【緊急対処法】について。です。続編です(*^_^*)もちろんインナーマッスルセラピーを受けていただきたいところですが、なかなか通えない方のための表層の筋肉の緊張を取るためのものです。ご参考ください。

≪方法≫

①首周辺を温め、事前準備をしましょう。ストレッチでも、入浴でも可能です。

②首の痛いところを左右の指で指すように抑え患部を圧迫しましょう。

③圧迫しながら頭をゆっくり下に(頸部伸展)向けましょう。

④最大に下に向いたら患部を圧迫したまま、今度は頭を上に(屈曲)向けましょう。

※この時、上に向くのが「怖い」や「辛い」方は無理をせず、できる限りで良いので行います。

呼吸法も大事ですので、お気を止めずにゆっくり呼吸しましょう。

⑤指で患部を圧迫したまま③と④を3回繰り返します。(写真が載せられないのが残念です・・・)

⑥ここで圧迫していた指を離し、もう一度頭を上下に動かして見ましょう。

⑦あら?不思議!首が動く!!

⑧動かなかったら痛いところを押して②③④⑤⑥を繰り返しましょう。

⑨楽になっても違うところが痛くなったらその場所を②③④⑤⑥の手順で・・・

それでもだめなら、施術へGO!!

 

むちうちの症状別簡単検査!いいのがあります

2017.05.31 | Category: 未分類

ここでは【むち打ち症状検査法】をお教します。陽性なら必ず施術院に通い、根治を目指しましょう。そうじゃないと・・・せっかくの一度きりの人生、痛みで苦しむのはもったいないですよ~(-_-)

突然ですが、「むち打ちの経験があるか?」と問われたら、大きなけがや事故に遭わない限り「ありません」と答える方がほとんどかと思います。

しかし、むち打ちはいろんなところに忍び寄っています。

例えば「電車の転寝で頭がガクッと傾いたとき!」とかです。←はい。むち打ちです。

こんなのがたびたび繰り返されて、大きな症状となってしまいます。しかも、むち打ちをしたといった経験が無意識なものなので「ない」と答えがちですから怖いです。

ですので①自分はむち打ちを患っているのではないか?といったところから疑いをかけましょう。

≪方法≫

①椅子に座り、普段の姿勢を取ります。

②頭を上に向け(伸展)5秒キープしましょう。

③症状があったらむち打ちの疑いがあります。

④次に姿勢を正し、頭をもう一度上に向け(伸展)5秒キープしましょう。

⑤②よりも④のほうが「楽」に感じたらむち打ちの可能性が高まります。

さて、じゃあ対象法はどうすればいいの?

それは次回お話しするとしましょう。

交通事故による怪我は油断すると危険

2017.05.31 | Category: 未分類

みなさん、おはようございます! \(゜ロ\)シュッ!!

ようがナチュラル整骨院です! (/ロ゜)/シュッ!

何をしているかといいますと只今「交通事故に遭った為の受け身の練習」です。

みなさんはとっさの衝撃に対する受け身、できますか?

スポーツを行うとき、皆さんはプレーのフォームやルールを今まで優先的に習ってきました。しかし、そのスポーツで多いけがの対処法や、予防法における動作を習ってきたかといいますとおそらく「知らない」につきます。また「クールダウン」をやってきたか?という回答では「部活でならちょっとやったけど、体育の授業ではやらなかった」などを多く聞きます。したがって【クールダウンや怪我の対象法は教わらない】という結果になります。なので、いざというときのとっさの判断ができない(わからない・身についていない)方がほとんどなのではないでしょうか?

「私、そんなの知らない!」

なんて思ったそんなあなた。まだ身体は作れます!必ず守れるからだが出来上がります!

「でも運動したくない。」

なんて思ったそこのあなた。インナーマッスルセラピーという特殊な施術法があります!

「不運にも事故に遭ってしまった。けがをした・・・」

そんなあなた、施術はまだ間に合います。1日でも早い回復のためごきょうりょくいたしますので ご相談ください\(゜ロ\)シュ (/ロ゜)/シュシュ!!

腰痛を甘く見ないで

2017.05.31 | Category: 未分類

みなさん、おはようございます(゜レ゜)ようがナチュラル整骨院です。

湿度と気温が極端なこの頃いかがお過ごしでしょうか?腰痛をくり返すメカニズムとして「浮腫」というのは生体内で循環障害には欠かせないつきものです。循環障害(血液の滞り)が発生しますと、代謝がおち、流れがせき止められ体内で滞りが発生すると本来体内を循環し、排泄させるはずだった。または、吸収されるはずだった。体内組織循環物がせき止められ、浮腫を生み出します。浮腫は時間の経過や気温、湿度、体内状況により、時に滞りを増したり、その他の症状を併発したりします。例えば「痛み」「むくみ」「だるさ」何かを自覚しやすくなるのです。

それがまた、もともと身体の弱い部分、筋肉はもともと栄養や血液(酸素)の滞りによるダメージの発生なのでその部分にさらに浮腫が停滞し、蓄積され、症状が悪化し悪循環を発生させる原因になります。

もし、毎日の同じ動作の繰り返しによる身体の負担や昔痛めてしまった傷がまだ得ならないまま放置しているなどがあれば一日でも早い処置をお勧めします。一番は筋肉専門施術院へ通院し、本来の回復力を高め、自己治癒力を上げ、自分でも「寝れば治る」のあの身体を取り戻しましょう!